本をさがす

  • 対象年齢をえらぶ
    本の種類をえらぶ

    検索条件を設定してください。

    検索条件をクリア

    こんを作ろう こんを作ろう

    『こんとあき』に出てくる、きつねのぬいぐるみの「こん」。
    こんの愛らしさ、けなげさは、こんなぬいぐるみの友だちがいたらな、と思わせます。

    「こんを作ってみたい!」

    そんな読者の皆さまの声にお答えして、このページでは「こん」のぬいぐるみの作り方をご紹介します。

    ※なお、このぬいぐるみの「こん」を、お子さまと楽しんだりプレゼントに使用する等の個人的使用以外に、
    販売・頒布の目的で製作することは、著作権の侵害となりますので、絶対におやめください。

    なお、このぬいぐるみの「こん」を、お子さまと楽しんだりプレゼントに使用する等の個人的使用以外に、販売・頒布の目的で製作することは、著作権の侵害となりますので、絶対におやめください。

    • こんの材料

      こんの材料

      白のボア
      130センチ幅×30センチ
      薄茶のボア
      130センチ幅×40センチ
       
      ※作り方では「茶」と表示してあります。
      桃色のフェルト
      7センチ×14センチ
      黒のフェルト
      直径6センチの円
      肌色のフェルト
      7センチ×14センチ
      たんすシート
      10センチ×80センチ
       
      ※ポリエチレン製
      芯地
      7センチ×14センチを2枚
      ワイヤー(18番)
      35センチ
      黒の半丸ボタン
      1.5センチ径を2個
      ジョイント
      3.5センチを4組
      パンヤ
      250グラム
      綿
      少々(鼻用)
      縫い糸(白)
      太口(20番)のもめん糸
      しつけ糸
      30番のもめん糸

      洋服の材料

      朱色のもめん
      90センチ幅×40センチ
      縞柄のやや厚いもめん
      90センチ幅×40センチ
      接着芯
      7センチ×30センチ
      ボタン
      1.5センチ径を2個(シャツ用)
       
      2センチ径を3個(ズボン用)
    • 型紙をダウンロード

      印刷したものを、2倍に拡大すると適切なサイズになります。

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • line

    『こんとあき』に出てくる「こん」はきつねのぬいぐるみ。
    こんとあきとの心の交流、おばあちゃんとのきずな、そして旅を通して成長するあきの姿を生き生きと描いた『こんとあき』は、1989年の発行以来、たくさんの人に愛されてきました。
    特にこんの愛らしさ、けなげさは、こんなぬいぐるみの友だちがいたらな、と思わせます。

    このこんを、作者の林明子さんは自分で考案し、製作したぬいぐるみをモデルに描きました。その型紙が図案化され、絵本の初めと最後のページに載っています。しかしこれには部分の名前や枚数は書かれていません。そのため、「こんを作ってみたい!」と思った読者の方から、詳しい作り方のお問い合わせをたびたびいただきました。そこで、「母の友」誌では1997年4月号、2004年5月号で、その作り方を掲載しましたが、バックナンバーの在庫もなくなってしまいましたので、ここでそれをご紹介したいと思います。

    ぬいぐるみ製作:酒本美登里 写真:吉原朱美・澤井秀夫 絵:村田まり子

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • line

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の購読

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。