本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

くものすおやぶん とりものちょう

お菓子の「ありがた屋」に盗人(ぬすっと)「隠れ羽」から盗みの予告状が届いた。困ったアリたちは、蜘蛛の巣親分とぴょんきちに助けを求める。桜吹雪の舞う中での壮絶な捕り物劇。見えない敵を相手にぴょんきちが跳び、親分の網が宙を舞う。はたして、親分は隠れ羽を捕らえられるのか! ?月刊「こどものとも」として刊行されるや子どもたちの支持を得て評判を呼び、売り切れ御免となってしまった「くものすおやぶん」が、ハードカバー版になって再登場。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 2005年10月15日
ISBN : 978-4-8340-2149-3
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(4件)

  • 我が家、時代劇大好き。まだ若いはずなのに、ついつい時代劇のテレビをみてしまったり(笑)愛読書も時代劇小説(捕物帳)だったり。そんな私の影響か、息子も時代劇大好き!テレビでやっているぜんまいざむらいとかの影響もあると思いますが・・・なのでこの絵本を見つけるなり、すっかり虜になった模様。題名の「とりものちょう」って何?と表紙から興味津々でした!読んでいくと、捕物があららどこかに隠れている!時代劇的な展開だけでも面白いのに、その捕物を絵の中から探せるなんて!と親子ですっかりくものす親分にはまりました♪

    さやぽん☆さん

  • 時代劇風の背景に描かれているのは。。着物姿の虫・虫・虫~!!!虫だらけ!!初めはひょえ~!と思った母でしたが、読み出したら、あら!面白い^^♪気分はすっかり銭形平次になって読みました(笑)得意技を使って悪虫?をやっつけるくものすおやぶんがカッコいいんです!虫の生態を教えてもらいつつ、ストーリーもとっても楽しめる絵本でした^^☆我が子は、この虫なんやろ?と後々図鑑でチェックをいれる虫マニアでもあります。。(笑)

    パンくん大好き!さん

  • 大きな虫から小さな虫まで江戸装束で出てくるので、それを見るだけでも楽しいです。「はえとりのぴょんきち」は、虫の特徴を良くあらわしているなあと思います。「かくればね」を探すも面白いですが、我が子はありのお屋敷を見て、色々見つけるのが楽しいようでした。

    チョコレートパンさん

  • ストーリーはもちろんだが、絵がお気に入り。和服を着た虫たちはとてもユーモラス。桜の花は見事に美しい。何よりいいのは、ありの屋敷の中と言い、春祭り会場と言い、描写のなんて細かいことか。何度見ても新しい発見がある。この春、息子に呼んであげると(それまでは私のお気に入りの本棚にしまっておいたので)息子もおもしろかったらしく毎晩読んでと持ってきました。部分、部分覚えてしまい、舌足らずの言葉で春爛漫の虫の町と言ってるのはかわいい。

    ふうちゃんさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。