本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

100まんびきのねこ

年をとったおじいさんとおばあさんは、寂しいのでねこを飼うことに決めました。ねこを探しに出かけたおじいさんは、たくさんのねこであふれた丘にたどりつきます。しろいねこ、しろくろのねこ、はいいろのねこ、どのねこもかわいく見え、おじいさんはみんなを連れてうちに帰ってきます。でも、そんなにたくさんのねこは飼えません。そこで、おじいさんとおばあさんは、どのねこを家に置くかをねこたちに決めさせようとしますが……。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,000円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1961年01月01日
ISBN : 978-4-8340-0002-3
シリーズ 世界傑作絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(1件)

  • 100万匹! 何と豪儀な! 猫を探しておじいさんがたどり着く猫でいっぱいの丘がすごい。100万どころか「一おく 一ちょうひきの ねこ」でいっぱいなんですから。それを一匹一匹かりかり描き込んである絵がまたすごい。この本だけでいったい何匹の猫が描かれているやら。と、まずは絵に圧倒されます。幼い読者の皆さんも、書き込んである猫を丹念に見たりするのが楽しいと思いますが、ちょっと(たくさん?)年を重ねた当方のような読者には、含蓄に富んだお話がまた魅力。だって、最後に1匹残った「ただの みっともない ねこ」が、おじいさんとおばあさんの愛情を一身に受けて、「せかいじゅうで いちばん きれいな ねこ」になるんですから。それってつまり「どこにでもいる者」「他の者と変わらない存在」が、心を通わせ合ううち、他に代われる者のない、自分にとって世界に唯一の存在になるってことじゃない? それって、猫に限らず、人間同士にも当てはまる「愛情や友情による結びつき」を描いているんじゃない?……といったことまで考えてしまいました。最後のページの、おじいさんもおばあさんも実に満足げで、そして子猫のかわいいこと!

    馨歩さん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。