本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

クリスマスがちかづくと

クリスマスなんて、だいきらい

セロはクリスマスが大嫌い。クリスマスはいつも、おとうさんもおかあさんも家にいないから。おかあさんはデパートの仕事がいそがしいし、おとうさんもどこかに出かけたまま帰ってこない。10歳になったセロは、おかあさんに思い切ってきいてみました。「どうして、おとうさんはクリスマスがちかづくと、家に帰ってこなくなるの?」おとうさんの驚くような秘密を知って、セロの小さな閉じた世界は開かれ、大きく広がっていきます。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 1,430円(税込)
ページ数 : 56ページ
サイズ : 21×16cm
初版年月日 : 2017年10月05日
ISBN : 978-4-8340-8363-7
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 5・6才~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~

みんなの感想(5件)

  • つたや書店のクリスマス絵本コーナーで見つけました。絵がとても素敵なのと、一年生の息子が読むのにちょうど良い長さだと思ったので購入してみました。読んでみて、本当に心にじんとくるお話で大変気に入りました。セロの心の成長が手に取るように分かりました。一点、ラストが急に来るので驚きました。ここから盛り上がるところなのにと(笑)。起承転結の結がないので(あえてかもしれませんね)続編を期待します!!

    Y.Yさん

  • 絵がかわいくて、クリスマス(クリスマスイブ)にぴったりだと思います。クリスマスのお話は楽しかったりうきうきする本がたくさんあるのにこの本は、クリスマスが近づくと悲しい気持ちになる、セロの話しにきょうみをもちました。クリスマスが終わってからも、何回も読みました。

    佐野 鞠子さん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • お父さんがサンタクロースなんて、ビックリしました。くりはらたかしさんの絵も、とっても話にあっている感じの絵でした。

    くろねこさん
    お子さんの年齢:小学中学年

  • 娘(8歳)のクリスマスに、サンタさんから届きました。少し娘には早いかと思いましたが、父親がサンタになっていくドキドキ感が楽しかった様です。私も読みましたが、よくあるキラキラしたクリスマスの本と違い、とても親近感がありおもしろかったです。

    小林 さやかさん

  • セロのうれしいような、かなしいようなきもちがつたわってきて、なきそうになりました。とってもいい本だとおもいます。

    かえでさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。