☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

 ★あのねメール通信~福音館書店メールマガジン2009年6月3日 Vol.91  ★
            

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

         ◆◇◆  CONTENTS  ◆◇◆

《1》 連載:絵本美術館の片すみで(第3回) 竹迫祐子
《2》 月刊誌最新号<7月号>のご案内
《3》 月刊誌編集部からこんにちは
《4》 『ベラスノアとキックオフ!』の作者、片平直樹さんのエッセイ
《5》 6月の新刊のご案内
《6》 書籍編集部だより
《7》 原画展のお知らせ
《8》 「母の友」の携帯サイトができました
《9》 「ねぎぼうずのあさたろう」のsVアニメが放映中です


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《1》連載:絵本美術館の片すみで(第3回) 竹迫祐子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・『あかてぬぐいのおくさんと 7にんのなかま』 イ・ヨンギョン 文・絵
  /かみやにじ 訳

 この5月は2週間ちかくを、韓国のソウルで過ごしました。5月13日から17日
まで開催された、ソウル国際ブックフェアのためです。今回は、日本招待年の記
念として「日本の絵本の歩み展」がありました。8世紀の絵巻物「絵因果経」か
ら大正時代の絵雑誌「コドモノクニ」まで、今日の絵本のルーツ1200年の歴史を
辿る展示です。この展示は、ブックフェア終了後、5月20日から6月20日までは、
規模を広げて国際交流基金のソウル日本文化センターで開催しています。
 この3~4年くらい、韓国の絵本の元気のよいこと。ボローニャ等々の国際的
な絵本のコンクールでも、活躍が目立ちます。日本でもたくさんの韓国の絵本が
翻訳出版され、韓国の絵本作家たちの来日の機会も多くなりました。日本の絵本
が30年かかってやってきたことを、韓国はこの10年くらいで進めてきた、そんな
印象があります。いってみれば、韓国絵本界の人たちは総じて、若い。
 この『あかてぬぐいのおくさんと 7にんのなかま』の作者イ・ヨンギョンは、
1966年生まれといいますから、今年で43歳。若手絵本作家がどんどん登場してい
る韓国では、ベテランといえる存在なのでしょう。裁縫上手の奥さんが愛用する
7つの針道具。ある日、おくさんが転寝をしている間に、ものさし、はさみ、は
り、糸、ゆびぬき、のしごて、ひのし(炭をつかったアイロン)たち7人の老若
さまざまな女たちが、自分が一番大事な存在と言い争いをはじめます。韓国に伝
わる『古随筆閨中七友争論記』をもとにしたお話。自己主張する7人の針道具た
ちの「女の戦い」が愉快です。それは、どこか人気の韓国ドラマの一幕のようで
もありますが、巧みな性格描写がなされながら、本質的に陽気で、見る者の笑い
を誘う、昔の韓国の民画の一枚を見るようでもあります。
 それぞれの画面には、裁縫道具をはじめ、色々な生活道具がリアルに描き出さ
れています。箪笥や文机、火鉢や枕等々。昨年の3月には、大阪の国立民族学博
物館で「絵本の中の本物を見よう・朝鮮半島」と題して、この絵本も取り上げら
れ、酒幕(1)、くつ、きせる、ノリゲ(2)といった描かれた道具たちが展示されま
した。なにより興味深いのはさまざま女性の衣装。登場する計8人の女性の衣装
はみなデザインも色も異なり、それにあわせて髪型もみな違うのです。それを見
ていると、幼い頃、郷里の街には朝鮮学校があって、そこに通うお姉さんたちが
チマチョゴリを着ているのがうらやましくて、あれを着たいといって駄々をこね、
母や祖母を困らせた記憶が思い出されます。
 大きな発展を遂げつつある韓国の絵本ですが、韓国の絵本関係者のなかには、
「韓国には日本のような絵本の歴史がない……」という人が少なくないというこ
とが驚きでした。確かに、今日的な絵本出版が急激に発展したのは近年ですが、
韓国には古代の壁画から民画まで、さまざまな絵本のルーツが存在します。韓国
の人たちに、母国の絵本のルーツを再認識してもらいたい。互いの文化を学びつ
つ、さらなる絵本交流が進んでいけば。今回の「日本の絵本の歩み展」には、そ
んな願いも込められています。

