☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

 ★あのねメール通信~福音館書店メールマガジン2012年3月7日 Vol.124★
           

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


          ◆◇◆  CONTENTS  ◆◇◆

《1》連載:絵本の散歩道(最終回) 吉田新一
《2》月刊誌最新号<4月号>のご案内
《3》月刊誌編集部からこんにちは
《4》『みっつのねがい』の訳者前沢明枝さんのエッセイ
《5》3月の新刊のご案内
《6》書籍編集部だより
《7》大好評!絵本の定期便「あのねぶっくくらぶ」申込み受付中!
《8》福音館書店創立60周年記念講演会インターネット中継のお知らせ
《9》原画展のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《1》連載:絵本の散歩道(最終回) 吉田新一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★2002年改訂の英語版 "The Tale of Peter Rabbit"
『ピーターラビットのおはなし』
ビアトリクス・ポター さく/いしいももこ やく

 『ピーターラビットのおはなし』の原書、英語の"The Tale of Peter Rabbit"
には書誌的に興味深い変遷があります。最初は自費出版の私家版で、絵は口絵一
枚だけが彩色画で、他はすべて無彩色、黒の線描画でした。それを元にビアトリ
クス・ポターが、絵をすべて彩色画に描き直し、テキストも練り直したものを、
フレデリック・ウォーン社が商業版として1902年10月に出版しました。が、ウォ
ーン社はその第4刷 (1903年) から、本の前後の見返しに彩色デザイン画を入れ
るため、本文の一部の絵を省きました。そして、その形がずっと踏襲されてきま
したが、ウォーン社は2002年に『ピーターラビットのおななし』の新版を出して、
本の初めに次のような「出版社メモ」を付けています。
 「本書は、フレデリック・ウォーン社が1902年に『ピーターラビットのおはな
し』を最初に出版してから100年を記念して、新たに挿絵と文字の字体を組み直し
たものです。現代の印刷とデザインの技術を活用して、初版を基準に、ビアトリ
クス・ポターの意図に忠実に従うことを制作目的としました。従来の版と比べ、
原画の水彩の色彩と細部がより正確に再現でき、原画が年数の経過でこうむった
傷みも今日は補修が可能になりました。活字の文字も繊細な挿絵と調和した、現
代にふさわしい書体に改めました。特筆すべきは、6枚の挿絵を復元追加できた
ことです。ページ10、18、49、62の4枚は1903年の版以降、見返しに絵を入れる
ために省かれたもので、ページ33、54の2枚はこれまで一度も使われなかった絵
です。ビアトリクス・ポターは当初、初版で入れられなかった挿絵も準備してい
ました。」
 この新版は、著名なブックデザイナーであるダグラス・マーティン氏によって
制作されました。用紙は、従来の真っ白で照りのあるコート紙をやめて、白より
も少しクリームがかったつや消し紙が使われました。活字の書体は、18世紀のウ
ィリアム・カスロンによるオールド・スタイル・ローマンと称される、丸みのあ
る、読みやすい、美しいイギリス固有の活字に変えられました。そのイングリッ
シュネスがポターにもっとも相応しいと考えられたからです。文字組みは、一行
6字見当で、固有名詞がハイフンで改行されるのを避けました。他にもまだ、見
返しや表紙のデザインや本のカバーなどに新工夫が見られますが、上記「特筆す
べき」箇所を見ると、ポターによる<絵本作りの基本>がひじょうによく分かり
ます。復元追加された6枚の絵はいずれもそれぞれテキストに密着して描かれて
いますが、ここではその内の幾枚かを、邦訳版と対比して、ポターの絵本の作り
方を学んでみましょう。
 邦訳版14ページのテキストは、新版 (初版) では、二つに分けられています。
すなわち、ピーターが「むりやり、きどのしたから、もぐりこみました」という
くだりだけが15ページの絵とセットされていて、テキストの前の部分は、 (絵本
の表紙にある絵と同じ) < ピーターが走って行く姿>の絵とセットされ、新しい
見開きページになっています。従って、その見開きから次へ<ページめくり>が
あり、短い<間>が生じます。その<間>が、次なるピーターの行動に対してサ
スペンスを生み、ピーターが木戸の下から畑へスクイーズする場面が、ドラマテ
ィックに、クローズアップで表現される、という寸法になります。邦訳版38~41
ページのくだり2見開きは、新版 (初版) では3見開きで展開しています。すな
わち、38ページのテキストは「…からだは びしょぬれでした」で区切られます。
文のその後は、41ページの前半 <ピーターは出入り口を見つけたが、鍵がかかり、
また、通り抜けるすきまもない> というくだりと合体されて、見開きに<ピータ
ーが石塀の出入り口へ近づいて行く絵>とセットされています。そして、次の見
開きが40ページの絵と、41ページ後半の文でまとめられているので、ピーターが
マグレガーさんの畑から脱出できず困惑しているようすが、よく伝わってきます。
邦訳版45ページで、テキストの前半に、ピーターが鍬の音に警戒して、小さな木
の下へ逃げ込むくだり、新版 (初版) ではその箇所が、<ピーターが木蔭に隠れ
ている>素適な絵とセットで、新しい見開きがあり、その次に邦訳版の45ページ
の残りの文と、44ページの絵が見開きで続きますから、ここでも文と絵が緊密に
連動しています。このように絵が省かれた箇所では、単にテキストを機械的に前
後へ移動させているだけですから、ポターの絵本作りの妙技を本当に味わうには、
新版を見る必要があります。『ポター伝』の著者で、著名な編集者であったジュ
ディ・テイラー女史が、新しい絵本の評価をするときは常にポターを試金石にし
ていたと語っていることばに、私は改めて共感を覚えずにおられません。

