本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ぶたぶたくんのおかいもの

子ブタのぶたぶたくんはお母さんから、買い物をたのまれました。ひとりでパン屋さんにいってパンを買い、八百屋さんにいくと、からすのかあこちゃんに会いました。こんどはかあこちゃんといっしょにお菓子屋にいくと、こぐまくんに出会い、帰り道はみんな一緒に近道を通って帰ります。お店屋さんの人もみんなユニークな、愉快な絵本です。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

土方 久功 作・絵
カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 28ページ
サイズ : 27×20cm
初版年月日 : 1985年02月28日
ISBN : 978-4-8340-0140-2
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(4件)

  • ちょっと表紙からすると、敬遠する人もいるかもしれないですけど、かなり子供うけするお話です。息子のお気に入りは、まずぶたぶたくんたちのネーミング。お母さんも、ぶたぶたくんの本当の名前は忘れてしまって、ぶたぶたくんと呼んじゃう。お母さんも忘れちゃうなんて~と親の私もツッコミたくなっちゃいます。お友達のかあこちゃんやこぐまくんのお名前も息子は気に入っています。そして行くお店で売っているものもなかなか。顔つきパンって!!とここでもツッコミ精神が・・・(笑)初めて読んだときは、かあこちゃんやこぐまくんが意地悪?とか思ってしまって、ぶたぶたくんが無事お家につけないのでは・・・と思っていたのですが、そうじゃない展開にホッとしちゃいました♪最後の地図にその答えがあるんですよね☆息子は、地図をなぞりながら、「ここからはじまって・・・」と楽しんでいました♪

    さやぽん☆さん

  • 3歳5ヵ月の息子は、そろそろお買い物の意味もわかるようになってきていますし、「自分で、自分で」となんでも自分でしたがる年頃なので、「お買い物」の本は楽しいだろうと思って、あまりしっかり中身を読まず、私も楽しみにして購入しました。作者はすでに故人で、絵が子ども受けするような現代的な可愛らしいものではないのですが、今の子どもでも十分楽しめるストーリーでした。ぶたぶたくんとからすのかあこちゃん、こぐまくんの友達同士の会話や、お店の人のそれぞれ違う個性も楽しく、息子はこの3日ほど、何度聞いても面白くてたまらないという風です。読むときに、お店の人になりきって読んであげると喜ぶようです。

    とんゆえんさん

  • わたしは最初に、この絵は若い人がかいているのではないかと思っていたのです(首のリボンとかすごくおしゃれに感じた)。しかし違いました。土方久功さんのベストセラーで、福音館の売り上げベスト100でも上位にランクしている作品です。うちの息子も多分にもれず、最後の地図の図解に興味深々でした。

    よつさん

  • ぶたぶたくんが、お母さんに頼まれて買い物に行くお話です。かあこちゃんやこぐまくんもお供して、パン屋さん、お菓子屋さん、八百屋さんに行きます。3匹が歌う「ぶたぶた かあこお くまくま どたじた……」という歌に、私が節をつけたのが子どもが気に入って、口づさんでいます。お別れに「ばあい」というのも気に入っています。

    しゅんちゃんさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。