本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

巨大空港

巨大国際空港の人、もの、乗り物を描きました

空港に朝はやく飛行機がやってきました。そして、電車やバス、自家用車などに乗って、お客さんや、空港ではたらく人が次々にやってくると、空港はまるで目を覚ますように動きだし、にぎやかになっていきます。にぎやかなのは人だけではありません。空港には、荷物もたくさんやってきて、世界中に運ばれていきます。夜になると、次は翌朝の飛行機を迎えるための準備を、休むまもなくすすめます。この本では、そんな空港のいちにちを描きます。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : かがく絵本・図鑑
定価 : 本体1,500円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 23×31cm
初版年月日 : 2019年09月05日
ISBN : 978-4-8340-8479-5
シリーズ 福音館の科学

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 小学低学年~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学低学年~

みんなの感想(8件)

  • おもしろかったです。ぜんぶおもしろかった。

    宮_ 裕之さん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 5歳の息子が1歳くらいの時『路線バスしゅっぱつ!』を買いました。今ではボロボロ、テープだらけになっています。最近まで「運賃」を「ウンチ」と言っていましたが(笑)。ずっと大好きな1冊です。

    星の王子さまのママさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • いろーんな人が描かれていてびっくり。飛行機が大好きで、何度も乗っている長男でも、知らないこと沢山!これは?これ何?と、たくさんの「?」がわいてくる様子。親子のコミュニケーションツールに加わりました。大きさも『特別な本』を感じられます。

    きいちゃんさん

  • 貨物飛行機や管制塔とのやりとりなど、沢山のことに興味を持って、目を輝かせて読んでいます。見開き4ページ分の、空港の全体が描かれた所だけでも最高です!!!

    ぱんださん

  • 乗り物が大好きで、時々空港へ行くことも。飛行機に乗りたい気持ちは3歳のころからありますが、なかなか乗せてあげられず…。色々な物の裏側に興味があるため、空港がどのような働きをしているのかがわかり、より一層飛行機に乗りたい気持ちが大きくなりました。

    あっちさん

  • 乗り物好きの兄弟を先日初めて、空の日のイベントにつれて行き、セスナに乗りました。空港で見る“初めてのもの”を指さし、あれは何?これは?が多かったので、この絵本を購入しました。乗るだけで、何も知らなかった空港のことを大人も子どもも勉強でき、更に興味を持ったようです。一人で読もうと頑張っていました。

    みくさん

  • 私は飛行機のとび立つのを見るため、空港に行きます。ストレス解消法の一つです。地方の小さな空港ですので、作品を読み絵を見ることで、巨大空港のすばらしさが、そして一日働く人々のたゆまない安全への努力が伝ってまいりました。孫はおりませんが、いたらとてもよろこぶのではないかと思います。おすすめの一冊です。

    マムシさん

  • 子どもにもわかりやすい絵本を探していました。大人も好奇心をもって読めました。

    コルト50さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。