本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

とべ! ちいさいプロペラき

初飛行を迎える小さなプロペラ機のいる格納庫へ、大きなジェット機が入ってきました。小さいプロペラ機はすっかり圧倒されてしまいます。するとジェット機が言います。「元気をお出し、プロペラくん。まず、空を飛んでごらん。そうすれば、きっと僕らの大きさのことなど忘れてしまうよ」と。そして、初飛行にのぞんだ小さなプロペラ機は、力いっぱいエンジンをふかし、飛び立ちます。胸をはって、どこまでも広がる大空へ!

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 2000年01月20日
ISBN : 978-4-8340-1639-0
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学低学年~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~

みんなの感想(3件)

  • この絵本は私がひとめぼれ!これから 一年生になるプレゼントに年長さんで読みました。どきどきしているちいさなプロペラきにゆったりアドバイスする先輩のジェッキ勇気をだしてとびたつのは自分だけしかできないんだよ!と言葉は少ないけど絵が物語る場面。そして大空へ。大げさかもしれなけど「人生の応援メッセージ」絵本ですね。最後に私の好きな言葉「ひろい そらでは、ぼくらの おおきさのことなどわすれてしまうよ」

    きよちゃんさん

  • 「やっぱり男の子は乗り物が好きなんだ」と素直に頷きました。第一子であるお姉ちゃんはじっと聞いていますが、二人いる弟は“ちいさいプロペラき”が滑走路を走りだし、はじめて大空に飛び立っていく場面で、おおはしゃぎです!飛行機の描き方はむしろ写実的であるのに、一つの生き物のような生命が吹き込まれています。“ちいさいプロペラき”からは新車が発するような独特の匂いと共に人生経験の少なさからくる初々しさが、“おおきなジェットき”からは使い込むことからくる風格と経験に裏打ちされた自信が伝わってくるようです。格納庫や“おおきなジェットき”の尾翼のマークは、絵を描かれた山本さんの茶目っ気がうかがえて、見るたびに楽しい気持ちになります。

    こまごめのこがもめさん

  • こまごめもこがもさんのレビューを読んで、買ってみました。山本氏の乗り物の絵は、我が家のお気に入りだったこと、子供が飛行機が好きなこともあって、抵抗なく買えました。案の定というか、2歳8ヶ月の息子のお気に入りの本になりました。本当に男の子は、乗り物が好きですね。お話も子供にとってもわかりやすい、いい話だったと思います。 「げんきをおだし、プロペラくん。ひろい空では、ぼくらの大きさのことなんか、忘れてしまうよ」と、ジェット機がプロペラ機を励ますところが印象的でした(引用はちょっと不正確かも)。無事、プロペラ機が初飛行した後、ジェット機の励ましをプロペラ機が思い起こすことになっていたら、よかったかなぁと、思ってしまいました。『先に飛んだあのジェット機が見えます。あんなに大きかったジェット機が豆粒のようです。空は、もっともっと大きかったのです』とか。でも、ちょっと教訓くさくなってしまいますかね。やはり、原作どおりが良いのでしょう。

    セイウンスカイさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。