本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

地球を旅する水のはなし

ぼくが今、飲んだ水、どこからきたのかな?

地球規模の水の循環を、詩情ゆたかな文章と繊細なイラストレーションでつづる科学絵本。太古から今まで、同じ分量の、同じ水が、あらゆる場所を旅しながら、生きとし生けるものをうるおしてきました。液体、気体、固体……さまざまに姿を変えながら、地球上のあらゆる場所をめぐり、いろいろなものを運ぶ水。そしてこれからもずっと、水の旅は続くのです。水文学を専門とする著者による巻末解説も読みごたえがあります。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : かがく絵本・図鑑
定価 : 本体1,400円+税
ページ数 : 40ページ
サイズ : 31×22cm
初版年月日 : 2017年09月10日
ISBN : 978-4-8340-8351-4
シリーズ 福音館の科学

その他の仕様 +

みんなの感想(2件)

  • 私は、この本を読んで水がどこから来るのかを知られてよかったです。そして地球がサッカーボールぐらいだったら水は、ビー玉1つ分ぐらいと知ってびっくりしました。私は、よく水がなくならないなと思いました。水は、植物や、生き物、人間が生きるためにとても必要なものだと知りました。だから、水が無駄にならないように、していきたいです!

    はるなさん
    お子さんの年齢:小学中学年

  • 科学絵本でありながら、壮大なロマンを感じさせてくれる素晴らしい絵本です。分かりやすい文章と、丁寧に描かれた素敵な絵の数々も愛おしく、水の尊さを実感できます。著者による水の循環に関する解説もとても興味深いです。

    ブチさん
    お子さんの年齢:小学高学年

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。