あのねメール通信
福音館書店メールマガジン2014年4月2日 Vol.161
4月は心うきうき、胸はどきどき!
 いつも「あのねメール通信」をご愛読くださいましてありがとうございます。
 桜前線も列島をただいま北上中、ぽかぽかした陽気のもと、子どもは入園・入学・進級、大人は就職・転職・配転など、環境が大きく変化して、希望と不安に心浮き立つ季節です。
 まずはひとまず深呼吸。絵本を読んで心を落ち着けてみませんか。
《1》新刊『おばけのたんけん』の作者西平あかねさんのエッセイ

「おばけのさくぴーとたろぽうのおはなし」シリーズのこと
                            西平あかね 

おばけのたんけん  むかしむかし、なかなか寝ない子どもたちに「はやく寝ないと、おばけがくるよ。」と言ったら、2人とも「こわい」「こわい」と 頭まですっぽり布団にもぐってしまいました。「おばけの子も、"にんげんがこわいよ~"って言うかもね。」と言ったら、「ええっ、子どものおばけもいるの?」「そうよ。」「じゃあ、おばけのおかあさんもいるの?」こわがりながらも興味津々の子どもたちに、おばけの暮らしを思いつくまま話したのが、おばけの絵本のもとになりました。
 タイトルは最初『おばけのいちにち』としていましたが、「それだと、長新太さんの絵本に同じタイトルのものがあるから、『おばけかぞくのいちにち』にしたらどうでしょう?』と、編集者さんが考えてくれて、ただの"おばけ"から、"おばけかぞく"となりました。不思議なことに"かぞく"がつくと、ぐんと親しみが増して、おばけたちがご近所さんのような存在に思えてきました。『おばけのおつかい』で、さくぴーとたろぽうのおじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、いとこ、次々に登場してきても、"かぞく"だから、そうよね、と納得してもらえたかな?と思います。"かぞく"をつけてもらって本当に良かったです。
 おばけの絵本を描くときに気を付けていることは、さくぴーやたろぽうの大きさや顔かたちが前作と変わらないように、できるだけ同じに描くことです。おばけを描くのは簡単なのですが、ほんのちょっとの色の違いや線の太さで、なかなか思うような顔にならないので意外と苦労しています。
 通りすがりのおばけも、馴染みのおばけを描くようにしています。いつもギターを弾いて歌っている謎のギターひきおばけ、ステッキをついて散歩しているシルクハットの透明おばけ、三人組の松ぼっくりおばけなどです。たこを揚げて遊んでいた海坊主おばけが、『おばけのえんそく』で活躍してくれたり、こわそうな、もくもくおばけが『おばけのコックさん』の親方だったり、脇役のおばけから新たなおはなしができたりもします。
 最初に絵本を作る前に、編集者さんから「おばけの世界の設計図みたいな、相関関係をよく決めておくといいですよ。」と言われて書いたものがあって、それぞれのおばけの住んでいる家の場所や、職業、友人などを確認しながら描いています。「このおばけが、家から歩いてきたとしたら、こっち向きでいいかな?」「この後、このおばけは何処に行くのかしら?」など、絵本の本筋以外の細かい部分を考えている時が、実は一番楽しい!です。
著者: 西平あかね(にしひら あかね)

1968年東京に生まれる。筑波大学大学院修士課程芸術研究科(洋画)修了。毎日楽しそうに、しゃべりながら絵を描いている娘に触発されて、お話と絵を創り始める。「おばけのさくぴーとたろぽうのおはなし」シリーズにはほかに、『おばけかぞくのいちにち』『おばけのおつかい』『おばけのコックさん』(こどものとも絵本)、『おばけのえんそく』(「こどものとも年中向き2012年7月号)がある。長崎県在住。

おばけのたんけん―さくぴーとたろぽうのおはなし

『おばけのたんけん—さくぴーとたろぽうのおはなし』
西平あかね 作 定価(本体800円+税)
人気のおばけかぞくのおはなしシリーズの第4弾。今回は、友だちのからかさおばけの兄妹がクローズアップされます。落とした下駄を探して、みんなで洞窟の中を探検します。

《2》月刊誌最新号<5月号>のご案内
 月刊誌最新号<5月号>はまもなく発売です。

こどものとも0.1.2.『ふわふわ ふー』 こどものとも0.1.2.
『ふわふわ ふー』


神泉薫 文/三溝美知子 絵
定価(389円+税)

たんぽぽの綿毛、うさぎ、ケーキのクリーム……。そっとさわってみたくなる"ふわふわ"なものを細密な絵で描きます。
こどものとも年少版『くるまにのって』

こどものとも年少版
『くるまにのって』


岡本雄司 作
定価(389円+税)

休みの日、しょうちゃんはお父さんとくるまにのっておでかけ。通り過ぎていく町並みや風景を端整に描きます。

こどものとも年中向き『たんていかくれんぼう』 こどものとも年中向き
『たんていかくれんぼう』


いとうせつこ 作/勝山千帆 絵
定価(389円+税)