(1)酒幕(チュマク):宿屋をかねた居酒屋。旅人の憩いの場である。
(2)ノリゲ:チマチョゴリの胸から垂らして衣装を引き立てる小物の装飾品。

★『あかてぬぐいのおくさんと 7にんのなかま』 
  イ・ヨンギョン 文・絵/かみやにじ 訳 定価1575円


竹迫祐子(たけさこ ゆうこ)
1956年、広島生まれ。1984年よりいわさきちひろ絵本美術館(現ちひろ美術館・
東京)に入り、96年より安曇野ちひろ美術館に勤務。館内の展覧会企画をはじめ、
地方で開催される「いわさきちひろ展」を担当。共著に『ちひろ美術館が選んだ
親子で楽しむえほん 100冊』(メイツ出版)、著書に『ちひろの昭和』『岡本帰
一』『初山滋』(以上、河出書房新社)など。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《2》月刊誌最新号<7月号>のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆月刊誌最新号<7月号>は、発売中です。

◇◆こどものとも0.1.2.『たべたいな』
             みやまつともみ 作  定価410円      ◇◆

ふわふわの蒸しパン、冷たいブドウのゼリー、ほかほかのサツマイモ。子どもた
ちの大好きなおやつがたくさん登場する貼り絵の絵本。

◇◆こどものとも年少版『わにわにと あかわに』
            小風さち 文/山口マオ 絵 定価410円     ◇◆

わにわにが家のなかを歩いていると、小さな赤いワニが“クイッ”と鳴いて現れ
た。これから、わにわには二人で一組?

◇◆こどものとも年中向き『トックリバチの とくこさん』
             伊藤知紗 作 定価410円          ◇◆

虫たちがカエル退治の相談をしていると、ヘビがやってきます。トックリバチの
とくこさんは、ヘビを見ていい方法を思いつきます。

◇◆こどものとも『かとりせんこう』
         田島征三 作 定価410円              ◇◆

蚊取り線香の煙が漂うと、蚊がぽとん! 花もぽとん! おじさんのひげも、ぽと
ん! えっ? 田島征三のおかしくて不思議なナンセンス絵本。

◇◆ちいさなかがくのとも『はっぱのあな』
             高柳芳恵 文/おおたぐろまり 絵 定価410円 ◇◆

クズの茂みには、虫たちが食べて穴だらけになった葉っぱがいーっぱい! あれ
っ、この葉っぱの穴、なんだか人の顔みたいだよ!?

◇◆かがくのとも『よるになると』
         松岡達英 作 定価410円              ◇◆

人は昼に行動して、夜眠ります。でも夜になると活発に行動する生き物はたくさ
んいます。生き物にはその生き物特有の活動する時間があるのです。

◇◆おおきなポケット かがくのポケット「ふうりん」
                    渡辺リリコ 作 定価770円  ◇◆

初めて風鈴を知った、なつみちゃんとあさこちゃん。二人の夏休みの体験を通し
て、風鈴の魅力をさわやかに伝えます。他に楽しいお話1編。

◇◆たくさんのふしぎ『オルゴール誕生』
           名村義人 文/風間憲二 写真 定価700円     ◇◆

ヨーロッパの塔時計を先祖に持つオルゴール。現代の最先端技術へと続く、波乱
に富んだその歴史を、エピソードとともにたどります。

◇◆母の友 特集「夏休みなんか こわくない」 定価530円       ◇◆

長い休みとなれば、1日中、子どもと一緒に過ごすことに。親は子どものために
特別なことをしなければいけないのでしょうか?