★『ピーターラビットのおはなし』
 ビアトリクス・ポター さく/いしいももこ やく


吉田新一(よしだ しんいち)
1931年東京生まれ。日本イギリス児童文学会会長、絵本学会初代会長、国立国会
図書館客員調査員、日本女子大学教授等を歴任。立教大学名誉教授。著書に『絵
本の魅力』『ピーターラビットの世界』『絵本/物語るイラストレーション』
(以上、日本エディタースクール出版部)、訳書に『宝さがしの子どもたち』
『オーラのたび』『ビアトリクス・ポター 描き、語り、田園をいつくしんだ人』
(以上、福音館書店)『ランドルフ・コールデコットの生涯と作品』(絵本の家)
等がある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《2》月刊誌最新号<4月号>のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆月刊誌最新号<4月号>は、好評発売中です。

◇◆こどものとも0.1.2.『ねんね ねんね』
                           ひろのたかこ 作  定価410円              ◇◆

赤ちゃんがねんね。ねんねしながら笑ったりあくびをしたり。わっ、大変泣き出
した! ねんねする赤ちゃんを柔らかなタッチで描きます。

◇◆こどものとも年少版『あーそーぼ』
                        やぎゅうまちこ 作    定価410円              ◇◆

友達の家に「あーそーぼ」と誘いに行くと……。わらべ歌をもとにした言葉のか
け合いが楽しく、子どもの日常が生き生きと描かれます。

◇◆こどものとも年中向き『なっちゃんが ちっちゃかったころの おはなし』
                          なべたけいこ 作  定価410円               ◇◆

なっちゃんは、ちっちゃくちっちゃく生まれてきたんですって。どのくらい小さ
いかって? ベッドはマッチ箱、スプーンは耳かき、遊び道具はお玉なんです。

◇◆こどものとも『おおきな ありがとう』
           きたむらえり 作/片山健 絵  定価410円           ◇◆

「ありがとう」には大きいのと小さいのがあるんだと聞いたうさぎは、自分も
「大きなありがとう」を言ってもらいたいなと思います。

◇◆ちいさなかがくのとも『だんごむしの おうち』
             澤口たまみ 文/たしろちさと 絵 定価410円  ◇◆

だんごむし、いっぱいみつけたよ。まわりを線で丸く囲んで……。はいっ、ここ
がだんごむしのおうち! あっ、外にでちゃだめ!!

◇◆かがくのとも『さとやまに はるがきた』      
         松岡達英 作  定価410円               ◇◆

野山の雪がとけてくると、植物も生きものもいっせいに活動し始める雪国の春。
だれもが待ちこがれる春の到来を描いた絵本です。

◇◆たくさんのふしぎ『ゴリラが胸をたたくわけ』
           山極寿一 文/阿部知暁 絵  定価700円          ◇◆

ゴリラが胸を叩くのは、戦いの宣言だと言われてきました。でも、それは全くの
誤解で、ゴリラは争いたくないから胸を叩くのです。

◇◆母の友 特集「朝ごはんで、はじめよう。」
         定価530円                                         ◇◆

