ほんをさがそう
ほんのさがしかた
はじめての方へ
  • はじめての方へ
お知らせ
  • お知らせ
  • トピックス
  • イベント
  • レビュー一覧
あたらしい本
  • 最近出た本
  • これからでる本
  • 復刊限定出版
月刊誌のご案内
  • 年齢別一覧
  • こどものとも0.1.2.
  • こどものとも年少版
  • こどものとも年中向き
  • こどものとも
  • ちいさなかがくのとも
  • かがくのとも
  • たくさんのふしぎ
  • 母の友
おすすめ本ガイド
  • 絵本のたのしみかた
  • 赤ちゃん
  • 2,3才向き
  • 4才向き
  • 5,6才向き
  • 科学の絵本・知識
  • 小学校低学年向き
  • 小学校中・高学年向き
  • 中学・高校生向き
  • お母さん・お父さん
  • えほんQ&A
みんなの人気者
  • ぐりとぐら
  • ぐるんぱのようちえん
  • ばばばあちちゃん
  • だるまちゃん
  • うさこちゃん
  • タンタンの冒険
  • エルマーの冒険
  • 魔女の宅急便
  • 人気者・特集一覧
プレゼント
  • ブックカバー
  • スクリーンセーバー
  • 壁紙
  • パンフレット
  • おたのしみゲーム
  • 購入方法
  • 購入履歴
  • 買い物かごの中を見る
メールアドレス
パスワード
非SSLでログイン
・パスワードを忘れた方へ
会員登録・修正
あのねメール通信
幼稚園・保育園様へ
学校図書館様へ
書店様へ
会社案内
著作物の二次的使用について
FUKUINKAN SHOTEN PUBLISHERS,INC.



福音館書店

このサイトをご覧いただくにはFLASH PLAYERが必要です。ダウンロードするにはこちらのバナーをクリックしてください。
Get ADOBE Flash Player






こどものとも絵本

ぐるんぱのようちえん

ぐるんぱは、ひとりぼっちの大きなぞうです。ビスケットやさん、靴屋さん、ピアノ工場、自動車工場……。ぐるんぱは、色々な仕事場で一生懸命に働きますが、つくるものが大きすぎて失敗ばかり。そんなときぐるんぱは、子どもがたくさんいるお母さんに出会います。子どもたちの世話をたのまれたぐるんぱは、とても素敵なものを作ります。それはぐるんぱが作った大きなものでたくさんの子どもたちが遊べる、すてきな幼稚園でした。
定価(本体900円+税)
 
ページ数:
28
サイズ:
20X27cm
初版年月日:
1966年12月15日
ISBNコード:
978-4-8340-0083-2
読んであげるなら☆・ 4才から
自分で読むなら★・ 小学低学年から

関連する本
大型絵本ぐるんぱのようちえん

会員の方は左メニューからログインすれば、レビューを書き込めます。未登録の方は、左のメニュー「会員登録・修正」からご登録ください。
ロボット機関車
“ひきこもり”のぐるんぱが、まわりから「働きなさい」と勇気づけられ、社会にでて働き、いろいろな職業を経験して、ついには自分の天職を見つけるというストーリー。
初版が60年代と50年近く前なのに、現代の世相を表わしているのにびっくりです。
最初から自分の天職に出会えれば幸せですが、ほとんどの人はそうではない状態で働いていると思います。かといって自分は何の仕事がしたいかわからない人が多いと言われる現代、それはぐるんぱも同じで、いろいろな職業に真剣に取り組んだ結果、自分にあった仕事を見つけていきます。楽しんで読めばそれまでなのですが、大人にはなんだかいろいろ考えさせられる絵本でした。

NORIS
30年前、わたしがこどもだったとき、
いちばん好きな絵本の一つでした。
なんといっても、堀内誠一さんの絵が楽しくて、
最後のページの「ようちえん」がとりわけすばらしくて
何度でも読むたびにうっとり眺めていたものです。

いま、こどもたちに読み聞かせる立場になって読むと
思うことはいろいろありますが、理屈抜きに、
こどもはみんなぐるんぱが好きなんだなと思います。
元気が出てくる絵本です。

よつ
いつもめそめそ泣いていたぐるんぱは、大きくなって皆の後押しを受け、社会に飛び出します。いろいろな仕事で経験を重ね、失敗もしながら最後には自分に一番あった仕事にたどりつきます。これから社会に出て行く若者にもおすすめなある意味社会派な絵本。

Macco
何をやっても上手くいかないゾウのぐるんぱ。
働きに出ても失敗続きで自信をなくしてしまいます。

でも・・・そんなぐるんぱでも、沢山の人を喜ばせることが出来ましたよ!

一人ぼっちじゃないんだよ。必ずあなたを必要としてくれる場所があるんだよ。

そんなメッセージとともに、あきらめない心も養ってくれる本だと思います。

ひなぽん
ぐるんぱは出来損ないの物しかつくれず、しょんぼりして自信を失いますが、最後はその出来損ないが、みんなの宝物になる。
子供は日々、そんな経験をしながら育っていってくれるのかな。本を読みながら、子供もぐるんぱを友達のように感じてると思います。

ハイディ
幼稚園に入園したばかりの子どもは、ぐるんぱと同じく心細い思いをしたり、不得意な場面に遭遇し自信をなくしたりすることでしょう。でも、子ども達は逞しい!最後にはぐるんぱ同様、自分の居場所をしっかり見つけることができるのでしょう。まだ見つけていない子どもはこの絵本から希望を与えられることでしょう。そんな思いをもって、子どもに絵本を読んでいます。

りとまのかあさん
 小学校で読み聞かせを行っています。その時「ぐるんぱのようちえん」を読んだのですが、自分が思った以上に子供たちが喜びました。何年か前ドラマの中でもこの本が小道具で使われていたようです。(高学年の子供が教えてくれました。)



copy