本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

いやいやえん

元気だけど、わがままできかんぼうの保育園児のしげるが主人公の童話集。しげるたちが積み木でつくった船でクジラをとりにでかけるお話や、山のぼりで山の果物を食べすぎてしまうお話、赤いバケツをもって保育園にやってきた小ぐまの話など、全部で7つのお話がはいっています。表題作『いやいやえん』では、なんでもいやだ、いやだと駄々をこねるしげるが、「いやいやえん」に連れてこられます。「いやいやえん」とはいったどんな園なのでしょうか?

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 幼年童話
定価 : 本体1,300円+税
ページ数 : 188ページ
サイズ : 22×16cm
初版年月日 : 1962年12月25日
ISBN : 978-4-8340-0010-8
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~

みんなの感想(4件)

  • まだ4歳の娘には絵が少ないので読むのは早いかな?と思ったのですがすごく食いついてきました。特にしげるちゃんが気になるようでチューリップ保育園がお気に入りです。自分の幼稚園と比べるみたいで同じところも違うところも指摘しながら楽しく自分の世界に浸ってるようです。はじめての児童書にはこのいやいやえんがぴったりだと思います。

    まおるさん

  • なんて、なつかしく、「すっぱい」記憶のある絵本でしょうか?! なぜか、すっぱい気持ちになるのです。 幼稚園の先生が読んでくれた絵本、そのあと、自分でも漢字を飛ばしながら何度か読み直した絵本。30年も前の記憶なのになぜか、鮮明に「本棚にあった絵本を取り出す自分の姿」の記憶がよみがえります。園児のこころをとてもよく、理解してもらっていたことがなつかしく思い出されます。これからは、わたしが、こども達に読んであげる時がきたんですね。本当に、感慨深いです。 作者の方がご健在で、さらに新しい作品を生みつづけてくださっていることに、感謝します。同じ時代に生まれ合わせて本当に、幸せです。ありがとうございます。

    ようともさん

  • 絵本、児童文学は育児書よりずっと多くのことを教えてくれると感じさせられる本です。主人公のしげるちゃんはうちの息子にそっくり。息子は等身大の自分を本の中に見つけ、目を輝かせて、お話を聞き、その後は「しげるちゃんごっこ」を始めます。さすが保育士として子どもを見つめてきた中川李枝子さんのロングセラーですね!

    ハイディさん

  • 男の子とくまさんの赤い表紙、そして「1時にならないとこの扉は開かないよ・・・」の怖いおばあさん。とてもインパクトが強い本です。最初は母親に読んでもらい、そのあとは何度も自分でも読みました。20数年経った今も忘れられない1冊です。

    ジャックリーヌさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。