本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

くわずにょうぼう

欲張り男のところに、よく働くが飯を食わない美しい女がやってきて女房になりました。最初は喜んだ男でしたが、ある日、蔵の米がごっそり減っているので、隠れて見ていると、女房は男の留守に米を炊き握り飯を作ると、髪をほどいて頭のてっぺんの大きな口から食べてしまいました。女の正体が鬼婆だったことを知た男は、鬼婆にとらえられ……。赤羽末吉の絵によるスリリングな昔話の絵本。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 27×20cm
初版年月日 : 1980年07月31日
ISBN : 978-4-8340-0789-3
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(2件)

  • 先日 年長組みさんで読みました。最初は「知ってる!」「おもしろない!」生意気盛りでそれもよし。と、読み始めるとしーんとしてきて 目に真剣さがいたいほど感じます。そして 女房の頭の裂けている口の場面では、口を押さえ 菖蒲の上を飛ぶ場面では なんと!6秒も静止状態。ページをめくるのもわるいほど・・そしてクライマックスでは 背中が伸びている子がほとんど。そして最後はフッと緊張感がとけて 必ず「良かったー」の声。まさしく 絵と文章が一体化した素晴らしい作品です。読み語り続けたいです。

    きよちゃんさん

  • この絵本が端午の節句絵本だとは、読み返すまで忘れておりました。よく働いて、飯をくわない女房がほしい!!そんな欲ばり男の所へ本当に飯をくわない嫁がきましたが……。欲をだすと痛い目にあう。怖い昔話の1つだなあ・・・なんてそんな記憶だけだったのですが、実はこの絵本、端午の節句絵本なんですよね働き者の嫁が「やまんば」だったとわかり、「やまんば」から男が逃げる時に、男が助かる場所&方法は・・・なるほど。だから端午の節句に、アヤメ&ヨモギなのね♪といった感じでした。子供も怖い系の昔話ということもあり、すごく気に入った模様でした。

    さやぽん☆さん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。