ほんをさがそう
ほんのさがしかた
はじめての方へ
  • はじめての方へ
お知らせ
  • お知らせ
  • トピックス
  • イベント
  • レビュー一覧
あたらしい本
  • 最近出た本
  • これからでる本
  • 復刊限定出版
月刊誌のご案内
  • 年齢別一覧
  • こどものとも0.1.2.
  • こどものとも年少版
  • こどものとも年中向き
  • こどものとも
  • ちいさなかがくのとも
  • かがくのとも
  • たくさんのふしぎ
  • 母の友
おすすめ本ガイド
  • 絵本のたのしみかた
  • 赤ちゃん
  • 2,3才向き
  • 4才向き
  • 5,6才向き
  • 科学の絵本・知識
  • 小学校低学年向き
  • 小学校中・高学年向き
  • 中学・高校生向き
  • お母さん・お父さん
  • えほんQ&A
みんなの人気者
  • ぐりとぐら
  • ぐるんぱのようちえん
  • ばばばあちちゃん
  • だるまちゃん
  • うさこちゃん
  • タンタンの冒険
  • エルマーの冒険
  • 魔女の宅急便
  • 人気者・特集一覧
プレゼント
  • ブックカバー
  • スクリーンセーバー
  • 壁紙
  • パンフレット
  • おたのしみゲーム
  • 購入方法
  • 購入履歴
  • 買い物かごの中を見る
メールアドレス
パスワード
非SSLでログイン
・パスワードを忘れた方へ
会員登録・修正
あのねメール通信
幼稚園・保育園様へ
学校図書館様へ
書店様へ
会社案内
著作物の二次的使用について
FUKUINKAN SHOTEN PUBLISHERS,INC.



福音館書店

このサイトをご覧いただくにはFLASH PLAYERが必要です。ダウンロードするにはこちらのバナーをクリックしてください。
Get ADOBE Flash Player






こどものとも絵本

おおきなかぶ
ロシアの昔話

おじいさんが植えたかぶが、甘くて元気のよいとてつもなく大きなかぶになりました。おじいさんは、「うんとこしょ どっこいしょ」とかけ声をかけてかぶを抜こうとしますが、かぶは抜けません。おじいさんはおばあさんを呼んできて一緒にかぶを抜こうとしますが、かぶは抜けません。おばあさんは孫を呼び、孫は犬を呼び、犬は猫を呼んできますが、それでもかぶは抜けません。とうとう猫はねずみを呼んできますが……。力強いロシアの昔話が絵本になりました。
定価(本体900円+税)
 
ページ数:
28
サイズ:
20X27cm
初版年月日:
1966年06月20日
ISBNコード:
978-4-8340-0062-7
読んであげるなら☆・ 3才から
自分で読むなら★・ 小学低学年から

関連する本
大型絵本おおきなかぶロシア民話

会員の方は左メニューからログインすれば、レビューを書き込めます。未登録の方は、左のメニュー「会員登録・修正」からご登録ください。
さぎりさん
遂に購入いたしました。園でもよく読んでもらうし、図書館でもよく借りるし、と我が家の本棚には並ぶことがなかったのですが、「絵のとおりにぬいぐるみを並べてみたい」という息子の一言で決断。おはなし自体もさることながら、佐藤忠良さんの絵が、日本でこのお話と出会えたことの喜びを感じさせてくれます。色彩の優しさ、大小のコントラストの素晴らしさ、「うんとこしょどっこいしょ」と口ずさむ子どもたちの頭にはきっとこの絵がめぐっているのでしょう。
同じ佐藤さん画の『おひゃくしょうとえんまさま』の復刻を切に願っています。

まおる
やっぱり名作ですよね。絵本を読んでいたらなぜだか一体となってかぶを抜いている気持ちになります。うんとこしょ、どっこいしょ。娘も何度も読んでいるせいか、一緒になって読みます。そして最後のねこの次に出てくるのはねずみ!とねずみが出てくる前に叫んでました。なんど読んでも面白い絵本。ずっと図書館で何度も借りているのですがもうそろそろ購入したいです。

さやぽん
うちの子も始めてこの絵本を読んだのは2歳のとき。保育園ででした。
帰ってくるなり、「うんとこしょどっこいしょ。」といっているのを聞いて、あ「大きなかぶ」を読んでもらったのね。ってわかるくらい定番ですよね。
「うんとこしょどっこいしょ。うんとこしょどっこいしょ。」この言葉は魔法みたい。
ついつい何か引っ張るときに、そういっちゃうくらい体の一部になってしまっています。
私も子供の頃大好きな作品でした。
親子2代にわたって読んでいます。

ようとも
何度、読み返しても、本当に楽しい絵本です。親子で大好きです。「うんとこしょ、どっこいしょ」と何度もつぶやきます。絵本を読み終わった後でも、いぬ、ねこ、ねずみとお友達になって、今度は、兄弟で「ママの大きなかぶをぬく」ゲームなどして、ママを引っ張ったり、くまやコアラのぬいぐるみを連れてきて、「うんとこしょ、どっこいしょ」とやっています。幾重にも遊びに展開するすてきな絵本をありがとうございます。これからもずっと、読みつがれていくことを願っています。



copy