本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ピッキーとポッキーのはいくえほん

おしょうがつのまき

お正月、ピッキーとポッキーは、やぎ先生に俳句を教わりました。公園で俳句を作っていると、遊んでいたみんなも作り始めました。「お正月砂場ですずめちゅんちゅんちゅん」これはポッキーの句。「どんぐりがひとつ入ったお年玉」これはリス君の俳句です。もみやまでも、ピッキーとポッキーのおうちでも、みんなで俳句を作りました。「お年玉明日もだれかくれるかな」ピッキーは、こんな俳句も作りましたよ! 楽しい俳句絵本です。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 28ページ
サイズ : 22×20cm
初版年月日 : 2013年11月10日
ISBN : 978-4-8340-8032-2
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(1件)

  • 4歳の誕生日を目前にして、我が子は突然俳句を詠みました!「おしょうがつ ぴっきーとぽっきーに あいたいな(かなり字余り・・・)」この子が3歳になって間もない頃に、この絵本を頂きましたが正直まだ早いだろうと思っていました。絵が可愛らしいので、時々読んでほしいと持ってきますが、特に何も解説はせず、書いてある内容をそのまま読み聞かせていました。読み書きはまだほとんどできませんし、音を数えているわけでもなさそうで、何となく五七五っぽいリズムで詠んだようです。約1年間で読んだ回数は10回もないと思いますが、絵本の持つ力と小さい子どもの吸収力に驚きました。ちなみに我が子のお気に入りは、ふうちゃんの「おめでぷー」の俳句です。^^

    くろすけさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。