特集は「朝ごはんで、はじめよう。」「絵本作家の書斎」は作家でもある松岡享
子さんをご紹介。今年度からMAYA MAXXさんの動物が表紙です。
★こちらから「母の友」4月号の目次をご覧いただけます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《3》月刊誌編集部からこんにちは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆毎月交代で月刊誌の編集部から、読者の皆様にむけてメッセージをお届けして
います。今月はこどものとも第一編集部です。「母の友」編集室からのメッセー
ジもお送りしています。

◇◆こどものとも第一編集部から◇◆
 春は、子どもたちにとって入園や卒園、進級と、友だちとの別れや出会いで、
心が何となくざわざわする季節ですね。大人になっても、春は何となく落ち着か
ない気分になります。花粉症の方はやや憂鬱な季節でしょうか。そんなときは、
やはり子どもと絵本! ゆったり、楽しく過ごせます。
 今年の「こどものとも」4月号は、『おおきな ありがとう』(きたむらえり
さく・片山健 え)です。「ありがとう」のこと、たちどまって考えたことはあ
りますか? 普段何気なく使っていることばですが、こんなにも人間関係をよく
してくれる簡単なことばはないのではないでしょうか。子どもたちも、「ありが
とう」と言われると、とても嬉しそうです。人の役に立てるって、本来とても気
持ちのいいことですものね。今回は、「ありがとう」には大小があると聞いたう
さぎが、自分だけが「おおきなありがとう」をもらえないことにがっくりして、
どんな「ありがとう」が「おおきなありがとう」なんだろうと考えるお話です。
感受性豊かなうさぎの姿を、生き生きと優しく片山健さんが描いてくださいまし
た。自分はだめだなと自信を失っている子どもたちをそっと支えてくれるような
静かな味わい深い作品です。どうぞじっくりお楽しみください。
 「こどものとも年中向き」4月号は、またガラッと違う作風のユーモアあふれ
る元気な作品『なっちゃんが ちっちゃかったころの おはなし』(鍋田敬子 さ
く)です。合わせてお楽しみください。

★こちらから「こどものとも」をご覧いただけます。

★こちらから「こどものとも年中向き」をご覧いただけます。



◇◆「母の友」編集室の窓から◇◆
 「母の友」は今年度からMAYA MAXXさんの愛らしい動物が毎月の表紙を飾りま
す。今月はラブリーなパンダちゃんが登場。どうぞよろしく! 特集「朝ごはん
で、はじめよう。」では、朝の食事が体を目覚めさせ、一日をすごす大切なエネル
ギー源であるとして、もう一度、朝ごはんから子どもの生活リズムを見直すご提案
です。好評の「絵本作家の書斎」は、今回は『とこちゃんはどこ』『おふろだいす
き』など魅力的な物語作家としても知られる松岡享子さんをご紹介します。
 『エルマーのぼうけん』の作者、ガネットさんの評伝や、楽しい育児まんが、震
災後の私たちを追うルポタージュ「ハハトモタイムズ」など、4月号からの新連載
も満載です。

★こちらから「母の友」4月号の目次をご覧いただけます。

★こちらから「母の友」のブログをご覧いただけます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《4》『みっつのねがい』の訳者前沢明枝さんのエッセイ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    魔法の絵葉書
                             前沢明枝

