本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

てじな

仕掛け絵本は数々ありますが、ここではページごとにちょっとした穴が開いているだけ。でもこのきわめて単純な仕掛けのおかげで、ページをめくると別な世界が飛び出すのです。しかもその手品をする手品師は、アラビアの人ともつかない正体不明の怪しい人物。その怪しい人物が、これまた怪しい呪文「あんどらいんどらうんどら! 」を唱えるのです。すると2本の輪が9本の輪に、たまごは大きな花に、アヒルはウサギに早変わり。

  • 読んであげるなら

    2才から

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 24ページ
サイズ : 22×21cm
初版年月日 : 2007年05月10日
ISBN : 978-4-8340-2271-1
シリーズ 幼児絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~

みんなの感想(5件)

  • 少しあやしげな絵と呪文が、手品の不思議さや面白さよりも引き込まれる。子ども達は実物に近い物や怖い物に興味を引かれます。

    伊藤康子さん

  • 2歳の子どもがニコニコしながら呪文を唱え、自分で読んでいます。親子で楽しめる絵本です。一日に何回も読んでいます。

    うさこさん
    お子さんの年齢:2才

  • 1歳の息子に読ませるというより、自分が読んでおもしろいと思い購入しました。ある日本棚からてじなを選んで持ってきた息子。1歳にはまだ早いだろうと思いながら読んであげると、しかけの部分を指で一生懸命何度も触ってみたり、手品師のユニークな表情にひかれるのか、カラフルな色彩に目が引かれるのか、意味は分かっていないと思うのですが、何度も読んでと本棚から見つけて持ってくる息子。一緒に置いてある絵本をみんな下に放りなげ、てじなを見つけ出してくるのですから親としてはちょっと感動ですよね。親が気に入って購入した本を息子も気に入って持ってくるのですから・・・

    ごんぞうさん

  • てじなの絵本ってどんなの?と思って読んだのですが見事な仕掛けでページをめくるたびにわくわくさせてくれます。娘は5才。もっと感激して見てくれるかな?と期待して読んだのですが残念ながら「これ、分かるよ!」と自分でページをめくったりして・・・。もっとちいさいときに読んであげたかった。私は個人的に大好きな絵本です。

    まおるさん

  • 月間絵本にはめずらしく、しかけ絵本のようになっています。ハードカバーになっていて、びっくり!こどもには、この絵本が本当に楽しいようで本当に手品にびっくりしているようです。わああああと歓声がおこるくらいですよ!

    ヤエピーさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。