ほんをさがそう
ほんのさがしかた
はじめての方へ
  • はじめての方へ
お知らせ
  • お知らせ
  • トピックス
  • イベント
  • レビュー一覧
あたらしい本
  • 最近出た本
  • これからでる本
  • 復刊限定出版
月刊誌のご案内
  • 年齢別一覧
  • こどものとも0.1.2.
  • こどものとも年少版
  • こどものとも年中向き
  • こどものとも
  • ちいさなかがくのとも
  • かがくのとも
  • たくさんのふしぎ
  • 母の友
おすすめ本ガイド
  • 絵本のたのしみかた
  • 赤ちゃん
  • 2,3才向き
  • 4才向き
  • 5,6才向き
  • 科学の絵本・知識
  • 小学校低学年向き
  • 小学校中・高学年向き
  • 中学・高校生向き
  • お母さん・お父さん
  • えほんQ&A
みんなの人気者
  • ぐりとぐら
  • ぐるんぱのようちえん
  • ばばばあちちゃん
  • だるまちゃん
  • うさこちゃん
  • タンタンの冒険
  • エルマーの冒険
  • 魔女の宅急便
  • 人気者・特集一覧
プレゼント
  • ブックカバー
  • スクリーンセーバー
  • 壁紙
  • パンフレット
  • おたのしみゲーム
  • 購入方法
  • 購入履歴
  • 買い物かごの中を見る
メールアドレス
パスワード
非SSLでログイン
・パスワードを忘れた方へ
会員登録・修正
あのねメール通信
幼稚園・保育園様へ
学校図書館様へ
書店様へ
会社案内
著作物の二次的使用について
FUKUINKAN SHOTEN PUBLISHERS,INC.



福音館書店

このサイトをご覧いただくにはFLASH PLAYERが必要です。ダウンロードするにはこちらのバナーをクリックしてください。
Get ADOBE Flash Player






世界傑作絵本シリーズ

てぶくろ
ウクライナ民話

おじいさんが森の中に手袋を片方落としてしまいます。雪の上に落ちていた手袋にネズミが住みこみました。そこへ、カエルやウサギやキツネが次つぎやってきて、「わたしも いれて」「ぼくも いれて」と仲間入り。手袋はその度に少しずつ大きくなっていき、今にもはじけそう……。最後には大きなクマまでやって来ましたよ。手袋の中はもう満員! そこにおじいさんが手袋を探しにもどってきました。さあ、いったいどうなるのでしょうか?
定価(本体1000円+税)
 
ページ数:
16
サイズ:
28X23cm
初版年月日:
1965年11月01日
ISBNコード:
978-4-8340-0050-4
読んであげるなら☆・ 3才から
自分で読むなら★・ 小学低学年から


会員の方は左メニューからログインすれば、レビューを書き込めます。未登録の方は、左のメニュー「会員登録・修正」からご登録ください。
パンくん大好き!
寒い寒いロシアの冬。
おじいさんが森の中で手袋を片方落としていきました。
それを見つけた動物達が次々と中に入っていくのですが
小さい手袋の中に。。?中はどうなっているんだろう?
いろんな想像力が働きます^^☆

梯子がかかったり、窓が出来たり、煙突まで!?(笑)
読めば読むほど新しい発見があります。
そして、もう入れない!むりだよ〜!!となったときにも
どうぞ♪と迎え入れる寛容さ。
とてもとても心温まるお話だと思います^^。

ハイディ
繰り返しが心地よい3歳児にうってつけの絵本です。小さな手袋の中に現実には入るはずのない大きな動物達が何匹も入っていく様子を想像することがまた素晴らしい絵本体験となっているようです。

53taro
『くいしんぼねずみ』『ぴょんぴょんがえる』『おしゃれぎつね』という呼び方がとても好きです。
『はいいろおおかみ』が入ってギュウギュウの手袋に『きばもちいのしし』も入りたいだなんて…。でもそこがこの手袋のスゴイところ!ちゃんと入れるのです。
「入れたのは1階にもドアが出来たからだ!」と子供心に納得したのを覚えています。
これが絵本の素晴らしいトコロですよね!
成長していくにつれて、そんな小さな発見を長い間感じなくなっていた自分が少し悲しい。でも、この絵本を読んで久しぶりに小さな頃、何もかもが驚きや発見だった頃を思い出しました。そんな気持ちを思い出させてくれた「てぶくろ」に感謝感謝です。



copy