ほんをさがそう
ほんのさがしかた
はじめての方へ
  • はじめての方へ
お知らせ
  • お知らせ
  • トピックス
  • イベント
  • レビュー一覧
あたらしい本
  • 最近出た本
  • これからでる本
  • 復刊限定出版
月刊誌のご案内
  • 年齢別一覧
  • こどものとも0.1.2.
  • こどものとも年少版
  • こどものとも年中向き
  • こどものとも
  • ちいさなかがくのとも
  • かがくのとも
  • たくさんのふしぎ
  • 母の友
おすすめ本ガイド
  • 絵本のたのしみかた
  • 赤ちゃん
  • 2,3才向き
  • 4才向き
  • 5,6才向き
  • 科学の絵本・知識
  • 小学校低学年向き
  • 小学校中・高学年向き
  • 中学・高校生向き
  • お母さん・お父さん
  • えほんQ&A
みんなの人気者
  • ぐりとぐら
  • ぐるんぱのようちえん
  • ばばばあちゃん
  • だるまちゃん
  • うさこちゃん
  • タンタンの冒険
  • エルマーの冒険
  • 魔女の宅急便
  • 人気者・特集一覧
プレゼント
  • ブックカバー
  • スクリーンセーバー
  • 壁紙
  • パンフレット
  • おたのしみゲーム
  • 購入方法
  • 購入履歴
  • 買い物かごの中を見る
メールアドレス
パスワード
非SSLでログイン
・パスワードを忘れた方へ
会員登録・修正
あのねメール通信
幼稚園・保育園様へ
学校図書館様へ
書店様へ
会社案内
著作物の二次的使用について
FUKUINKAN SHOTEN PUBLISHERS,INC.



福音館書店

このサイトをご覧いただくにはFLASH PLAYERが必要です。ダウンロードするにはこちらのバナーをクリックしてください。
Get ADOBE Flash Player


はじめての方へ 本の購入方法 パンフレットのお申込み
あかちゃんの絵本 2,3才向きのえほん 4才向きのえほん 5,6才向きのえほん 科学のえほん 知識のえほん 小学校低学年向きの本 小学校中・高学年向きの本 中学・高校生向きの本 お母さん・お父さんのための本 えほんQ&A

 

絵本について、よく聞かれる疑問・質問などにお答えするコーナーです。
*絵本に関するパンフレットをお送りします。お申し込みはこちらから
赤ちゃんに絵本を読んであげようと思うのですが
子どもを本好きにしたいのですが
早く字を教えて、自分一人で絵本を読めるようにしたいのですが
絵が地味だったり、一色で描かれている絵本より、カラフルなもののほうがよいのでしょうか?
忙しくて、なかなか本を読んであげられないのですが。
同じ絵本を何度も何度も読ませられます。これはどういうわけでしょうか。ほかの本を読むようにしむけたほうがよい?

赤ちゃんに絵本を読んであげようと思うのですが
 子どもの心を豊かに育てるためには、肌の触れ合いと同じように、お母さんやお父さんからの心のこもった語りかけが欠かせません。かつてお母さんやお父さんは、心をこめて「子守り歌」を唄ってあげたり、話しかけたりすることで、子どもを育ててきました。ところが最近は、赤ちゃんにどのように話しかけたらよいのかわからないという声を聞きます。そんな時にこそ、絵本が力を発揮します。赤ちゃんは、生後10ヵ月頃から絵本を楽しめるようになります。一冊の絵本を通して、親子で笑ったり喜んだりしながら、体を寄せ合い、気持ちを通わせることで、親子のつながりがさらに深まっていきます。そのなかで、赤ちゃんは、言葉の美しさや面白さを知り、たくさんの言葉を体験していくのです。

 2才くらいまでの子どもたちは、さそいかけるような呼びかけや繰り返しの言葉、リズムや動きがある響きのよい言葉に強くひきつけられます。この年令の子どもたちへの「言葉」とは、子どもに媚びるような甘ったるい言葉や、反対にこれでもかというような刺激的な言葉ではなく、心から子どもに語りかける言葉でなければなりません。絵についても同じことです。子どもが言葉を身につけるには、言葉を具体的なイメージで心に描くことができなければなりません。それには、絵本の中の言葉を的確に表現した絵に接することが大切です。
 子どもたちは、絵本の楽しさを、大切なお母さんやお父さんを通してたっぷり味わうことで言葉を聞く喜びを知っていくのです。赤ちゃんを膝に抱いて、親子でお互いのぬくもりを感じながら、絵本をお楽しみください
このページのトップへ ↑

子どもを本好きにしたいのですが
 子どもを本好きにすること・・これは決してむずかしい問題ではありません。子どもは元来欲張りで、自分中心で、自分にとっておもしろいことなら、おとなからとやかく言われなくてもやります。楽しいと感じることなら、おとなが禁止しても、隠れてでもやります。ですから、本を読むことが面白くてたまらない、楽しくて仕方がない、と思い込んでいる子どもは「本を読みなさい」と言われたり、とくに読書指導などをされなくても、勝手にどんどん本を読みます。

