本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

おでかけ ばいばい

おでかけばいばいのほん1

とりさんがリュックをしょって、「おでかけおでかけピタコンピタコン」。おや、リュックから、子どものとりたちが顔を出しています。ページをめくると、リュックから子どもたちが3羽、こちらを向いて、にこにこ顔で、手をふっています。「いってらっしゃーいばいばーい」。次々に、いろいろな動物がリュックに子どもたちを入れておでかけです。くりかえし「ばいばーい」と手をふる楽しさがいっぱいの赤ちゃん絵本。

  • 読んであげるなら

    0才から

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体800円+税
ページ数 : 24ページ
サイズ : 18×19cm
初版年月日 : 2006年10月15日
ISBN : 978-4-8340-2235-3
シリーズ 福音館あかちゃんの絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
    • セット

みんなの感想(3件)

  • 孫(男児)2歳10ヶ月は、絵本を読んでもらうのが大好き。最近絵本コースを1年分まとめて購入し、少しずつ祖母の私が読んであげる習慣がつきました。孫のお気に入りは“おでかけばいばい”で「これ読んで」と催促します。明るい色彩と大好きな動物たちの楽しい動きと表情、手に持っている魚やバナナに目が行き喜びます。読む側もおでかけおでかけ…と前向きな明るい気持ちになって、リズミカルな足音を一緒に楽しみます。

    ウォーキングバーバさん
    お子さんの年齢:2才

  • 娘に与えた最初の絵本です。歌うように読める絵本なので、歌にして読んでいます。歌にあわせて子どもは体でリズムをとりながら、ばいばいと手をふっています。

    すずらんさん

  • 生後半年を過ぎ、情緒も明らかになってきた我が家の二人目の娘。そろそろファースト絵本を・・と思い、買ってあげた絵本が「おでかけ ばいばい」です。決め手は赤ちゃんにもわかりやすいカラフルな色彩!お話は、かえるさんやおさるさんが自分のリュックにこども(弟妹かも?)を入れておでかけし、こどもたちはリュックからぴょこんとカオを出して、「ばいばーい」と手をふります。単純明快かもしれないけれど、赤ちゃんにはこの繰り返しがちょうどいい。最後はみんな一緒のバスに乗って楽しそうに出発します。出てくるキャラによって子供の数が違ったり、持ち物も個々で違うので、お兄ちゃんはそんなところをつっこんだりしています。かえるさんは、「ペッチョパッチョ」と歩き、おさるさんは「でんこぶんこ」と歩く。擬音もなんだかユニークで楽しい。そして、みんなおしゃれで可愛いお洋服やバッグを身につけているので、おしゃれ好きなママや、若いママにもおすすめ!です。

    よつさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。