 2007年の夏、私は某美術館で開催されていた国際絵本原画展を見にでかけまし
た。そこで1枚の絵に心を奪われました。画面中央に大きなハートが描かれた絵
です。それは赤い糸をぎっしりと巻きつけて作ったようなハートで、中心部分に
奇妙な鳥が仁王立ちしています。画面右下には、端正な顔立ちの老人が、くすん
だオレンジ色の服をまとい、こちらを見て座っています。描かれているのはそれ
だけですが、絵から、なにかが起こりそうな気配を感じるのです。私は興奮して、
その絵の絵葉書を何枚も買いました。帰ってからも、その絵葉書で手紙を書いた
り、幾度となくながめたりしていました。
 次の年の秋、私はデンマークで開催された国際児童図書評議会の世界大会に参
加しました。ホテルのバンケットルームでの昼食の時、大きな円卓に空いている
席を見つけ、そこに座りました。私の左には、内気そうな若い女性が座っていま
す。私はその人に名刺を差し出して挨拶をしました。すると女性は、少し、はに
かむように、「私はエストニアのイラストレーターです。名刺を持っていないの
で、私の描いたイラストをどうぞ」と言って絵葉書を差し出したのです。それを
見た瞬間、私は、あっと息をのみました。それはまさに私が美術館で買った、あ
の絵葉書だったのです。
 イラストレーターの名はピレット・ラウド。彼女は言いました。
「日本の美術館が『絵葉書を作ります』と連絡してきたときは、いったいどんな
人が私の絵葉書を買うんだろうと思っていたの。目のまえに買った人が現れるな
んて!」
 ピレットさんに会ったのはそのときだけでしたが、お互い国にもどってからも、
写真やイラストを交えて近況報告を続けました。彼女のイラストに描かれる物や
人物は、その淡く美しい色彩とは裏腹に強烈な個性を放ちます。真面目な表情の
人物を描いていても、絵に可笑しなリズムがあって、見ていると思わず笑みがこ
ぼれたりします。
 私はピレットさんの絵のもつ不思議な力に魅せられ、「彼女の作った絵本を日
本の人たちに見てほしい」と思うようになりました。その気持ちをK編集者に伝
え、折に触れ彼女の絵を紹介しました。それから二年、ついに彼女のイラストで
エストニア民話の絵本を作ることになったのです。
 数あるエストニア民話の中で、ピレットさんが「描いてみたい」と思う話と、
私たちが「ピレットさんに絵をつけて欲しい」と思う話が一致、そしてできたの
が『みっつのねがい』です。主人公の夫婦の願いは、想像を絶する形で(!?)
叶えられていきます。ピレットさんは、美しく、ユーモラスに、私たちの知らな
いエストニアの世界を描き出してくれました。
 こうして、「ピレットさんの絵本を日本の人たちへ」という私の願いは、望み
うる最高の形で叶えられたのです。遠く離れたエストニアの作家と私を引き合わ
せてくれた、あの絵葉書の老人が叶えてくれたのでしょうか。事実は絵本よりも
奇なり、です。

前沢 明枝(まえざわ あきえ)
アメリカのウェスタンミシガン大学で英米児童文学、ミシガン大学大学院で言語
学を学ぶ。帰国後は海外の絵本や児童文学の紹介・翻訳をし、絵本を題材に比較
文化の研究を続ける。現在は早稲田大学、武蔵野美術大学で教鞭をとる。翻訳絵
本に『いつか空のうえで』(小学館)『にたものランド』(徳間書店)『ピンク
のれいぞうこ』(ひさかたチャイルド)「ミスター・ベン」シリーズ(朔北社)
『ビバリーとしょかんへいく』(文化出版局)など多数がある。東京都在住。

★『みっつのねがい』エストニアの昔話 
  ピレット・ラウド 再話・絵/まえざわあきえ 訳


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《5》3月の新刊のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《3月7日(水)出荷開始》
★『中を そうぞうしてみよ』
  佐藤雅彦+ユーフラテス 作 定価945円

椅子、鉛筆、ボールペン、貯金箱など身近なものの中身をX線写真を使って透か
して見ると、いつもと違うものや、見えなかったものが見えてきます。

★『フェリーターミナルの いちにち』
  石橋真樹子 作 定価945円

発着するフェリーはもちろん、荷物運搬の自動車も登場するフェリーターミナル。
最終便のフェリーが出るまでの夏の一日を描いています。

《3月14日(水)出荷開始》
★『きこえる?』
   はいじまのぶひこ 作 定価1470円

聞こえる? 葉っぱの揺れる音。川の流れる音。波の寄せる音に……。ページを
開いて、そっと静かに耳をかたむければ、心の中に音の世界が広がります。

★『まきばののうふ』 アメリカ民謡
  イルセ・プルーム 絵/わたなべてつた 訳 定価1155円

日本でもなじみぶかいアメリカ民謡が、コールデコット・オナー賞画家の手で絵
本になりました。子どもと一緒に歌って楽しい、遊んで嬉しい絵本です。

★『ナスレディンのはなし』 トルコの昔話
  八百板洋子 再話/佐々木マキ 絵 定価1260円

ナスレディンは、イスラム世界で親しまれている昔話の主人公。機知とユーモア
で、大活躍する話は、小学生のイスラム文化入門にもなります。

★『あなた』
  谷川俊太郎 文/長新太 絵 定価1260円

「わたし」はひとりですが、「あなた」はたくさんの。社会は「あなた」の集ま
りです。詩的な言葉とユーモラスな絵で、人間の本質的な疑問に答えます。

★『こいぬをむかえに』
  筒井頼子 文 /渡辺洋二 絵  定価1260円

はじめて抱く子犬の感触、自分の子犬に名前をつける気持ち……。子犬をもらい
にいった男の子の心の動きをみごとにとらえた作品です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《6》書籍編集部だより
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆絵本・童話第一・童話第二・科学書の編集部から毎月交代で読者の皆様にむけ
たメッセージを お届けします。今月は絵本編集部です。