 つまり幼児期から“本というものはなんておもしろいんだろう”ということを、身にしみて体験しなければ、本好きの子どもにはなりません。そのためには、“本”で子どもを苦しめたり、早くから字を教えて、絵本を無理に読ませたりしないことです。
 近頃は、幼児期から家庭でアイウエオを教え、絵本を早くからひとりで読めるようにする傾向がありますが、本嫌いにするのに、これほど有効な方法はありません。絵本でつらい目にあったり、苦しめられたりした子どもは、絵本好きにも、読書好きにも育ちません。
 それよりも、その子の好きな絵本を、繰り返し繰り返し、親が子どもに読んであげることです。お母さんやお父さんが絵本を読んでくれること、そのことが幼児にはうれしいのです。その上、その絵本が自分のお気に入りの絵本であれば、こんな楽しいことはありません。この楽しさは、必ず子どもの心に深く残ります。おとなは忘れてしまっても、この喜びは、子どもの成長とともに育ち、それが本への興味へとつながっていきます。

このページのトップへ ↑

 
早く字を教えて、自分一人で絵本を読めるようにしたいのですが
 5、6歳の幼児が、自分で本を読むのと、おとなに読んでもらうのでは、どちらがよくわかって楽しいでしょうか? もちろん、おとなに読んでもらうほうが楽しいに決まっています。  幼児の読書ということを考えますと、いちばんたいせつなことは、「本は楽しいものだ」ということを徹底的に知らせてやることです。もし「本はなんてイヤなものだ」と思ったりしたら、子どもはもうけっして本の世界へは飛び込まないでしょう。テレビやマンガのほうへ一直線に進むでしょう。

 まだすらすらと文が読み取れない幼児に、無理に本を読ませることは、その子を本嫌いにさせる最良の方法です。ですので、幼児期には1にも2にも、本を読んであげることに徹してください。もしそうした中で、子どもが自分からすすんで文を読み、本を読もうとしたときは、大いにはげましてやることです。
 でも、「最後までちゃんと読みなさい」なんて子どもをおどかさないでください。読めたところまででいいのです。
 また、「この子は絵本が読めるようになったから、今度は童話を」などという考えもおこさないことです。読みやすい絵本を何度もくりかえし読むほうが、読書に対する自信をつけることになります。

このページのトップへ ↑

絵が地味だったり、一色で描かれている絵本より、カラフルなもののほうがよいのでしょうか?
 絵本の楽しさは、絵がきれいだとかかわいい、文章が少ないといったこととまったく関係がありません。
 もちろん色彩豊かで、明るい絵の絵本を子どもがよろこぶという見方もあります。でも、はじめは子どもの眼をひくかもしれませんが、そんな表面的なことで、子どもは満足しません。子どもの眼は大人よりはるかに鋭く、厳しいのです。
 たとえば『いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう』や『もりのなか』のさし絵は、黒一色ですが、圧倒的な人気があります。『どろんこハリー』も地味な三色で描かれているのに、驚くほど幼児の支持を得ているのはどうしてでしょうか。
 それは物語の進め方のうまさと、それに合ったさし絵がすみずみまでじつにうまくとけあって、物語をよく語っているからです。
 絵が物語を語るということは、上記の『いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう』『もりのなか』『どろんこハリー』や『てぶくろ』などをご覧くだされば、よくおわかりになるでしょう。文を読まなくても、絵を見ただけで、話のストーリーが不思議なくらいよく読みとれます。それに、優れた画家は絵の細かいところに、細心の注意をはらって、文章に書きあらわされていない物語のいろいろな部分をも、絵で語って子どもの期待に答えます。
このページのトップへ ↑

忙しくて、なかなか本を読んであげられないのですが。
 1冊の絵本は、5分から10分もあれば読み終えられるものがほとんどです。ですから、その気持ちさえあれば、絵本を読んであげる時間は、だれにでもいくらでも見つかると思います。そのひとときの時間は、親と子の気持ちが自然に寄り合い、通い合います。そのことは、子どもにとってとても楽しい体験であると同時に、親にとっても楽しい、親としての気持ちも満足させられる時間だと思います。それに子どもが大きくなったときも、この楽しい思い出は、親にも子どもにも心の中にはっきりと残るものなのです。それが人間の絆というものではないでしょうか。
このページのトップへ ↑

同じ絵本を何度も何度も読ませられます。これはどういうわけでしょうか。ほかの本を読むようにしむけたほうがよい?
 同じ絵本をくりかえし読んでほしがるのはとてもよいことです。読み手は大変ですが、できるだけ読んであげてください。子どもはある1冊の絵本に興味をもち、その中に喜びを見いだすと、あきるまでくりかえし何度でもそのよろこびや楽しさを確かめたいのです。
 おとなでも自分の好きな音楽をくりかえし聞くではありませんか。しかしそうした好みも少しずつ変化し、ときには突然好みが変わります。それは何らかの精神的な変化や成長のためです。子どもの絵本に対する好みも同じで、やがて変わります。そして二度とかえりみないこともあり、またある時期がすぎると、再びとり出してみることがあります。
 くりかえし1冊の絵本をみていますと、はじめはわからなかったところがわかるようになり、気づかなかったことに気づくこともあります。本の中に発見することがだんだん多くなり、その本の世界を通して想像する世界も充実し明確になってきます。こうして子どもは1冊の絵本を時間をかけて読みとっていきます。これが成長です。

おすすめ本ガイドトップへ


copy