本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

挿画ギャラリー『クリスマスの小屋ーアイルランドの妖精のおはなし』


オーナはある晩、その家の子どもたちにわずかな食べ物をゆずるため、自分の荷物をまとめて小屋を出ていった。その日はクリスマス・イブだった。


オーナは丘をのぼり、しげみの下に隠れ場所を見つけた。そして、これまでのことを思い出しながら妖精たちのことを思った。飢饉が妖精にまでせまっていないといいと願いながら、まどろんでいると……。


オーナのまわりにおおぜいの妖精たちが集まっていた。「おまえさんはそのまま、そこですこしねむって、まっているがいい」


オーナはまどろみながらも、妖精たちが歌をうたいながら働いているのを見ていた。「今夜、おれたちは、居心地のいい、クリスマスの小屋をたてるのさ」


つづきをみる

福音館の最新情報

フォローする

  • 福音館書店 facebook
  • 福音館書店 twitter
  • たくさんのふしぎ facebook
  • 母の友 facebook

あのねメール通信の登録

著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。