本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ねことらくん

ゆうじが遊んでいると、ねこがやってきて、「ぼくがきみになるから、きみがぼくになれ」としっぽとチョッキを交換します。ゆうじはしっぽをつけて、強い「ねことらくん」に変身。カラスをびっくりさせ、くまのおばあさんの手伝いをして、うさぎの子どもを助けて、大活躍。『ぐりとぐら』などでもおなじみの中川李枝子さんと山脇百合子さんのコンビの傑作がまたハードカバーになりました。小道具ひとつで自由自在に変身を楽しむ子どもたちに、ぴったりの作品です。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 27×20cm
初版年月日 : 2006年09月15日
ISBN : 978-4-8340-2238-4
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(1件)

  • 久しぶりのやまわき作品(我が家にとって)。お兄ちゃんは7才になりました(もうすぐ8才)。あかんぼだった妹はもう幼稚園!早い早い。絵本を買ってあげられるのもあと何年?って。ちょっとあせりもあって最近また集めてるんです。やっぱりやまわき作品は手にとりますよね~まず絵が好みすぎて。。。(親子とも)お話は、ゆうじととらねこが入れ替わって、とらねこになったゆうじが冒険するおはなし。とらねこは強いんです。だからゆうじもとらねこのしっぽをつけると強くなる。「そのしっぽ、よこせ」なんていじわるカラスが言っても断っちゃう。「しっぽをくれなきゃとおさない」でも「からすなんかこわくない、ぼくにはとらのしっぽがあるんだぞ」っておっぱらっちゃう。くまのおばあさんの持つ重たい荷物ももってあげられる。枝にひっかかった風船も、「ぼくはねことら、ちからもち、ゆうきもあるんだ」ってとってあげちゃう。なんて素敵なしっぽ!こんな勇敢になれるしっぽがあったらいいですよね。こどもには、いい教科書になっているとも思います。もっと揉まれて大きくなぁれ!!って思っているすべてのお母さんに・・・

    よつさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。