本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア
ぞうくんのさんぽぞうくんのさんぽ

ぞうくんのさんぽ

ぞうくん、かばくん、わにくん、かめくんが、ごきげんにさんぽをする『ぞうくんのさんぽ』は1968年、月刊絵本「こどものとも」から刊行されました。シンプルながら最後に、「あ~っ!」とく驚く展開を迎えるお話が子どもたちをひきつけ、親子3代で読み継がれているシリーズです。

ぞうくんのさんぽについて

『ぞうくんのさんぽ』の誕生

なかのひろたかさんが、『ぞうくんのさんぽ』のアイディアを思いついたのは、昭和に活躍したコントグループ「ナンセンストリオ」の「親亀の唄」という歌を耳にしたのがきっかけでした。そのアイディアから、骨太な筋を持ったシンプルなお話が生み出され、そこにユーモラスなデザインと明るい色彩の絵、お兄さんのなかのまさたかさんのレタリングが加わり、いつの時代も新鮮な印象を与える絵本となりました。

   
あめふり、おおかぜ……どんなときでも楽しいさんぽ

『ぞうくんのあめふりさんぽ』で再びさんぽにでかけたぞうくん。その後も、『ぞうくんのおおかぜさんぽ』、『かめくんのさんぽ』と、楽しいさんぽは続きます。4作品に共通しているのは、常に友だちを気にかけているぞうくんたちの、あたたかなやりとり。ぞうくんたちは相手を思いやりながら、最後はにこにことご機嫌に過ごします。「友だちの関係をしっかりと描きたい」という、作者の思いがあふれています。

   
てんじつきさわる絵本 ぞうくんのさんぽ

『ぞうくんのさんぽ』は盲学校でもよく知られ、楽しまれている作品でした。そこで、目の見えない人も見える人も一緒に、読む楽しみを味わってほしいと『てんじつきさわる絵本 ぞうくんのさんぽ』を刊行しました。カラーで印刷された絵と文字の上に、触っても楽しめるようにデザインされた絵(触図)と文字(点字)が、透明な樹脂インクで印刷されています。みんなで新しい発見を楽しめる絵本です。 ★『てんじつきさわる絵本 ぞうくんのさんぽ』触図と点字の解説をページ下部よりダウンロードできます。

   

ぞうくんのさんぽの本

  • 絵本

  • 絵本

  • 絵本

  • 月刊誌

  • 絵本

もっとみる

とじる

登場人物

  • ぞうくん

    ぞうくん

  • かばくん

    かばくん

  • わにくん

    わにくん

  • かめくん

    かめくん

もっとみる

とじる

みんなの人気者 一覧へ

福音館の最新情報

フォローする

  • 福音館書店 facebook
  • 福音館書店 twitter
  • たくさんのふしぎ facebook
  • 母の友 facebook

あのねメール通信の登録

著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。