本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

トマトさん

ある暑い夏の日、真っ赤に熟れたトマトさんが、地面に、どったと落ちてしまいます。ミニトマトたちは小川へ「ころころぽっちゃん」と飛びこんでいきますが、トマトさんは体が重くて転がっていけません。太陽に照らされているうちに、トマトさんは、どんどんあつくなってきて……。大胆かつ繊細な銅版画で描かれた、トマトさんの迫力満点の表情をお楽しみください。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 28ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 2006年07月15日
ISBN : 978-4-8340-2213-1
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学低学年~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~

みんなの感想(5件)

  • 夏に読むのがお勧めの絵本です。表紙を見てわかるようにド迫力のトマトさんの絵に圧倒されます。一度見たら忘れられないトマトさんの顔。娘はちょっと不気味がっていましたが読み進めていくうちにいつのまにか絵を見いってました。この絵本を読んでいるだけで暑ーい夏を思い出すことができ、そして水浴びしたい気分にさせてくれますよ。

    まおるさん

  • 表紙から釘付けになりました!トマトさん!ダイナミックで、重量感たっぷりのトマトさん!!川に転がり落ちるところは、大迫力でした。娘たちも大笑いでした!「みずたまのチワワ」で、不思議な世界を表現してくれた田中さんが、親の私も気になっていましたが、今度は「トマトさん」で、またまた楽しい世界観を見せてくれました!子供は、最初は“こわいもの見たさ”のような感じで読んでいましたが、なんだか気になる、気がつけば好きになってしまう絵本のようでした。かわいいだけのイラストの、かわいいだけの内容の絵本じゃないところが、本当に素敵だと思います。

    うーこさん

  • なんだろ?なんだろ?なんなんでしょう。。?田中清代さんの描かれる絵はいつも不思議な感覚がするのですが、このトマトさんは。。スゴスギマス!!(笑)表紙からデカデカ☆アップのトマトさん。ページから溢れんばかりに、いろんな表情を見せてくれます。熟れて地面に落ちてしまったトマトさん。暑くて暑くて。。ミニトマトのように身軽に転がって小川に入りたいけれど、体が重くって自由に動けません。。トマトさんは、だんだん悲しくなってきて、ついには。。トマトさんの涙する悲しげな顔は、妙に艶っぽい!!しかも、あまいにおいのする涙なのです。。そんな涙を見たら、みんな助けてあげたくなるでしょう!!夏のギラギラした太陽が照りつける暑い日に、ようやく小川へ飛び込んだときの嬉しそうな至福の表情。。トマトさんの顔を見ているだけで幸せになれます!!ぜひ、真夏に読んでいただきたい絵本です^^☆

    パンくん大好き!さん

  • 娘が書店で「これよんで!」と持ってきたのがトマトさんとの出会いです。おっきなおっきなトマトさんが、こころやさしいおやさいたちに川に入れてもらうまでのおはなし。見た目が暑苦しいでしょ?だから、やっとこさ川に入った場面では「は~涼しい!よかったね」とこちらまで涼しい気持ちになりました。でも、これじゃ「川流れ」だね、と娘とわらっちゃいました。まだあかちゃんの息子も、トマトさんのインパクトに釘付けでしたよ!

    メイさんのハハさん

  • とても良かったです!やっぱり赤ちゃんたちは赤が好きで、大きい赤いトマトさんはとても魅力的です!そのうえ、トマトさんの表情も凄く面白いし、うちの子はいつもマネしてます!!!子供は毎日10回も読んでます!トマトさんの次の本はないですか?大人までも欲しいです!田中さん、本当にありがとうございます。

    saoriさん
    お子さんの年齢:2才

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。