映画化関連作品はこの3冊

金のはさみのカニ
タンタンと冒険を共にする、ハドック船長登場!の巻です。
  • 立ち読み
  • ペーパーバッグ版を購入
  • ハードカバー版を購入
なぞのユニコーン号
ユニコーン号に秘められた、海賊レッド・ラッカムの財宝の謎を追う!
  • 立ち読み
  • ペーパーバッグ版を購入
  • ハードカバー版を購入
レッド・ラッカムの宝 レッド・ラッカムの宝
『なぞのユニコーン号』の続きです!財宝のありかはどこなのか?
  • 立ち読み
  • ペーパーバッグ版を購入
  • ハードカバー版を購入

ペーパーバッグ版

映画公開を記念して全24冊限定販売中です。
オールカラー・1冊税込735円(『タンタン ソビエトへ』はモノクロ版です。)

コレクターボックス

全24作品を8冊のコンパクト版にまとめてベルギーの香り漂う装丁でお届けいたします。
定価21000円
詳細はこちら

ペーパーバック版

映画化を記念して、限定販売中

全24冊好評発売中!
  • ハードカバー版と同じ、オールカラーで
  • 1冊税込735円
  • ハンディサイズで、持ち運びも収納も便利

ハードカバー版

リニューアル進行中!

シリーズ名を「タンタンの冒険旅行」から「タンタンの冒険」に変更し、新シリーズでは、原作の発表年の順に並べ、裏表紙でも発表年の順番が一目で分かるようになりました。また、表紙周りを原書のデザインに統一しました。

24冊ラインナップ

タンタン ソビエトへ
生まれてまもない国ソビエトで、絶体絶命の危機に……。
  • 立ち読み
  • 購入
タンタンのコンゴ探険
コンゴで待ち受けていたのは、猛獣だけでなく悪人の罠だった。
  • 立ち読み
  • 購入
タンタン アメリカへ
シカゴでマフィアと対決。ギャングを追って西部の草原へ・・・・・・。
  • 立ち読み
  • 購入
ファラオの葉巻
麻薬密輸団を追って、エジプト・ファラオの墓から、インドのジャングルへ。
  • 立ち読み
  • 購入
青い蓮
上海の暗黒街が舞台、秘密工作員とタンタンとの死を賭した壮絶な戦い。
  • 立ち読み
  • 購入
かけた耳
博物館から盗まれた像の謎を追って、革命と反乱の嵐が渦巻く南米へ。
  • 立ち読み
  • 購入
黒い島のひみつ
国際的偽札団を追いつめ、スコットランド沖の黒島で怪物と対決!
  • 立ち読み
  • 購入
オトカル王の杖
小国シルダヴィア、盗まれた杖を取り戻すため悪党一味に立ち向かう!
  • 立ち読み
  • 購入
金のはさみのカニ
麻薬組織にまつわるカニ缶の謎を追って、ハドック船長に出会う。
  • 立ち読み
  • 購入
ふしぎな流れ星
北極海に落下した隕石に含まれる金属をめぐる争奪戦のゆくえは?
  • 立ち読み
  • 購入
なぞのユニコーン号
海賊レッド・ラッカムの財宝のどこに? 羊皮紙に書かれた暗号は?
  • 立ち読み
  • 購入
レッド・ラッカムの宝
目ざす宝の島に到着したタンタンたちがそこで見出したのは……。
  • 立ち読み
  • 購入
ななつの水晶球
インカの遺跡を発掘した考古学者たちは不思議な発作に襲われる。
  • 立ち読み
  • 購入
太陽の神殿
ペルーの奥地に古代帝国の太陽神をあがめる末裔たちがいた。
  • 立ち読み
  • 購入
燃える水の国
続発するガソリン爆発事故。石油の利権をめぐってアラブへ!
  • 立ち読み
  • 購入
めざすは月
東欧のある国で月ロケットの開発をめぐり、スパイの影が……。
  • 立ち読み
  • 購入
月世界探険
危険に満ちた飛行の末、月に人類初の一歩をしるしたが……。
  • 立ち読み
  • 購入
ビーカー教授事件
ビーカー教授の発明を利用して世界制覇をねらう陰謀が……。
  • 立ち読み
  • 購入
紅海のサメ
アラブで起きたクーデターの背後には暗躍する死の商人が……。
  • 立ち読み
  • 購入
タンタン チベットをゆく
中国の友人を救うためヒマラヤの山奥に向ったタンタンは……。
  • 立ち読み
  • 購入
カスタフィオーレ夫人の宝石
オペラ界の名花がムーランサール城でまき起すドタバタ喜劇。
  • 立ち読み
  • 購入
シドニー行き714便
最新型の飛行機が乗っ取られ、不時着した南海の小島には……。
  • 立ち読み
  • 購入
タンタンとピカロたち
カスタフィオーレ夫人を助けるため、罠と知りながら南米へ……。
  • 立ち読み
  • 購入
タンタンとアルファアート
遺されたスケッチをまとめた本。ニセ名画にカルト宗教が……。
  • 立ち読み
  • 購入

タンタンの冒険ってどんな本?

1929年のこと、ベルギーはブリュッセルの新聞社で、かけだし記者として働いていた、当時21歳のエルジェが子ども向けの週刊「プチ20世紀」新聞に連載を始めたのが、タンタンの冒険の始まりです。 ニッカーボッカーをはいた少年記者とその相棒の白い犬の物語。時代にふさわしい内容をたっぷりと盛りこんだ、美しいカラー刷り絵本は、国境・世代・年齢を超えて人々の心をとらえ、「7歳から77歳まで」、というキャッチフレーズで愛され続けています。

福音館書店では、1983年から2007年まで24年間をかけて、全24冊の日本語版を刊行してきました。日本の子どもたちにも長年愛されてきた大人気シリーズです。