本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

はるのにわで

庭でともに生きる小さな生きものと草花たち

春の庭を舞台に、生きものや草花が共に生きる姿を描いた作品です。満開の花のなかで目覚めるアマガエル。その花の花粉を集めにくるマルハナバチ。ハルジオンにとまるハエトリグモ。それを背後から狙うカナヘビ。そしてオオカマキリの誕生……。庭で起こったいくつもの出来事は、生命の輝きを伝えてくれます。自然や昆虫をテーマにした著作で知られる澤口たまみさんが紡ぎだす世界を、アニメーション監督の米林宏昌さんがみずみずしく鮮やかに描きあげました。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 1,760円(税込)
ページ数 : 40ページ
サイズ : 27×22cm
初版年月日 : 2022年03月10日
ISBN : 978-4-8340-8650-8
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの

みんなの感想(5件)

  • 書店でみかけた時に、表紙の虫カゴをさげた男の子の姿が息子にみえて、木の棒を持ってかけ回るその姿に魅かれて購入しました。作者の先生も岩手の方だと知り嬉しくなりました。ジブリ作品も大好きな私と息子にはピッタリの本でした。家の周りで出会う生き物たちの様子がそのまま絵本になっていて、夜寝る前に一緒に読んでなごんでいます。文も絵もとても素敵です。大好きな1冊です。

    アマガエル親子さん
    お子さんの年齢:小学中学年

  • 飯能地区医師会から認知症の方が楽しめる本の紹介を、との手紙が届きました。絵本は小さかった頃を思い出したり、今でもよくみかける花をみせてくれたり…楽しく読んでいただけると思います。

    佐瀬 くららさん

  • 小さい生きものたちも、花々も楽しくてページ毎に、何度もくりかえしみています。カマキリの虫鞘は、みたことがありませんでした。私の小さい庭にコウガイビルが来たことがあったし、ルリタテハの幼虫がホトトギスをまるはだかにしたこともありました。高齢になり時間にゆとりができて、以前とちがった楽しみがふえました。うら表紙の花、オオイヌノフグリでしょうか? 葉っぱの感じがちがうけど。

    佐瀬 くららさん

  • 昆虫が好きな息子へのプレゼントとして岩手のおばあちゃんが買ってくれました。かまきりの赤ちゃんやちょうちょが出てきて とても嬉しそうに読んでいました!

    アヤトリさん
    お子さんの年齢:3才

  • たまみさんのはるのにわは、きっと標高のあまり高くない草原野原の様な所でしょうか…。野の虫、植物の情景が目に浮かぶやさしい言葉づかい、たまみさんならではですね。また、素敵な作品をお願いします。

    PRATERIAさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。