本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

特集「今だから、昔話」

母の友 2020年10月号

特集は「今だから、昔話」です。昔話から未来が見える? ほんと? 新型コロナウイルスの影響で、先が見えない今だからこそ知っておきたい、昔話についてのお話を。小澤俊夫さん、はらだ有彩さん、頭木弘樹さん、赤羽茂乃さんの言葉をお届けします。後半カラーページは絵本『ぶたぶたくんのおかいもの』50周年の特別記事です。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    子どもにかかわるすべての人に

カテゴリ : 月刊誌
定価 : 本体527円+税
ページ数 : 84ページ
サイズ : 21×17cm
初版年月日 : 2020年10月01日
ISBN : ―
シリーズ 母の友

その他の仕様 +

※単品のご注文は書店にて承っております。詳しくは書店にお問い合わせください。

最新号から定期購読に申し込む

fujisan.co.jpの通販サイトに移動します。

● お申し込みについての詳細はこちら

● 海外への発送をご希望の方はこちら

目次を見る

「母の友」2020年10月号 目次
 
●特集
「今だから、昔話」
 特集は「今だから、昔話」です。
 新型コロナウイルスの影響で、世界中の多くの人が、かつて体験したことのないような日々を過ごすことになりました。これから、人々の価値観や社会の有り様に変化がおきてくるかもしれません。未来が見えない。不安も感じます。
 かつて、児童文学者の石井桃子さんは「母の友」誌上でこんな言葉を話してくれました。「昔話を研究することで、私たちは昔話から消化した『一寸先の物語』をつかめるような気がするのです」。一寸先。すなわち未来。昔話から未来が見える? そんなことがあるのでしょうか。昔話研究者の小澤俊夫さんを訪ね、お話をうかがいました。
 また、はらだ有彩さん、頭木弘樹さん、赤羽茂乃さんの昔話についてのエッセイもお届けします。
・なぜ今、昔話か?」 小澤俊夫
・「お月お星」小澤俊夫 再話 赤羽末吉 絵
・昔話の鉄骨の中を、風になって通り抜ける はらだ有彩
・「絶望」と昔話 頭木弘樹
・じいさんは今日もまた笠を売りに 赤羽茂乃

●『ぶたぶたくんのおかいもの』50周年
・土方久功さんのこと、しってる?
・土方久功の美術 橋本善八
・ぶたぶたくんのお話 再録「こりゃたまらん」 土方久功 文・絵

●絵本作家の本棚 杉田比呂美

●カラーページ
・こどものひろば 工藤直子 選 / 繁延あづさ 写真
・母の友エッセイ ドミニク・チェン 「語学教育のモヤモヤ1」
・日曜日のはじめちゃん 【どんぐり】【つかれた】 クリハラタカシ
・野口真紀のおいしい絵本レシピ 『のりまき』の太巻き
・子どもの本の図書館から 『とこちゃんはどこ』 護得久えみ子 
・園めぐり、今日のおやつなんだろな? 「昆布おにぎり」[再録]

●母の友の連載 / polyphony
・わたしのBGM 堀川理万子
・赤ちゃんのみかた 「祖父母と赤ちゃん」 岡いくよ
・人生相談ふう漫画 「答えがほしいわけじゃないの」 関根美有
・母の風景 10月 「勝手に赤くなる」 東 直子
・園の子どもたち 「チャレンジ!」 小島明子
・かずをはぐくむ 「ヘビと概念」 森田真生
・父の友 島田拓 その2 「アリと私」 
・カヨと私 「ランクダウン」 内澤旬子
・生存ちゅう! 「オンライン・ボランティア」 大野更紗
・たぶん、なんとかなるでしょう。「ダイちゃん、勝負にお強いですね」 堀川 真
・みんなの小児科 「アナフィラキシー」 飯泉哲哉
・心も体も大切に 東洋医学のお話 「不眠」 大谷かほり
・映画 「スペシャルズ! 〜政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話〜」 金原由佳
・本『仕事本』他 浅生ハルミン他

●おとなのひろば
・てがみでこんにちは
・編集だより

とじる

みんなの感想

まだ感想がありません。ぜひお寄せください。

感想を書き込む

福音館の最新情報

フォローする

  • 福音館書店 facebook
  • 福音館書店 twitter
  • たくさんのふしぎ facebook
  • 母の友 facebook

あのねメール通信の登録

著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。