本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ロボットのくにSOS

ルネ君は、こわれたおもちゃのロボットを直してもらいに、フープ博士の家にいきました。すると、フープ博士を訪ねて本物のゼンマイロボットがやってきて、発電機の壊れたロボットの国を救ってほしいというのです。ゼンマイロボットに導かれ、ふたりは、地下600メートルにあるロボットの国にむかいます。コンピュータ・グラフィックスで描かれた美しい冒険漫画絵本です。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 990円(税込)
ページ数 : 32ページ
サイズ : 27×20cm
初版年月日 : 1996年09月10日
ISBN : 978-4-8340-1199-9
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(2件)

  • 私が5歳児の頃の月刊絵本でした。
    大人になってまた、買っていました。
    同い年の友達も、買っていたそうです。
    ぜんまいロボットが自分の心臓でもあるパーツを差し出して、ロボットの国を救おうとしている姿は、「誰かの願いが叶う頃、あの子が泣いている」ようでした。
    悲しい終わりかたではなく、小さなロボットとして、ルナくんと歩み出したあの夜から、素敵な日々が始まるんだろうなと、期待してやみません。

    3階にいる二階堂さん

  • 「こどものとも50周年記念ブログ」で紹介されているページをみて、早速、手にとってこども達に読み聞かせてみました。面割がかなり細かくて、読む私にとっては、読みずらいのですが、こども達は熱心に聞き入っていました。それが、「ロボットくんは死んじゃったの?」「お話の最後が悲しい、読まなきゃ良かった」「ロボットくんがかわいそう~」といって泣き出してしまいました。博士の台詞などから、お話の筋をよく読み取れるようになったなと、こどもの成長に関心しました。しばらく間をおいて、再度、読んでみたいと思います。きっと、また成長した感想が聞けるように思います。

    ようともさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。