本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ココの詩

人形のココは、ある日子ども部屋で金色の鍵を拾い、小さな女の子のすがたになります。春風に誘われ、初めてフィレンツェの街にでたココは、そこで出会ったやくざなネズミ「ヤス」に恋をするのでした。しかし無垢なココはヤスにだまされ、借金のカタにネコに売られて、召使いとして暮らすことになります。どうしようもなく恋い焦がれる気持ちと正義感とのあいだで揺れながら、ココは名画の贋作をめぐってネコ一味との攻防に巻き込まれていくのでした。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学高学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 2,420円(税込)
ページ数 : 432ページ
サイズ : 21×16cm
初版年月日 : 2016年10月10日
ISBN : 978-4-8340-8295-1
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版

みんなの感想(1件)

  • 私は高楼方子さんの本がとても大好きで、『十一月の扉』や『わたしたちの帽子』『時計坂の家』『リリコは眠れない』などたくさんの本を読んでいます。高楼さんの本を読み終わると、いつもおどろきがとまらなくなります。吸い込まれるような物語の展開にとてもドキドキワクワクし、読むと心が温かくなります。不思議な感じがとてもいいです。高楼さんのお話は本当にすごくて『時計坂の家』は1日で読めてしまいます。『ココの詩』では、まさかこうなるとは、という話の展開がとてもおもしろかったし、ココの気持ちと共感できる部分がたくさんあって本をめくる手がとまりませんでした。『十一月の扉』も大人の人と話し合ってたくさんの教訓があって、心があったかくなり、恋のあまずっぱさもとてもよかったです。本の表紙もみんなとてもきれいで大切にしようと思いました。こんなすてきな本を書いて売って下さり本当にありがとうございます。

    優美花ちゃんさん
    お子さんの年齢:小学中学年

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。