★こちらから「母の友」7月号の目次をご覧いただけます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《3》月刊誌編集部からこんにちは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆毎月交代で月刊誌の編集部から読者の皆様にむけたメッセージをお届けしてい
ます。今月は「ちいさなかがくのとも」編集部です。“「母の友」編集室の窓か
ら”も、毎月、このコーナーに掲載します。

◇◆「ちいさなかがくのとも」編集部から◇◆

 クズの葉っぱをご覧になったことがありますか? 根っこから葛きりや葛湯の
材料となる葛粉がとれる、あのクズです。今「見たことないな」と思われた方も、
おそらくは気づかずにご覧になっているはず。クズは繁殖力が強く、線路わきや
公園のフェンスによく蔓を絡ませて3枚組の大きな葉を茂らせているからです。
 「ちいさなかがくのとも」の7月号 『はっぱの あな』は、このクズの茂みが
舞台。男の子の兄弟が、穴のあいたいろんな形の葉っぱを見つけます。大きな穴、
小さな穴、ギザギザの葉、ホネホネの葉……。なぜ葉っぱがそんな形になるのか
といえば、いろんな虫が食べるからです。クズには本当にさまざまな虫がいて、
取材時に目にしただけでも20種類近くになるでしょうか。愛嬌のある姿をしたゾ
ウムシの仲間たち、オンブバッタやイナゴなどのバッタ類、さらにコガネムシや
ハムシやカメムシの仲間にくわえ、イモムシ、毛虫(うわぁ)……クズの茂みは
いつだって虫たちの楽園でした。
 同じクズの葉を食べる虫でも、種類によって食べ方が異なり、食べ痕の形状も
とりどり。それらが組み合わされば、葉っぱの形は千種万様に変化します。なか
には「えっ、本当にこんな形になるの?」という驚きの葉っぱも見つかるでしょ
う。それは偶然のいたずらなのですが、じっと見ていると、本当は虫たちが完成
形を知っていて相談しながら食べているんじゃなかろうかと疑いたくもなってき
ます。絵本に登場する“おめんのはっぱ”も、作者の高柳さんがであったそんな
1枚。どうぞお楽しみに。

★こちらから「ちいさなかがくのとも」をご覧いただけます。



◇◆「母の友」編集室の窓から◇◆

 「親になると、夏休みが結構忙しい」と、つぶやくお母さんは少なくありませ
ん。それは子どもが一日中家にいるので、夏休みならではの特別なことをしなけ
ればならないと思ってしまうからなのです。確かにお子さんが小学生になれば、
自由研究や宿題のために、あちこち出かけるということもあるでしょう。しかし
小さいうちは、無理をせず親子でのんびりと過ごせば良いのです。そんなメッセ
ージとともに、休み中の子どもの成長についてご紹介していきます。
 人気シリーズの絵本作家のアトリエは、水牛やクマの絵本を多く手がけている
小野かおるさんです。ゾウやサイなどの大型動物が好きと語る小野さんは、今年
度「こどものとも年中向き」の5月号「くまさん くまさん おはいんなさい」の
作者でもあります。その素敵な笑顔をどうぞ本誌でご覧ください。

★こちらから「母の友」7月号の目次をご覧いただけます。


★こちらから「母の友」のブログをご覧いただけます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《4》『ベラスノアとキックオフ!』の作者、片平直樹さんのエッセイ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   カワウソのモデル
                   片平直樹

