本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ごはんは おいしい

ことばと写真で味わう、ごはんを巡る物語

「ごはんは おいしい/ごはんは あったかい/わたしは ごはんが だいすき」ごはんの湯気に包まれて、聞こえてくるのは大好きなおばあちゃんの声。「ごはん いっぱい たべてねー」おばあちゃんは田んぼの四季のお話を歌うように語ります。おばあちゃんのお話は、季節、そして命が巡り巡ってはるか遠くから「わたし」に繋がっていることを伝えてくれます。ことばと写真、それぞれをじっくりかみしめるように味わえる写真絵本です。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,600円+税
ページ数 : 80ページ
サイズ : 22×16cm
初版年月日 : 2017年10月15日
ISBN : 978-4-8340-8368-2
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(5件)

  • ぱくさん、こんにちは!ごはんの本子供といっしょに楽しく読ませていただきました。おいしそうなホカホカごはんと、遠い記憶のようなお米の旅…。美しい写真とやさしい言葉で、満喫させていただきました。子供たちも、私の読み聞かせを興味深げに聞いていました。ごはんがもっと味わい深く、ありがたく感じられるようなそんな本でした。ありがとうございました。

    ファミさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • こんなにおいしそうな本はありません。おばあちゃんのたいたごはん、ほんとにおいしそうです。実はまだ子どもには読んであげていないのですが、どの位の子どもでも、この写真と文章の絶妙な組み合わせが、受けいれて十分わかってくれる気がしました。これから少しずつ読みきかせてごはん派を増やしたいです!

    山浦 敬子さん

  • パラパラとめくった時に「少し地味な写真だなぁ、なんで働いている人がうつってないのかなぁ」と田んぼで働いていたことのあるわたしは思いました。とても手をかけて育てるから(わたしは66歳)。ところがところが!文章がつくと地味目な色の写真がステキに生き生きしてきて「うーん、なるほど」これはすばらしい言葉だなぁと!

    かっくおばさんさん
    お子さんの年齢:3才

  • 詩がとてもすてきです。あたりまえのことだけど、こんなことばにであうとホッとします。写真はごはんを稲をこんなふうに写したなんて、見入ってしまいました。ことにごはんが、本からとびだしてくるみたいです。

    柳内 末子さん

  • いつもご飯を残す、食べることにあまり関心のない次男に読み聞かせしたところ、興味をもったようでした。読み終わってすぐにもう一回! と言われたのは親としてうれしいことです。

    さんりくさん
    お子さんの年齢:4才

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。