本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

よーく かんがえるカエルくん

カエルくんはまだかんがえていた! 講談社出版文化賞受賞(第1作)のシリーズ最新刊がついに登場です! 「おおきなポケット」連載中から好評だった本作は、演劇として上演され、またお米のイメージキャラクターとして登場するなど、様々なかたちで愛されてきました。哲学するカエルくんと、彼につられて考えてしまうネズミくんの愉快なやりとりを読むうちに、いつのまにかご家庭でも一緒に哲学してしまうでしょう。4巻目になる最新刊は、「いのち」「あめ」それに書き下ろしを加えて収録されています。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 幼年童話
定価 : 本体1,500円+税
ページ数 : 56ページ
サイズ : 30×23cm
初版年月日 : 2004年06月10日
ISBN : 978-4-8340-1981-0
シリーズ 福音館の単行本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 小学低学年~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 小学低学年~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 5・6才~

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 中学生~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 一般

みんなの感想(1件)

  • 考えるカエル君は、なにか古代ギリシアの哲学者のようだ。まず順番に一つ一つ考えていく。飛躍はない。恐るべき執着。そして心とか、命とか、目に見えないものを目に見えるもののようにあつかう。つまり高さと幅と重さがあるように、心を考える。これも恐るべきことだと思う。そのような思考の方法論をもったが故に、カエル君は考えることをやめることができない。カエル君は幸せなのだろうか、それとも不幸せなのだろうか。よーく、考えよう。

    かかしさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。