 『ベラスノアとキックオフ!』の登場人物には、モデルがいます。
 その人に会ったのは1989年、わたしが初めてヨーロッパ旅行をした時です。格
安航空券と鉄道パスを利用する貧乏旅行でしたが、スーツとネクタイは携えてい
ました。これは日本をたつ前、当時パリに住んでいた高校時代の先輩(女性)に
連絡をとったところ、「ごちそうするから、きちんとした服を持っていらっしゃ
い」と命じられたからです。先輩はわが校のアイドル的存在で、短大卒業後はフ
ランスの航空会社で客室乗務員をしていました。オテル・ドゥ・クリヨンのロビ
ーで再会した先輩は、すっかり大人の雰囲気です。わたしの胸はドキドキ。舞い
上がって、案内されたレストランに入ったところ、席にはなぜか先客が。黒髪で
なで肩、年齢は30代半ば、紺のスーツは地味ですが高級そうです。先輩はその
外国人男性を彼氏だといって紹介しました。この彼氏と一緒に歓迎してくれるそ
うです。気分は一転奈落の底、ムッとして日本語で「はじめまして」とあいさつ
してやりました。すると、こともなげに「こんにちは」と日本語で返してくるで
はありませんか。なんでも、日本語をはじめ数カ国語に通じ、モータースポーツ
を統括する国際団体に勤務しているそうです。ますます気に食わなくなりました
が、ここは冷静にならなくてはと自分に言い聞かせ、日本で盛りあがっていたF
1の話題を持ちだしました。でも、その彼氏は首をふり、故国のサッカーやワー
ルドカップのことを熱心に語りだしました。
 当時の日本にはJリーグはまだありませんし、ワールドカップなど別世界の出
来事です。わたしがサッカーを観戦したのも、友人につきあい三ツ沢球技場へ一
度いっただけ。その試合で感動したのは、ホームチームの背番号10のプレイがず
ばぬけていたことです。
 こちらが、サッカーにはさして興味はないんだけどといった顔でワインを飲み
料理を食べていても、話の勢いは止まりません。彼氏はサッカー選手になりたく
て、ユースまで進んだそうです。そこで、到底かなわないチームメイトに出会い、
打ちのめされてサッカー選手になる夢をあきらめたといいます。そのチームメイ
トはプロになり、全盛期を過ぎても2部リーグで現役を続けているとか。つける
背番号はいつも10で、10番にこだわっているとのことでした。
 背番号への思いを聞いた時、三ツ沢球技場で見たあの選手の姿がよみがえりま
した。わたしの見たずばぬけた10番と、彼氏がかなわないと感じた10番が重なり、
サッカー話にグイッと引き込まれてしまいました。結局その夜は彼氏のアパルト
マンに泊まり、さらに安宿を引き払って一週間ご厄介になりました。
 この彼氏、わたしが帰国してからすぐに、華々しい仕事をなげうって故国へ戻
り、2部に転落した地元サッカークラブの経営に参加してしまいました。転職の
きっかけは、わたしに熱くサッカーを語ったことで、自分の考えが固まったから
だそうです。この彼氏をモデルにしたのが、カワウソという登場人物です。彼氏
がかなわないと感じた背番号10は、ベラスノアとなりました。

★『ベラスノアとキックオフ!』
  片平直樹 作/平澤朋子 画 定価1260円


片平直樹(かたひら なおき)
1965年、東京生まれ。「母の友」で「ケシュケシュ」(絵・佐々木マキ)を発表
して作家デビュー。『おやこペンギン ジェイとドゥ』(絵・高畠純、ひさかたチ
ャイルド)、『なんでもやのブラリ』(絵・山口マオ、教育画劇)、『トイレせ
んちょう』(絵・松成真理子、フレーベル館)、『ちいさなバス』(絵・歌田典
子、「こどものとも年少版」)など多数。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《5》6月の新刊のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《6月2日(火)出荷開始》
★『文庫版 お父さんのラッパばなし』
  瀬田貞二 作/堀内誠一 画 定価735円

ほらのうまいお父さんが吹きまくる、ゆかいでステキな14のラッパ話。今日はど
んな冒険話が聞けるかな?

