本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ぐりとぐらとすみれちゃん

野ねずみのぐりとぐらのところに、すみれちゃんがかぼちゃを持ってやってきました。とびきり大きくて、とっても固いかぼちゃをすみれちゃんはお母さん秘伝のダイナミックな方法で見事に割ってくれました。さあ、かぼちゃのお料理の始まりです。「お料理すること、食べること」が大好きなぐりとぐらに森の動物たちも加わって、かぼちゃのごちそうがたくさんできました。みんな、おいしくておいしくて、おなかいっぱい食べました。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 2003年10月15日
ISBN : 978-4-8340-0633-9
シリーズ ぐりとぐらの絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
    • セット
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

あなたへのおすすめ

  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
    • 限定
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(4件)

  • すみれちゃんが実在する人物ということは知っていたのですが詳しくは知らなくて初めてすみれちゃんとは病気で亡くなったぐりとぐらが大好きだった女の子ということを知りました。 私も小さい頃大好きだったぐりとぐらの本。あのカステラは食べたことが無いのに一生おいしさを忘れられません。そんな2人とすみれちゃん達がかぼちゃでたくさんの料理を作ってくれます。一緒に作りたくなっちゃいます。4歳の娘もあれ食べたい!これ食べたい!とギャーギャー言ってました。

    まおるさん

  • すみれちゃんの可愛らしさに一目惚れ♪して購入しました。ぐりとぐらのシリーズは、我が子達も大好きです。このすみれちゃんのお話もすぐに気に入りました♪何といっても、かぼちゃの割り方のダイナミックさには参りました。すみれちゃん。。力持ちだわ(笑)そして、みんなでお料理して、みんなで食べるシーンは、子ども心をとりこにしますね^^☆いいなぁ~。。食べてみたいなぁ~。。というセリフが口から出る前に聞こえるような気がします(笑)

    青い空さん

  • 早速かいました!!!!すみれちゃんが、うちの3歳の幸奈に似ていると、11歳の姉が、読み聞かせしてます。カボチャがやっとわれて、お食事シーンが、とってもあったかで、ほんとにいつもながら、楽しいです。

    幸奈ままさん

  • なんて、土のかおりのする素敵な絵本でしょう(*^^*)!! 街中の整備された「みどり」しか、しらない我が子に、土のあたたかさや、命のはぐくみが、伝えられるすてきな絵本をありがとうございます。「にんじんのはっぱのオムレツ」食べたいな~。街中では「にんじんのぱっぱ」を手に入れることも、簡単ではないのですよね~。 そして、かぼちゃも大好き。今年は、「たねをまく」という遊びが我が子の間でブームになりました。さて、いくつ芽がでるのでしょう?!

    ようともさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。