本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ

地獄勤めのお父ちゃん、出雲へ出張!

地獄勤めの赤鬼オニガワラ・ケンと同僚のオニジマは、えんまさまから出雲出張を命じられ、「ぜんこく神さまサミット」の会場警備を手伝うことになりました。飛行船に乗りこんで出雲へ向かい、稲佐の浜に来てみれば、日本じゅうからやってくる神さまたちで大混乱。ふたりは案内やら警備やらあっちこっちてんやわんやしながら、神さまたちをお迎えします。開会を告げる神つどいの迎え太鼓が鳴り響き、出雲の夜はふけていきます。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,400円+税
ページ数 : 36ページ
サイズ : 26×27cm
初版年月日 : 2017年10月15日
ISBN : 978-4-8340-8366-8
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学低学年~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~

みんなの感想(6件)

  • 娘(25歳)ゼネコンの人事部採用担当。今の時期全国を飛び回っているOLです。まさに絵本の主人公さながら。大笑いして読みました。そしてどこからともなく国宝や七福神、ストーリーは昔話も、それを現代風に。書店でちょっと見てすぐに購入しました。子供も大人も楽しんでいます。

    山口のしいママさん

  • 前作(オニのサラリーマン)を保育園で読み聞かせした際、様々な鬼や妖怪が登場することに驚いたり、「おおきに」という方言を楽しんだりする姿がありました。地獄という怖いイメージの場所が舞台なのですが、作者の方が明るく楽しい雰囲気で描いているため、「面白い」「もう1回読んで」と、地獄を怖がらずこの本のリピーターになっています。(笑)次回作も楽しみにしています。

    KGさん

  • 待ってました!大人も子供もハマる、オニのサラリーマンシリーズ!!年長の娘2人、年少の娘に読みきかせをしましたが、前作の方が理解しやすく、おもしろかったようです。(神様や出雲…など難しかったようです。)でも同じ流れなので、字が読めない1番下の娘はセリフを覚えているので「あかん、あかん」と読めば「給料日前や!」と言われます。(笑)関西人には読みきかせがとてもラク!!そしておもしろい!絵も細かい所で笑える!子供達には、私の子供の頃の絵本を与えています。(母が大切に保管してくれていて、それを子供達がみています。私がかいたラクガキもあったりで、子供達はそれもおもしろいようで…)物語は色あせることがありません。そこに色々な味がプラスされ、ステキな1冊になっていくと思っています。この本も、ずっと引き継がれていくことを期待しています。

    あいうーりんさん

  • 息子がこの本を見つけすぐにこれを気に入りました。3歳の息子は今「鬼」に興味津々!!怖いけど大好きです。何回も読みました。私も島根県出雲市に住んでいるのでとても関心があり、一緒に読んでいてワクワクしました。とても良い本だなーと思いました。

    ぼっちゃんさん

  • 内容や文章がおもしろく、出雲に神さまがあつまるこの時期ならではのおはなしですね。そして、その文(おはなし)に、大島さんのようかいたちの絵やオニの表情の“こわかわいい”こと。本当にこわかわいい絵が上手で表現力が抜群ですね。大笑いで読んでしまいました。神さまにもいろいろといらっしゃるんだな~と感心しきり。本当に富安さんと大島さんのコンビはおそるべしですね。大好きです。

    サモアさん

  • 私は関西の本屋さんで、読み聞かせ活動をしています。「オニのサラリーマン」1冊目も読んでいます。子どもたちの様子を見ていると、なんだか自分のお父さんを見る様な眼で聞いてくれます。オニでもここに出てくるお父さんはリアリティがあって、それが子どもたちを引き付けるのだと思います。富安さんの言葉と大島さんの絵がとてもうまく融合していて、それが子どもたちを物語の世界へと誘っているのだと思います。3弾、4弾の作品も待っています!

    諸岡 弘さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。