本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

地球を旅する水のはなし

ぼくが今、飲んだ水、どこからきたのかな?

地球規模の水の循環を、詩情ゆたかな文章と繊細なイラストレーションでつづる科学絵本。太古から今まで、同じ分量の、同じ水が、あらゆる場所を旅しながら、生きとし生けるものをうるおしてきました。液体、気体、固体……さまざまに姿を変えながら、地球上のあらゆる場所をめぐり、いろいろなものを運ぶ水。そしてこれからもずっと、水の旅は続くのです。水文学を専門とする著者による巻末解説も読みごたえがあります。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : かがく絵本・図鑑
定価 : 本体1,400円+税
ページ数 : 40ページ
サイズ : 31×22cm
初版年月日 : 2017年09月10日
ISBN : 978-4-8340-8351-4
シリーズ 福音館の科学

その他の仕様 +

みんなの感想(7件)

  • 雨ひとつぶが世界のどこかを時空をこえて旅をして、森と海をつなぎ、生きものの生活をくまなくつなげていることをわかりやすく、目の前に浮かぶような文体で説明してある良い絵本でした。あとがきも、身近に面白くわかりやすい書き方で、難しく思える科学や地理の知識を説明してあり、ぐいぐい楽しく読めました。地球儀に対してビー玉くらいの水しかないとは!大切な水について改めて理解を深められてよかったです。

    伊藤 琴さん
    お子さんの年齢:4才

  • とてもやさしいタッチの絵でひきつけられました。文の内容は学問的ですが、それを楽しく表現されていてあきません。

    鈴木 菊惠さん
    お子さんの年齢:小学中学年

  • 絵を担当された曽我さんのお父様とおば様が実母と知り合いで、母からのプレゼントで本を知りました。8歳の娘は「うわぁ!すごくキレイな色の絵!」と絵を気に入り、4歳(年中)の息子にはまだ少し内容的には難しいようでしたが、絵にひきつけられて「これ読んで!」とお気に入りの1冊になりました。小学校の読み聞かせTimeに読んであげようと思っています。

    のんひなさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • 表紙からスーッと吸い込まれていく様な、気持ちが癒やされ優しくなれるそんな絵、まだ5ヶ月で読み聞かしても理解はできないでしょうが、ページを捲って見せるとジーッと見入っています。この頃から絵を見せ、読み聞かせていればきっと良い事と思います。

    神谷 ゆみ子さん
    お子さんの年齢:0才

  • この本をご担当なさった曽我市太郎様の絵のすばらしさ、この本への想いが伝わり胸が熱くなりました。地球を守り、子供達に希望を持たせつづけるために、曽我さんのような方、この本の作者全ての関係さんの想いが生きつづけないとなりません。ありがとうございます。

    石橋 セツ子さん
    お子さんの年齢:2才

  • 私は、この本を読んで水がどこから来るのかを知られてよかったです。そして地球がサッカーボールぐらいだったら水は、ビー玉1つ分ぐらいと知ってびっくりしました。私は、よく水がなくならないなと思いました。水は、植物や、生き物、人間が生きるためにとても必要なものだと知りました。だから、水が無駄にならないように、していきたいです!

    はるなさん
    お子さんの年齢:小学中学年

  • 科学絵本でありながら、壮大なロマンを感じさせてくれる素晴らしい絵本です。分かりやすい文章と、丁寧に描かれた素敵な絵の数々も愛おしく、水の尊さを実感できます。著者による水の循環に関する解説もとても興味深いです。

    ブチさん
    お子さんの年齢:小学高学年

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。