◎絵本編集部から

外国のお話の絵本・2冊

 去年の11月にモンゴルの物語絵本『おかあさんとわるいキツネ』が、そして今
年の1月に、エストニアの昔話絵本『みっつのねがい』が出版されました。
 『おかあさんとわるいキツネ』の作家ガンバートルさんと画家ボロルマーさん
は、今、日本に留学している若いご夫婦です。オルツと呼ばれるテントのなかの
様子、赤ちゃんの寝ているハンモック、親子のトナカイの図柄の壁掛け、ひとつ
ひとつが、やさしく、温かく、たくさんのトナカイも一匹ずつが描き分けられ、
モンゴルの空気まで吸うことができるような素敵な絵です。
 『みっつのねがい』は、若いエストニアの女性、ピレットさんが描きました。
こちらは、エストニア在住の方。編集部のだれひとり、お目にかかってはいませ
ん。訳者の前沢さんが、スカイプやコンピュータを駆使して、編集部と画家をつ
ないでくださいました。この絵本も、お話のおもしろさももちろんですが、素朴
な木のスプーン、布を編んだと思われる敷物、ひとつひとつがエストニアのにお
いを運んでくれます。
 2作ともに、海外で出版された本を翻訳するいわゆる「翻訳絵本」ではなく、
福音館が企画・編集した「書き下ろし」絵本です。海外との交流もふえ、画家の
方も、作家の方も、広く、世界中の方々にお願いできるようになりました。これ
からも続々と海外の著者の方の作品が生まれる予定です。楽しみにしていてくだ
さい。

★『おかあさんとわるいキツネ』モンゴルのおはなし
  ガンバートル 文/ボロルマー 絵/つだのりこ 訳


★『みっつのねがい』エストニアの昔話 
  ピレット・ラウド 再話・絵/まえざわあきえ 訳



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《7》大好評!絵本の定期便「あのねぶっくくらぶ」申込み受付中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

福音館書店が自信をもっておすすめする、選りすぐりの絵本と童話を毎月1冊ず
つ、お子さまの成長にあわせてみなさまのお手元に直接お送りする「あのねぶっ
くくらぶ」は、新年度のラインナップをそろえて、ただ今、申込み受付中です!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《8》福音館書店創立60周年記念講演会インターネット中継のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 読者の皆様に支えられて、福音館書店は2012年2月、創立60周年を迎えました。
小社では、これを記念し、3月18日に神戸で、4月8日に東京で講演会を開催する
ことにいたしましたが、たくさんの皆様の参加希望をいただき、どちらの会場も
早々に受付を締め切らざるを得なくなりました。たいへん申し訳ございませんで
した。
 多くの皆様のご希望にお応えできないことを心苦しく思いまして、このたび、
4月8日東京会場における講演会を、インターネットで生中継し、パソコンの画
面上でご覧いただけるようにすることを決定いたしました。

 中継はUstreamを利用いたしますが、小社のホームページの次のページでもご
覧いただけるようにいたします。


(現在はまだ準備中です)

 講演の内容等は前号でお知らせしたように次のとおりです。

●講演内容
「子どもの未来と絵本」をテーマに、この激動の時代に子どもに関わる全ての大
人にとって、必要な心のあり方と、それに絵本がどう働きかけていくことができ
るのかを、佐々木正美さんと中川李枝子さんに語っていただきます。
・佐々木正美さん
 演題『子どもの心に希望を育てる-人を信じて、自分を信じる-』
・中川李枝子さん
 演題『しあわせなとき』

●日時 2012年4月8日(日) 講演14:30~18:00
●会場 ヤクルトホール 東京都港区東新橋


詳細はあらためて小社ホームページおよび次号のメールマガジンでお知らせいた
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《9》原画展のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●安野光雅の絵本展
会期:2012年2月25日(土)~2012年3月25日(日)
会場:板橋区立美術館
   〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
問い合わせ先:TEL  03-3979-3251
入館料:一般600円/高・大生400円/小・中学生150円
    (毎週土曜日は高校生以下無料)



************************************
このメールの再配信、および掲載された記事の無断転載を禁じます。
定価はすべて消費税5%込みの価格です。
◆配信先の変更および解除は次のページからおこなうことができます。

◆発行:株式会社福音館書店 広報宣伝部広報宣伝課
************************************