本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

こんとあき

こんは、あきのおばあちゃんが作ったキツネのぬいぐるみです。あきが成長するにつれ、こんは古びて、腕がほころびてしましました。あきはこんを治してもらうため、こんと一緒におばあちゃんの家にでかけます。あきは、電車でこんとはぐれたり、犬に連れさられたこんを探したりと、何度も大変なめにあいます。こんとあきは無事におばあちゃんの家にたどりつくことができるのでしょうか? 互いがかけがえのない存在であるこんとあきの冒険の物語。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,300円+税
ページ数 : 40ページ
サイズ : 28×22cm
初版年月日 : 1989年06月30日
ISBN : 978-4-8340-0830-2
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(6件)

  • ぬいぐるみと二人三脚の冒険に、読み手も、聞き手の子どもたちも、わくわくはらはらしどおしです。はじめはこんに頼りきりだったあきちゃんが、最後、こんを背負って自力でおばあちゃんのところにたどり着くときろは、何度読んでも声がつまります。さいごの「よかった!」に実感がこもります。大事な相棒をもつこどもなら、だれでも夢中になれるお話。そして、こどもがはじめにであう極上のファンタジーだと思います。

    NORISさん

  • 小さな頃の私の姉は、主人公のあきちゃんのように、お気に入りのクマのぬいぐるみと常に一緒でした。そんな姉の姿が大好きだった私は、この本を読むたびにその姿を思い出してちょっと嬉しくなります。それから、あきちゃんを見守る『こん』が、3年前に死んでしまった、愛犬の柴犬(その名もこん!)にそっくりで、彼がお風呂に入るのを嫌がっている1ページを開くたびに、彼のことを思い出します。(うちの犬はお風呂嫌いだったので・・・)そんなこともあってか、私にとってこの「こんとあき」は大切な存在を思い出せる大事な一冊です。いつか私に子供が生まれたら、絶対によんであげたいと思います。

    あんさん

  • 娘も私も大好きな本です。お勧めは4~5歳と書かれてますが3歳からでも内容は十分理解できると思います。 読むたびに心が温かくなって、でも途中では涙が出そうにもなる本です。林明子さんの絵本は大好きなのですがその中でも特にお勧めです。娘もアキちゃんはえらい!とかこんがかわいそうだったとかいろんな感想をくれます。読んだ甲斐があったなと思える本です。

    まおるさん

  • 子どもの大好きな本です。もうかなり大きくなりましたが(笑)大切な本のようです。ところで、この本を開くと「こん」の型紙と思われる挿絵がありますね。子どもが「こん」を作って欲しいと言うのですが、型紙として使えますか?

    nannさん

  • 私の周囲の子ども達の間で人気のある一冊です。ぬいぐるみ、電車、車掌さん、おばあちゃんと子どもの大好きなものたちが登場するせいでしょうか。息子とその友達が本に登場する犬(ぬいぐるみのこんを連れ去ってしまう)を公園で見て、思わず、自分達のもっていたぬいぐるみを後ろに隠していました。絵本を通じて子ども達が世界を共有した瞬間でした。

    ハイディさん

  • お話が少し長いかなー。と思いながら4歳の誕生日に買いました。林さんの綺麗な絵に見せられて娘は集中して絵本に見入ってました。中でも犬がこんを連れて行くところでは”だめ、だめ、”といい、本当に泣きそうになっていました。物語に入っていってることを実感して嬉しくなった瞬間でもありました。

    桃花母さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。