本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

わにわにのごちそう

ワニのわにわにが台所にやってきました。冷蔵庫を開けると、おいしそうな肉! わにわには、肉をフライパンでジュージュー焼き、きれいにお皿に盛りつけます。「いただきます」。おいしいものにありついたわにわには、なりふりかまわず食べます、のみこみます! ああ、しあわせなわにわに。その豪快で愉快な食べっぷりに、ご注目ください。

  • 読んであげるなら

    2才から

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 24ページ
サイズ : 22×21cm
初版年月日 : 2007年02月15日
ISBN : 978-4-8340-2255-1
シリーズ 幼児絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • グッズ

    • グッズ

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(11件)

  • わにわにすきです。あとひとつでぜんぶわにわにのほんがありますよ。

    ぶうまいさん

  • わにに興味を持った三女を見て、昔職場(幼稚園)にあった「わにわにシリーズ」のことを思い出して、さっそく購入しました!娘に身近な“食べること”と「わにわにのおおけが」“けがすること”の2冊を買いました。少し発達の遅い三女ですが、めちゃめちゃハマッていて、わにわにの繰り返して言うセリフは大笑いしています。

    いっちーさん

  • 保育士をしており、子どもたちが大好きな“わにわに”シリーズ。そろそろ1歳半になる我が子にもと悩んで悩んで『わにわにのごちそう』にしました。一度読んであげると、もうトリコになったかのようで何度も“読んで!!”アピール。「よしよし」や「しーしー」と言う場面もマネて「しーしー」と自然に言うように(笑)。わにわにの豪快な食べっぷりが食いしん坊の我が子と重なり、読みながらニヤニヤ、クスクス。最後のページ、「ああ しあわせなわにわに」と言うフレーズが、とても心に残りました。満腹になり「ああ おいしかった」で終わってもいい所、「しあわせ」という言葉は“食べることは幸せなこと”と、当たり前だけど当たり前ではない、生きていく為の大切で幸せなこと、そんな気持ちを絵本を通して感じました。職場でも家庭でも、大切に読み伝えてあげたい一冊だなと思いました。

    みーやさん

  • 近ごろ動物に興味をもちはじめ、犬や猫などは認識するようになりました。ワニは普段あまりなじみのない動物ですが、かわいいと言いながらニコニコして読んでいます。

    まくまほんさん

  • 西日本豪雨の後にもかかわらず、岡山の矢掛町での原画展を開催して下さり、ありがとうございました。小さな子ども目線に展示して下さり、子どもたちもすっかりわにわにのファンになりました。親子でクスッとわらってしまうストーリーに、読んだ後あったかい気持ちになりました。

    まっこさん

  • 本を見に行った時、パンフレットでわにわにのおふろを見つけ、おもしろいと書いてあったので、違う本屋へ行った時、わにわにシリーズを発見!あれもこれもと思いましたが、とりあえずわにわにのおふろを購入。息子のお気に入りとなり、わにわにのおでかけも購入。何回もよめよめアピールがすごいです。わにわにのごちそうも、保育園の希望図書にあったのですぐに注文。本日8/9に届き、早速車の中で見てました。おやおやおやさい、サンドイッチサンドイッチもお気に入りです。

    はるきさん

  • 保育園で気に入ったようで、迎えに行くたびに読んでいました。何度も読まないと家に帰ってくれないので、、購入しました。2歳前半でまだ話せないのですが、そのくらいの子供がページをめくる度につぶやく「ワニワニゴチソウ」は、とてもかわいいです。

    みんさんさん
    お子さんの年齢:2才

  • 3歳児健診で、保険センターのプレゼントになっていました。5冊ある中から子どもが自分でえらびました。『わにわにのおふろ』が好きなので、まよわず「これがいい」と言いました。

    ミルコさん
    お子さんの年齢:3才

  • 書店で一瞬絵柄に躊躇しましたが、孫(男の子)が「わにわにのおふろ」を離さず持っているので「もりのおふろ」もプレゼントしたら大喜び!!何度も何度も読ませられ、大のお気に入りです。「わにわにのごちそう」も食事の時も離さず、腕にかかえています!“わにわに”と言えず“まにまに”と読む孫が愛らしく、毎日一緒に読んで楽しんでおります。

    遠藤 由理子さん
    お子さんの年齢:2才

  • この本が出るのを、親子ともども楽しみにしていました。娘は本屋さんで見つけて大喜び。さっそく何度も読みました。わにわにが料理ができることに娘は驚いたようでした。私は最後のお腹いっぱいになって、気持ちよさそうにひなたぼっこをしているわにわにをみて凄く癒されました。

    桃花母さん

  • 息子が幼稚園から借りてきた「わにわにのごちそう」。以前からお料理のおてつだいは好きな方でしたが、わにわにがお料理する姿に影響されてか、輪をかけて大のお料理好きに!幼稚園で個々に定期購読している「こどものとも年少版」で「わにわにのおおけが」というおはなしも読んでいて、親子ともども、ギラッとした目の、なんだかにくめない「わにわに」のとりこです。

    よつさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。