本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

せんたくかあちゃん

洗濯が大好きなかあちゃんが洗濯板で、家中のもの全てを洗ってしまいます。子どもたち、猫や犬、靴や傘の物までも、みんな洗濯して干されています。干された子どものへそを狙って雷さまが落ちてくると、かあちゃんは雷さままで洗濯! ゴシゴシ洗ったので、雷さまの顔からは、目も鼻も口もきれいさっぱり。でも大丈夫、あちゃんに新しい顔を描いてもらい大満足で、空に帰っていきました。しかしその翌日、さらにびっくりすることが……。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1982年08月31日
ISBN : 978-4-8340-0897-5
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(10件)

  • ばばばあちゃんシリーズが大好きです。私が小さい頃、せんたくかあちゃんを読んでいたことを思い出し、購入に至りました。手にとったときの懐かしい思いと、我が子が同じ絵本を読んでいるのを見ていると、幸せな気持ちでいっぱいになりました。このシリーズが今後も読みつがれていくことを願います。

    増田美咲さん

  • このほんおもしろかったです。

    さしまさん

  • 絵本が大好きになったのは、この「せんたくかあちゃん」を声に出して読んでから。1年生の子達や、3歳の孫に読み聞かせました。子ども達はもちろん、読み手の私まで毎回元気になります。これをきっかけに、さとうさんの本をみつけるたび読んでいます。もちろん「くもりのちはれせんたくかあちゃん」も買いました。

    ねこさん

  • くもんのすいせん図書になっていたので、購入しました。とてもおもしろく、最後のシーンでは子供達がゲラゲラ笑って、読んでいる私も笑ってしまいました。

    高橋 順子さん
    お子さんの年齢:5・6才

  • “さとうわきこ”さんの講演会を拝聴しました。孫がばばばあちゃん等の大ファンです。先日のご本人の弁によると「じじじいちゃん」の構想がおありとの事。是非「じじじいちゃん」の刊行をお願いします!!!

    smile・kyokoさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • かみなり様でさえごしごし洗ってしまう、せんたくかあちゃん。私も、かあちゃんのような母さんになりたいです。

    平良 容子さん

  • 今日はさとう先生にメルヘンハウスでお会いできたことに驚きました。サインもありがとうございました。もっともっとパワフルな方かな、とこれまで思ってました。とてもおだやかな優しい方でした。急いでいました私にありがとうです。

    野呂 ひふみさん
    お子さんの年齢:3才

  • このダイナミックなかあちゃんのことが子どもたちは大好きです。男性的な迫力を備え、細かいことを気にしない、みんなまとめてかかってこい!というかあちゃんは大人にとっても爽快です。子どもは母親に内在するせんたくかあちゃん的なところに惹かれるのでしょう。母親も時にせんたくかあちゃんっぽく振舞うと、すっきりします。

    すずらんさん

  • 大人が子どもに読み聞かせながら、一緒になって楽しめる絵本です。せんたくかあちゃんはせんたくが大好き。晴れた日は家中の物を何から何まで洗ってしまいます。それも手洗い! 本当だったら大変なんだけど、かあちゃんはジャブジャブ気持ちよさそう。ある日、せんたくかあちゃんは空からやってきたとんでもない物を洗うことになりますが…。たくましいかあちゃんのストーリーに、読んだ後はこちらまで「ラムネを飲んだ」みたいにスッキリすること間違い無しです。

    くららさん

  • 子供のころ大好きだったこの絵本を最近娘にも呼んで聞かせています。衣替えにあわせて手洗いの洗濯をしていると、娘が”これもあらって~”と自分の服や人形の服まで持ってきました。”よしきた、まかしとき!”っとかあちゃんに負けないように全部を洗ったあと、”かみなりさまがおちてくる?おへそしまったよ。”と一生懸命聞くのが面白かったです。

    桃花母さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。