《6月3日(水)出荷開始》
★『よくきたね』
  松野正子 文/鎌田暢子 絵 定価735円

「よくきたね、いいこだね」こんなたわいもない言葉が、じつはいちばん大事な
言葉。抱きしめる。ほおずりする。愛する喜びに満たされます。

★『ペトロニーユと 120ぴきのこどもたち』
  クロード・ポンティ 作/山脇百合子 訳 定価1575円

ペトロニーユは 天下無敵の母さんねずみ。怪物にとらわれた120ぴきの子どもた
ちを救うことができるのか! フランスの大人気絵本です。

★『じゃぐちを あけると』
  新宮晋 作 定価840円

じゃぐちをあけて、さあ、はじまり。指ではじいて、チュッ。スプーンにあてる
と……。水のふしぎな形がつぎつぎと生まれます。

★『おなかのすいた ばったのトト』
  得田之久 作 定価840円

おなかがペコペコのトノサマバッタのトト。大好きなエノコログサを探すなか、
さまざまなごちそうを食べている虫たちに出会います。

《6月10日(水)出荷開始》
★『山からきたふたご スマントリとスコスロノ』
  乾千恵 再話/早川純子 絵/松本亮 監修 定価1785円 

影絵芝居・ワヤンの物語から。はるか昔のこと、美丈夫に生まれた兄と、醜さゆ
えに捨てられ不思議な力を身につけた弟の数奇な運命の物語。

★『ウミウシ』
  中野理枝 文/豊田直之 写真 定価1365円 

潮だまりや海底にいる小さな生物「ウミウシ」。「海の宝石」と呼ばれるほど美
しい体色には生きのびるための秘密が隠されています。

★『エンザロ村のかまど』
  さくまゆみこ 文/沢田としき 絵 定価1365円 

ケニアのエンザロ村では、かまどとぞうりが大はやり。日本から遠くはなれたこ
の村に、どうしてそんな日本の伝統的なものがあるのでしょう?

《6月17日(水)出荷開始》
★『ぶんぶんむしと ぞう』
  M・W・ブラウン 作/C・ハード 絵/中川李枝子 訳 定価1260円

むかし、むかし、あるところに大きなぶんぶん虫がいました……。リズミカルな
文と美しい絵によって大小対比というテーマが表現されています。

《6月24日(水)出荷開始》
★『こんちゅうって なんだ?』
  ロックウェル 作/ジェンキンス 絵/阿部健一 訳 定価1365円

テントウムシ、クモ、ミミズ。 昆虫はどれ? コラージュによる美しい生き物
たちを見ながら、昆虫とは何かを探っていきます。

★『ベラスノアとキックオフ!』
  片平直樹 作/平澤朋子 画 定価1260円 

“ぼく”の父親は昔、地元サッカーの英雄だった。八百長を疑われてひとり国外
へ去り、今、11年ぶりに帰郷したが、その姿はなぜかワニ!

★『絵本の本』
  中村柾子 著 定価1470円

長年保育に携わった著者が、絵本にまつわる疑問を読者といっしょに考えながら、
絵本のおもしろさ、魅力をいきいきと語ります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《6》書籍編集部だより
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆絵本・童話・科学書の編集部から毎月交代で読者の皆様にむけたメッセージを
お届けします。今月は絵本編集部です。

◎絵本編集部から

 今月は、フランスからやってきた新刊絵本『ペトロニーユと 120ぴきのこども
たち』をご紹介します。
 これは、ねずみのお母さんが、いろいろな苦難に遭いながらも、怪物にさらわ
れた120ぴきの子どもたちを助けるという 冒険話。よくある話のようですが、全
然よくある話ではありません。とにかく強烈です。
 まず、その絵に圧倒されます。この本の翻訳者で、ご自身絵描きさんでもある
山脇百合子さんも、初めて原書を手にしたとき、「奇っ怪な絵ねえ」とのけぞっ
ておられました。でも、数日後にはすっかり作者のポンティのファンになり「こ
の人、本当に絵が上手だわ。怪物の絵なんかは、センダックにも通じるところが
あるわねえ」と感心することしきり。
 それから、でてくるものが、どれも奇妙です。泣いてばかりいる焼き菓子のマ
ドレーヌとか、トランプ遊びに夢中になる石とか。ちょっと聞いただけではどん
なものか、想像できないですね。作者は『不思議の国のアリス』のルイス・キャ
ロルの影響を受けているとか。
 背景のなかには、ある有名なキャラクターが描き込まれていたり、登場人物の
名前を古典文学の主人公と同じにしたりと、大人の知的好奇心を刺激する遊び心
も満載です。
 わらべ歌だって、でてきます。「♪みどりいろの ねずみを つかまえて、エ
スカルゴにして 食っちまえ」(大意)。おかしな歌ですね。楽譜もありますの
で、どうぞ歌ってください。
 フランスのエスプリと知性とユーモアがいっぱい。おいしそうな食べ物もたく
さんでてくる盛りだくさんの絵本ですが、読み終えたあとは、お母さんってかっ
こいいなあ、家族っていいなあ、という気分になること、まちがいなしです。

