本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

魔女の宅急便 その6

それぞれの旅立ち

前作の終わりから15年が過ぎ、キキはとんぼさんと結婚して、ふたごのお母さんになりました。お姉さんのニニと弟のトトはふたごなのに性格は正反対。魔女になれるニニはあまり魔女に興味がなくて、魔女になれないトトは魔女に興味津々です。 13歳になって旅立ちのときを迎えるふたごと、キキをはじめおなじみのコリコの町の人たち。それぞれの新たな旅立ちを描きます。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 本体1,600円+税
ページ数 : 408ページ
サイズ : 21×16cm
初版年月日 : 2009年10月15日
ISBN : 978-4-8340-2466-1
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

みんなの感想(3件)

  • それぞれの旅立ちを読んだのは、ちょうど長男が進学で家を離れたばかりの時。旅立たせる親、旅立つ子ども達、どちらの気持ちも痛いほどにわかり、涙が止まりませんでした。子どものめでたい門出です。決して悲しくはないのです。なのに、いろんな思いが胸の中で渦巻き、涙になって出てくるのでした。もう少ししたら、今度はコキリさんの立場でも読むことができるのでしょうか。それもまた楽しみです。

    アネリンさん

  • キキの映画を見たのが、ちょうど13歳のときでした キキも私も同じ歳でお母さんになってる!  子育ての合間をぬって、一気に読みました その年末、娘は突然の病で脳死を経て亡くなってしまいました 立ち直れなかったけれど、ある雑誌の中で角野栄子さんが幼少の頃にお母様を亡くされていることを知り、その中の 終わりの始まりという言葉に救われ、再び女の子を授かることが出来ました。色んなことがあったけど今は元気です。

    まきこさん
    お子さんの年齢:1才

  • ニニとトトにイライラドキドキさせられっぱなしのキキでしたが、そんな経験を通して、自分の両親もこんな気持ちだったのかなと思い巡らせるあたり、本当にキキは大人になったんだなぁと、今まで成長を見守ってきたキキの姿にも感動しました。ラストは涙無しでは読めない程で、応援したい気持ちでいっぱいに。私自身も双子なので、尚更ニニとトトの絆が胸に響きました。

    えりなさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。