虫の子どもたちがかくれんぼうをします。おにのくわがたくんは探偵気分で次々みつけます。
こどものとも『あいうえどうぶつ おしごと なあに』

こどものとも
『あいうえどうぶつ おしごと なあに』


小野寺悦子 文/加藤チャコ 絵
定価(389円+税)

おんどりのアナウンサー、コアラのコックさん、とらのトラック運転手など、いろんな動物の職業を、リズムよく紹介します。

ちいさなかがくのとも『おふろで ストロー』 ちいさなかがくのとも
『おふろで ストロー』


おーなり由子 作
定価(389円+税)

おふろでぶくぶく、心ゆくまでストローあそび。そうっと吹くとプクン、強く吹いたらボゴッ!! シャンプーもたらしてみようっと。
かがくのとも『あずき』 かがくのとも
『あずき』


荒井真紀 作
定価(389円+税)

鯛焼き、どら焼き、おまんじゅう、あんパンなど身近なお菓子に使われる、あんこの元「あずき」。いったいどんな植物でしょうか?
たくさんのふしぎ『みんなそれぞれ 心の時間』 たくさんのふしぎ
『みんなそれぞれ 心の時間』


一川 誠 文/吉野晃希男 絵
定価(667円+税)

たいくつな時間はとても長く感じるのに、楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまう。伸び縮みする「心の時間」の謎とは?
母の友

母の友 
特集1「知っておきたい、子どもの病気」
特集2「子どもが見つけた魅惑の絵本」
定価(505円+税)

知っておくと安心できる、病気の基礎知識を小児科医の山田真さんに教わります。そのほか、刊行当時は大人から「?」と思われた作品が、子どもに何十年も愛される「名作」となる理由を探ります。
こちらから5月号の目次をご覧いただけます。

《3》月刊誌編集部からこんにちは
 毎月交代で月刊誌の編集部から、読者の皆様にむけてメッセージをお届けしています。今月はこどものとも第一編集部です。

こどものとも第一編集部から

 
 こんにちは、こどものとも第一編集部です。私たちは月刊絵本「こどものとも」と、その姉妹誌「こどものとも年中向き」の編集をしています。毎月2冊、新しい絵本をお届けすることに全力を注いでいますが、これまでに出版された作品を振り返り、再び光を当てることも、私たちの大事な仕事です。「こどものとも」は1956年に創刊されていて、今年の7月号で700号! これを記念して、今では手に入らなくなってしまった過去の名作をまとめて限定復刊することにいたしました。
しかし後発の「こどものとも年中向き」と合わせると、バックナンバーの数は実に1000冊以上。どの本を選ぶべきか、編集部も営業も、宝の山を前に腕組みして悩んだり、時代を経ても色あせない作品たちに改めて心を奪われたり。悩ましくも愉しい選書の末、「こどものとも700号記念コレクション20」として、20冊を選び抜きました。
 たとえば古いものでは、人気作家・スズキコージさんの初期作品『はずかしがりやのおつきさん』。青一色の画面が美しく、幻想的な月夜の気分に浸れます。
一番新しい、2008年に出た『ポッダとポッディ』も傑作です。こちらはスリランカを代表する絵本作家のシビル・ウェッタシンハさんが、「こどものとも」のために書き下ろしたもの。のんびりやのだんなさんと、せっかちなおかみさんの夫婦が織りなす、とぼけた味わいの喜劇です。
 700号の歴史が詰まった20冊、お気に入りの絵本にめぐりあえますように!こちらから「こどものとも」をご覧いただけます。
こちらから「こどものとも年中向き」をご覧いただけます。

こどものとも700号記念コレクション20・上(4月9日販売開始)
こどものとも700号記念コレクション20・下(4月9日販売開始)

《4》「たくさんのふしぎBOX 2014」限定販売します

 21世紀を生きる子どもたちに、自分で感じ、考え、思いを深めてほしいという願いをこめて創刊された小学生向き月刊誌「たくさんのふしぎ」。これまでの刊行作品から、選りすぐりの8点を新たに刊行いたします。日本の伝統や国内外の自然など、1冊につき1テーマをとりあげ、とことん掘り下げます。単品でもお求めいただけます。

たくさんのふしぎBOX 2014

たくさんのふしぎBOX 2014
全8冊 定価(本体10400円+税)
『なぞのサル アイアイ』『大草原のノネコ母さん』/『思いこみマジック』『古くて新しい椅子―イタリアの家具のしゅうりの話』『カジカおじさんの川語り』『水中さつえい大作戦』『草と木で包む』『海はもうひとつの宇宙』

《5》大好評!絵本の定期便「あのねぶっくくらぶ」
   申し込み受付中!

 福音館書店が自信をもっておすすめする、選りすぐりの絵本と童話を毎月1冊ずつ、お子さまの成長にあわせてみなさまのお手元に直接お送りする「あのねぶっくくらぶ」は、新年度のラインナップをそろえて、ただ今、申し込み受付中です!

