本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

たのしいふゆごもり

冬ごもり前のくまさんのお母さんは忙しい。「ぬいぐるみを作って」というこぐまの頼みも後まわし。こぐまを連れて木の実を集めたり魚を取ったり。でも夜になると……。暖かく楽しい絵本。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,200円+税
ページ数 : 36ページ
サイズ : 25×25cm
初版年月日 : 1991年10月25日
ISBN : 978-4-8340-0749-7
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(3件)

  • 図書館の分室で読み聞かせに使わせていただきました。お母さん熊と小熊の女の子の会話でどんどんお話が進んでいきます。読み進めるにつれて、どんどん静かになって、だれもいないかと思うくらいしーんとなりました。ストーリーの中に入り込んでお話を楽しんでいたようです。寝る前に読んでもらったらうれしい1冊だと思いました。

    しっぽさん

  • 熊の親子の冬ごもりの支度は、木の実や魚、はちみつ、綿にきのこをどっさり集めて帰って・・・母さん熊がたのもしく働く横で(大した働きはできないながらも)見よう見まねで手伝う子熊がかわいい。うちに帰れば帰ったで、たっぷりごちそうつくって、寝るしたくも万全にして、夜長を楽しもう。テーブルに並んだごちそうも、親子の寝床もとってもすてきで、はじめからおわりまで母さん熊の愛があふれていて、わたしもこんな冬眠してみたいなぁ! とうらやましくなってしまうお話でした。

    NORISさん

  • 冬の読み聞かせにぴったりの絵本でした。木の実、蜂蜜、魚、綿花、そしてきのこと冬ごもりに必要な食べ物を調達していくクマの親子。このクマの女の子何歳くらいなんでしょう?ちょうど子供でいうと息子くらい、あるいはちょっと下くらいのような気がしちゃいます。だって、お手伝いをしているはずがその場にいるほかの動物達と遊び出しちゃう。でもちょっとだけどやっぱお手伝いした分がある。子供そっくりな行動に、読んでいてほんわかしちゃいます。息子も絵本と一緒になって「この木の実きれいだね~」とか、「小さな入れ物、ここにみーつけた」などなど、楽しんでいました。そして最後は人形と遊んでいるくまの子。うちの子も男の子なのにぬいぐるみが大好きなんですよね。疲れてこっちが先にねちゃったりすると、ぬいぐるみと遊んでいたり、歌を歌ったりして、夜の時間を楽しんでいます。温かい感じがとっても素敵な絵本でした。

    さやぽん☆さん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。