本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

いってらっしゃーい いってきまーす

なおちゃんは、朝、お父さんと自転車に乗って保育園にいきます。かどのたばこ屋のおばあちゃんが手をふってくれます。保育園で友だちとあそび、昼ご飯を食べ、お昼寝をすると、夕方にはお母さんがお迎えにきます。お母さんと夕飯の買い物をしながら歩いて帰るなおちゃんは、たばこ屋のおばあちゃんに、ただいまをいって……。なおちゃんの一日を、子どもの視線で丁寧に温かく描きます。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1985年04月01日
ISBN : 978-4-8340-0182-2
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(4件)

  • おとうさんの自転車で保育園へ。一日過ごして、帰りはおかあさんと歩いて(あちこち寄り道たっぷりで!)。会話のなにげなさとたのしさはさすが神沢利子さん。そして、行き(朝)と帰り(夕方)の通りの店の様子と場面の切り取り方の違い、なにげないポスター、こどもたちのしぐさや表情・・・細かいところまで描きこまれて遊び心もたっぷりの林明子ワールドがたのしめます。

    NORISさん

  • なおちゃんが保育園に行って帰るまでの一日が描かれています。園まで送るのは絵描きのお父さん、お迎えにはお勤め帰りのお母さん。我が家の末っ子が、なおちゃんと同じくらいなので親子ともに共感しながら読みました。

    かななさん

  • 私は林さんの絵が大好きなので、絵を見ているだけでもなんだか心が温かくなります。この絵の町並みや様子は少し古いんですが、そこが平成生まれの私にもどこか懐かしさを感じるような温かみがあります。私が幼稚園に通っていたのはずいぶん前の話になってしまいますが・・・私もこんな風に帰り道に幼稚園での出来事を話したり、夜ごはんのおかずを買いに行ったりする他愛もないことが楽しかった思い出があります。大人でも懐かしみながら楽しめる本だと思います。

    カミイさん

  • お父さんが子供を保育園に送ってから、お母さんがお迎えするまでの1日が、子供の目線で描かれています。主人公の女の子が元気に保育園にかよっている様子を、たばこ屋のおばあちゃんがいつも見守っています。この作品が20数年前のものだからか、とても懐かしく、あたたかく感じられる作品です。これから保育園へ通う息子へ読んであげるのには丁度よかったです。

    ひなぽんさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。