★あのねぶっくくらぶ

《6》原画展・イベントのお知らせ

●五味太郎作品展[絵本の時間]Special

会期 2014年3月27日(木)~5月25日(日)
休館日 月曜日(祝日は開館)、5月7日※GW(4月29日~5月6日)は休まず開館
開館時間 9時30分~17時(入館は閉館の30分前まで)
会場 浜田市世界こども美術館
島根県浜田市野原町859-1
問い合わせ先 TEL 0855-23-8451
入館料

一般400円(300円)/高校・大学生300円(200円)/小・中学生200円(100円)※( )内は20名以上の団体料金

関連作品 『きんぎょがにげた』
『正しい暮し方読本』

●佐々木マキ見本帖
会期 2014年3月21日(祝)~5月25日(日)
休館日 月・火曜日(祝日は開館)※春休み(3/21~4/6)、GW(4/28~5/6)は休まず開館
開館時間 10時~17時
会場 こども陶器博物館 KIDSLAND
岐阜県多治見市旭ヶ丘10-6-67
問い合わせ先 TEL 0572-27-8038
入館料

大人(中学生以上)500円 小学生以下無料

関連作品 『やっぱりおおかみ』

●木下 晋展―生命の旅路―
会期 2014年4月4日(金)~5月6日(火)
休館日 月曜日(祝日は開館、5月7日は休館)
開館時間 10時~18時(4月4日は9時30分開館、金・土は20時閉館)
会場 沖縄県立博物館・美術館
沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
問い合わせ先 TEL 098-941-8200
入館料

一般800円(640円)/高校・大学生500円(400円)/小・中学生300円(240円)※( )内は20名以上の団体料金、前売り料金

関連作品 『はじめての旅』

●茨木のり子展
会期 2014年4月19日(土)~6月29日(日)
休館日 月曜日(祝日は開館)※5月5日(月)は開館
開館時間 9時~18時(4月4日は9時30分開館、金・土は20時閉館)
会場 世田谷文学館
東京都世田谷区南烏山1-10-10
問い合わせ先 TEL 03-5374-9111
入館料

一般700円(560円)/65歳以上・高校・大学生500円(400円)/中学生以下無料
障害者350円(280円)※( )内は20名以上の団体料金

関連作品 『貝の子プチキュー』

●三溝美知子絵本原画展
会期 2014年4月4日(金)~4月9日(水)
休館日 木曜日
開館時間 11時~19時(最終日17:00まで)
会場 OPA gallery 
東京都渋谷区神宮前4-1-23 1F
問い合わせ先 TEL 03-5785-2646
入館料

無料

関連作品 こどものとも0.1.2. 2014年5月号 『ふわふわ ふー』
●松田青子×ひろせべに『なんでそんなことするの?』刊行記念 ワークショップ&サイン会
日時 2014年4月6日(日)
11時~12時30分 ワークショップ
12時30分~サイン会
開館時間 11時~19時(最終日17:00まで)
会場 代官山 蔦屋書店 1号館2階 イベントスペース
東京都渋谷区猿楽町17-5
問い合わせ先 TEL 03-3770-2525
参加にあたって

代官山 蔦屋書店にて『なんでそんなことするの?』をご購入ください。
※対象年齢 3歳以上
※ワークショップ定員 20名

予約受付 代官山 蔦屋書店 1号館2階絵本カウンターまたは映像カウンターにて、店頭予約を承ります。
参加費 材料費500円(ワークショップご参加の方のみ) 
ワークショップ内容 松田青子さんと「いきものをかんがえよう」
ひろせべにさんと「王冠」をつくろう!
関連作品 『なんでそんなことするの?』

●子どもの本・九条の会 6周年の集い
日時 2014年6月7日(土)
時間

13時30分~16時30分(ロビー開場12時30分、客席開場13時)

会場 国立オリンピック記念青少年総合センター 小ホール
東京都渋谷区代々木神園町3-1
問い合わせ先 子どもの本・九条の会 TEL 03-3417-6301
参加費

一般1000円(事前振込800円)/高校・中学生500円 小学生以下無料

内容

第1部
絵本読み語り 浜田桂子『へいわってどんなこと?』(浜田桂子作 童心社刊)
講演 伊藤 真「憲法のいきづく国へ!—子どもたちの未来に憲法を!」
第2部
提言 Peace Night 9実行委員会(学生九条の会)
「学生だって!学生だからこそ!!—九条を守る私たちのとりくみ—」
講演 松居 直「今、絵本を生きる力に」

 
このメールマガジンのバックナンバーは、
次のページからごらんいただけます。
https://www.fukuinkan.co.jp/mail_magazine/index.html

このメールの再配信、および掲載された記事・画像の無断転載を禁じます。

◆配信先の変更および解除は次のページからおこなうことができます。
https://www.fukuinkan.co.jp/mail_magazine/index.html

◆発行:株式会社福音館書店 広報宣伝部広報宣伝課
Illustrations (C) Yuriko Yamawaki 2000