本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

おやすみなさいフランシス

時計が夜の7時をしらせると、フランシスの寝る時間です。まずミルクを飲み、お休みのキスをして、ベッドに入ります。ところが、ちっとも眠くなりません。そのうちに、部屋の中にトラがいるような気がして心配になり、おとうさんとおかあさんのところへ。もう一度キスをしてもらいふとんに入りますが、今度は部屋に大男がいる気がしてねむることができません。さてさて、フランシスはぶじに眠りにつくことができるのでしょうか?

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,100円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 26×21cm
初版年月日 : 1966年07月01日
ISBN : 978-4-8340-0059-7
シリーズ 世界傑作絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(2件)

  • 娘にとってはちょっと怖かった絵本のようです。眠る前にちょうどいいかもと思って読んだのですが少し怖がらせてしまって寝つきが悪かったです。おばけが出てくるとか恐ろしい絵本では全くないのですがなかなか眠れないフランシスがいろいろ想像してしまったり、大きな蛾がでてきたりするのが怖かったみたいです。怖がりのお子様にはむいていないかもしれません。

    まおるさん

  • 子供が二歳のころから大好きな絵本です。お話に出てくるフランシス、なかなか眠れなくっていろいろ注文してきますがけっしてわがままではありません。子供にとって眠りにつく前って何か特別な時間であるみたいに感じます。昨今のように漫画か絵本かわからないような絵本のように目を引く色は使っていません色の数は少ないでしょう。でも、よい絵本は子供はわかります。いきいきとした動きをしている、自分とおんなじで「眠る前にちょっと甘えたい」フランシスに会いたくて、何度でも読んでもらいたいと思っているのでしょう。

    SHINOMOMONさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。