本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

エンソくん きしゃにのる

エンソくんは田舎のおじいさんの所へ遊びにいこうと、初めてひとりで汽車に乗りました。町をぬけ、いくつもの駅に停まり、いくつもの橋を渡り、トンネルをぬけると、汽車は高原の駅に着きました。するとヒツジ飼いとヒツジの群れが乗りこんできて、車内は大にぎわい。やがて汽車が終点に着くと、おじいさんは馬に乗ってむかえにきていました。驚きと楽しさいっぱいの汽車の旅。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1990年09月15日
ISBN : 978-4-8340-1045-9
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(2件)

  • 大迫力のスズキコージワールドがこどもの心をわしづかみ。2才の息子がめずらしく繰り返し読んでほしがりました。隅々まで描きこまれた絵をいくらでもながめて楽しめます。

    NORISさん

  • 福音館書店からでている「こんにちは おてがみです」が大好きな娘。その絵本に登場しているエンソ君のおはなし。こんにちはの絵本に登場している絵本はこの絵本以外全て読んでいたのでこの本もドキドキしながら読みました。物語を知らないのに主人公だけ知っているというもの不思議ですよね。ちょっと娘と私の好きなタイプの絵ではなく、どちらかというとアジア系?です。ちょっと不気味なのは裏表紙の羊の絵。妖怪のようです。

    まおるさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。