ほんをさがそう
ほんのさがしかた
はじめての方へ
  • はじめての方へ
お知らせ
  • お知らせ
  • トピックス
  • イベント
  • レビュー一覧
あたらしい本
  • 最近出た本
  • これからでる本
  • 復刊限定出版
月刊誌のご案内
  • 年齢別一覧
  • こどものとも0.1.2.
  • こどものとも年少版
  • こどものとも年中向き
  • こどものとも
  • ちいさなかがくのとも
  • かがくのとも
  • たくさんのふしぎ
  • 母の友
おすすめ本ガイド
  • 絵本のたのしみかた
  • 赤ちゃん
  • 2,3才向き
  • 4才向き
  • 5,6才向き
  • 科学の絵本・知識
  • 小学校低学年向き
  • 小学校中・高学年向き
  • 中学・高校生向き
  • お母さん・お父さん
  • えほんQ&A
みんなの人気者
  • ぐりとぐら
  • ぐるんぱのようちえん
  • ばばばあちちゃん
  • だるまちゃん
  • うさこちゃん
  • タンタンの冒険
  • エルマーの冒険
  • 魔女の宅急便
  • 人気者・特集一覧
プレゼント
  • ブックカバー
  • スクリーンセーバー
  • 壁紙
  • パンフレット
  • おたのしみゲーム
  • 購入方法
  • 購入履歴
  • 買い物かごの中を見る
メールアドレス
パスワード
非SSLでログイン
・パスワードを忘れた方へ
会員登録・修正
あのねメール通信
幼稚園・保育園様へ
学校図書館様へ
書店様へ
会社案内
著作物の二次的使用について
FUKUINKAN SHOTEN PUBLISHERS,INC.



福音館書店

このサイトをご覧いただくにはFLASH PLAYERが必要です。ダウンロードするにはこちらのバナーをクリックしてください。
Get ADOBE Flash Player






世界傑作絵本シリーズ

三びきのやぎのがらがらどん
ノルウェーの昔話

橋の向こう側の山で、たくさん草を食べようと考えた3匹のヤギ。小さなヤギ、中ぐらいのヤギ、大きなヤギ、みんな名前は「がらがらどん」。橋をわたっている途中に谷に住むトロル(おに)にでくわしてしまいます。小さなヤギの機転によって、小さなヤギと中くらいのヤギはトロルから逃げて橋をわたることができました。とうとう、一番大きくて強いヤギがトロルに勝負を挑みます。3匹のヤギは無事に橋をわたることができるのでしょうか?
定価(本体1200円+税)
 
ページ数:
32
サイズ:
26X21cm
初版年月日:
1965年07月01日
ISBNコード:
978-4-8340-0043-6
読んであげるなら☆・ 4才から
自分で読むなら★・ 小学低学年から
特集を見る


会員の方は左メニューからログインすれば、レビューを書き込めます。未登録の方は、左のメニュー「会員登録・修正」からご登録ください。
まりももよ
4歳の娘が、がらがらどんごっこをするので、どんな絵本なのか読んでみました。

絵はとってもおどろおどろしいですが、娘だけでなく、保育園のお友達もみんな、がらがらどんが大好きなようです。

力強い大きなヤギのがらがらどんは、とってもカッコイイですね!!

それにしても、子供って、こういう作品が好きなんですね〜!
保育園の先生のおかげで、良い絵本に出会うことができました。


まおる
この本は私が子供の時に両親からプレゼントされた本です。大人になった今でもはっきり内容を覚えている本です。本に出てくるトロルは本当に不気味。子供も初めて読んだ時怖がって次にこの本を読むことを拒否するぐらいでした。声をヤギ達・トロルといろいろ変えて読んであげたら迫力満点で楽しめますよ!

Macco
3歳の娘が保育園で出会って気に入った絵本です。
トロルが出てくるシーンはとても怖いようですが、
無事に3匹のヤギが橋を渡り終えると『良かったね〜!』と一安心。

一見すると子供の目を惹き付けない感じの絵ですが、一度読むと子供の心に強く印象が残るようです。
とてもいい絵本だと思います。

さやぽん☆
親子2代で読んでいる本の1つです
ダイナミックな絵と繰り返しのお話は、私にとっては
懐かしい!
年少に上がる前に、園で読んでもらっているのを知り、息子がすごく好きで、「トロル!!」といっていたので我が家の絵本棚にも加わりました。
このダイナミックな絵に、息子は少しこわがるかなあと思いましたが、そんなことなく、のめりこんでいるのをみて、不朽の名作なんだなあと改めて実感しました。


睦月
2歳の娘です。やはり「トロル」が一番大好き?!
主人公の「がらがらどん」よりも気になるようで、「トロル見る〜」とピンポイントリクエスト。
怖い存在の「トロル」ですが、なんとなく憎めない存在です。シュールな感じもいいですね。
アニミズムが確立してくる年頃、「おばけ」の絵本としておすすめの1冊ですね。

セイウンスカイ
 4歳になる子どもが、幼稚園の読み聞かせで気に入り、本人が買って欲しいと希望した本です。
 筋は単純です。小さなヤギが機転を利かせて、トロルから逃げ、最後に大きなヤギが堂々と対決する。うちの子は、大きなヤギのたくましさが気に入っているようです。
 今年の夏にノルウェーに旅行しました。この絵本の絵の通りの山々、森が豊かに残っている国でした。
 絵本を開くたびに、その時のことを懐かしく思い出します。



copy