本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

七十二歳の卒業制作

学ぶこと、書くこと、生きること

3歳で敗戦を迎えた君子の最初の記憶は防空壕での体験。大家族の戦後の生活は苦しく、中学校にはひと月通っただけで、住みこみの店員として働きに出ます。以来、復学の機会はなく、いろんな仕事を転々として、十代のうちから人生の厳しさに直面。やがて、運命の人との出会いが……。主人公・君子とは、60代に至って一念発起し、夜間中学、定時制高校、そして大学へと失われた学びを取りもどす道を歩んだ作者その人なのです。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学高学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 本体1,300円+税
ページ数 : 256ページ
サイズ : 20×14cm
初版年月日 : 2016年05月20日
ISBN : 978-4-8340-8261-6
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版

みんなの感想(2件)

  • 絵本は人生に必需品です。アジアの子供たちに絵本を送る運動に賛同しています。孫にも毎月絵本を送っていますが、72歳で人生を楽しみ続ける著者に共鳴しました。ありがとうございます。すばらしいchanceをいただきました。

    木内 敏郎さん

  • 私も6人兄弟の3番目で長女でした。父は軍属で戦病死です。母は6人の子供を育てるのに必死でした。母を助ける為に私も14歳頃から働きに出ました。本は福井新聞で知りました。田村せい子さんと生い立ちが…私の時代と重なって…涙なしでは読む事が出来ませんでした。それに亡き母の姿を想い出し、また涙です。せい子さんの勉強がしたいと思う意思の強さに感服致します。私はただ勉強がしたいと思っているだけでした。もっと早くにこの本を読んでいましたら、きっと変わっていたかもしれません。私にも青春があり21歳ですてきな主人との巡り会いで結婚しました。最愛の主人との死別は、私が71歳のときでした。その後身体障害者手帳を持つ身となりました。この本を読んだお陰で前向きに何かを勉強しようと思っております。現在83歳となります。いろんな人の本を読みます。

    高橋 田鶴子さん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。