★『ペトロニーユと 120ぴきのこどもたち』
  クロード・ポンティ 作/山脇百合子 訳 定価1575円



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《7》原画展のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

宇梶静江 古布絵展『シマフクロウとサケ』
会期:2009年3月28日(土)~6月21日(日)
会場:絵本の樹美術館 山梨県北杜市大泉町西井出字石堂8240-4579
問合せ先:TEL 0551-38-0918
休館日:毎週火曜・水曜・木曜
入館料:大人700円(650円)、3才~中学生300円(250円)
   ( )内は団体10名以上の料金


井上洋介 ヱホンとタブロー
会期:2009年 5月2日(土)~6月21日(日)
会場:芳澤ガーデンギャラリー 千葉県市川市真間5-1-18
問合せ先:TEL 047-374-7687
休館日:月曜日
入場料:一般200円、ローズメンバーズ160円、中学生以下無料


こどものとも絵本原画展
会期:2009年5月28日(木)~7月5日(日)
会場:愛媛県美術館 愛媛県松山市堀之内
問合せ先:TEL 089-932-0010
休館日:毎週月曜日(ただし、6月1日(月)は開館、翌日休館)
入場料:大人・大学生900円(700円)、中高生700円(500円)、
    3歳児~小学生400円(200円)
   ( )内は満65歳以上、団体20名以上の料金


瀬田貞二の世界展
会期:2009年5月30日(土)~6月28日(日)
会場:ナルニアホール 東京都中央区銀座4-5-1 教文館 6階
問合せ先:TEL 03-3563-0730
入場料:無料(年中無休)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《8》「母の友」の携帯サイトができました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「母の友」の携帯サイトができました。

最新号の内容や次号予告、バックナンバーの案内をご覧いただけるほか、会員登
録してアンケートにお答えいただいた方には、玖保キリコさんの連載マンガ「三
匹、おうちにいる」の待受画面をお贈りしています。



次のページにQRコードを掲載していますので、QRコード対応の携帯の方はこちら
からコードを読み取ってください。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《9》「ねぎぼうずのあさたろう」のTVアニメが放映中です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 飯野和好さん作、ご存じ、浪曲風痛快チャンバラ時代劇絵本「ねぎぼうずのあ
さたろう」が、昨年10月よりテレビアニメ化され放映中です。

 この春から、福岡、長崎でも放送されています。
3月29日より、毎週日曜、朝6時30分~7時00分 九州朝日放送で放送中。
4月12日より、毎週日曜、朝6時30分~7時00分 長崎文化放送で放送中。

毎週日曜、朝6時30分~7時00分 テレビ朝日で放送中。
(関東地方1都6県および山梨県・静岡県〈一部地域を除く〉でご覧いただけま
 す)
毎週土曜、朝7時00分~7時30分 秋田朝日放送で放送中。
毎週金曜、夕方5時00分~5時30分 BS朝日で全国放送中。

★こちらから「ねぎぼうずのあさたろう」のページをご覧いただけます。



************************************
このメールの再配信、および掲載された記事の無断転載を禁じます。
定価はすべて消費税5%込みの価格です。
◆配信先の変更および解除は次のページからおこなうことができます。

◆発行:株式会社福音館書店 宣伝部宣伝企画課
************************************