本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

でんしゃがはしる

限定復刊

東京の街を一周する緑色の電車、山手線。品川駅を出発した山手線は、京浜急行線と立体交差し、大崎駅では貨物列車とすれ違い、五反田駅では東急池上線と並んで走ります。山手線を中心に、途中でであうたくさんの電車を描いたこの作品は、1978年刊行当時、電車好きの子どもたちを多いに楽しませてくれました。乗り物絵本の第一人者である山本忠敬さんの生誕100年を記念した特別復刊です。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

山本 忠敬 作・絵
カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 2016年02月01日
ISBN : 978-4-8340-8248-7
シリーズ 福音館の単行本

その他の仕様 +

品切れ中です※在庫は小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は各書店によって異なります。

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 5・6才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学低学年~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学高学年~

みんなの感想(1件)

  • 1978年刊行の「こどものとも」40歳の長男と30歳の末息子が大好きだった絵本です。当時、小さな家庭文庫をしていて、そこでも引っ張りだこでした。家のあった葛飾区からわざわざ山手線に乗るために出かけたほどです。末子が今も大切に保存しています。現在は、もう走っていない車両もありますから、むかし電車好きだったお父さんには懐かしい1冊だと思います。ぜひお子さんに読んであげてください。乗り物ずきな男の子たちには、きっと今でも魅力ある絵本だと思います。何しろ、子どもたちの言葉を借りると、「やまもとただよしの描く車は生きている」のだそうですから。文庫にも、早速入れました。

    チャラマさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。