本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

よあけ

山に囲まれた湖の畔、暗く静かな夜明け前。おじいさんと孫が眠っています。沈みかけた丸い月は湖面にうつり、そよ風の立てるさざ波にゆらめきます。やがて水面にもやが立ち、カエルのとびこむ音、鳥が鳴きかわす声が聞こえるようになると、おじいさんは孫を起こします。#br#夜中から薄明、そして朝へ……。刻々と変わっていく夜明けのうつろいゆく風景を、やわらかな色調で描きだします。絵本をながめる人に静かな高揚感をもたらしてくれる1冊。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,200円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 24×26cm
初版年月日 : 1977年06月25日
ISBN : 978-4-8340-0548-6
シリーズ 世界傑作絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~

みんなの感想(5件)

  • まだ4歳のうちの子はこの本が大好き。「キャンプをしたときと同じ」っていつも言います。日の出前の静けさや、日の出の瞬間の喜びは体験していれば何歳でも通じるものだと思いました。絵がとても綺麗で私も大好きです。

    えいたろうさん

  • わたしは、大学生のときにこの絵本に出会いました。絵のすばらしさはもちろんですが「美しい」だとか「きれい」という言葉を使わずに、日の昇る瞬間を訳した瀬田さんの翻訳があってこその絵本だと思います。職場で、読み聞かせに慣れてきた3年生に読みました。しーんと静まりかえって絵を見つめ、読み終わった後は溜息をついていました。子どもは、明るく楽しい本以外も好きなのだと知りました。

    なつみつかさん

  • この絵本、けっして子供うけする絵本ではないような気がします。美しい絵を感じることはできても、静の世界を感じるのって難しいですしね・・・どちらかというと、10代や大人向きの絵本かなあと思います。それでも挿絵のすばらしさ、読んだときに私が感じた透明感あふれる世界を思い出すと、☆5つをつけたくなっちゃいます♪

    さやぽん☆さん

  • 大学生の時に友人からプレゼントされた本がこの「よあけ」でした。水墨画を思わせるような抑制した色づかい。最小限でありながら心に語りかけるような文。ページをめくる手が自然と、だんだんゆっくりになっていきます。この本には、人も大地も澄んだ「よあけ」にしか感じ取ることのできない空気が流れています。

    みやもとさん

  • よあけ前の静寂と緊張感が伝わってくる絵本でした。

    ハイディさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。