本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

いそがしいよる

星がきれいな夜、ばばばあちゃんは家の中にいるのがもったいなくて、ゆりいすを外に持ちだしてお星様をみていました。やがて遠くの森からお月さんも出てくるのを見ると、いっそのこと外で寝てしまおうと考えました。そこでベッドと毛布と枕を、それからお茶の道具も、そしてテーブルやレンジ、しまいには家のものを全部持ちだしてしまいます。ばばばあちゃんの絵本の第1作です。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 28ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1987年09月15日
ISBN : 978-4-8340-0299-7
シリーズ ばばばあちゃんの絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(2件)

  • ゆりいすにゆられながら、おほしさまをみているばあばばあちゃんの発言が豪快で、好きです。「まるで わたしが そらを うごかしているみたいだね」そういえば私は、ゆりいすにゆられながら、おほしさまや、おつきさまをみたことがないです。いつか実現してみたいと思いながら、読み進めます。ばあばばあちゃんが、いろんなものを持ち出すので、子どもたちは大喜びです。私が飛ばし読みしても、「あ、これもある」「こんなのもあった」と両サイドから指差して楽しんでいます。

    junjunさん

  • 我が家ではじめての「ばばばあちゃん」はこの本でした。3歳の息子は大喜びで聞いていますが、読むほうはちょっと大変なページが,,,ばばばあちゃんの運んできたものをいっきに読みきるとなにか達成感を感じてしまいます・・・ばばばあちゃんがすっかり気に入った息子はシリーズの他の本も大好きになりました。それから、スカーフをした女の人を見ると「あ、おばあちゃんだ」と言うので困ります...

    しんりょうさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。