本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ちょっとだけ

弟が生まれて、なっちゃんはお姉さんになりました。お母さんは赤ちゃんのお世話で忙しいので、いつもなっちゃんの要求に応えてあげるという訳にはいかなくなりました。そこで、なっちゃんはいろんなことを自分ひとりでやってみます。お姉さんになったからと頑張るなっちゃんですが、眠くなった時だけは、どうしてもお母さんに甘えたくなります。お姉さんになったことで感じる切なさ、そしてそれを乗り越えることで成長していく子どもの姿を母親の深い愛情とともに描いています。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 27×20cm
初版年月日 : 2007年11月15日
ISBN : 978-4-8340-2299-5
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般

みんなの感想(32件)

  • なっちゃんのように、娘にも弟が生まれ、お姉さんらしく頑張っているものの、まだまだ甘えたいことも多く、絵本の内容と同じような日々です。そのため、初めてこの本を読んだ時、娘の気持ちに気付けてないのかもしれない、と私が泣いてしまいました。優しい気持ちになれる絵本です。

    じょりーさん
    お子さんの年齢:3才

  • 保育園で先生に読んでもらっているようで、書店で見掛け「読んでー」とせがまれる事が多く、それほど好きならと思い購入しました。本人も喜んで大事にしてくれているので、これから絵本を読む機会を増やしてあげたいと思います。

    さくらさん
    お子さんの年齢:4才

  • 私は、大変気にいっています。孫(男)のために買いましたが、私の娘達にも読んでいました。

    岡本  ふみさん
    お子さんの年齢:2才

  • TVでおすすめ絵本のコーナーで知りました。その頃ちょうど我が子を出産したばかりで絵本にも興味があり、この本を知り自分に2人目の子どもが産まれたら、絶対に上の子と一緒に読みたい!その時に改めて上の子の淋しさや小さな心が感じている想いを母親として見つめ直したいと思います。今回3冊本を購入し、2冊は2人の子どものママ友にプレゼントしました。

    宮崎 霞さん

  • 2歳半はなれた妹(6か月)に読んであげる程、気に入っています。親近感があるのだと思います。

    さちさん
    お子さんの年齢:3才

  • 6歳の孫娘にと思い買いました。ちょうど赤ちゃんが産まれ、プレゼントしました。まだ無理かな?と案じましたが、スラスラ読んでしまいこちらが驚きました。でも本当は赤ちゃんにかかりきりになるであろう、娘夫婦に読んでほしかったのです。上の子の気持ちに気づいてほしかったのですが、娘もムコさんも読んでくれてウルッときてたようで、当たり!!です。

    小林 富美子さん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 4歳と5歳の娘がいます。5歳の子はなつきといいます。絵本と同じくいつも「なっちゃん」と呼んでいます。この絵本にものすごく当てはまる部分が多く、我が家のなっちゃんも色々我慢してきました。テレビで紹介されているのを見て、すぐに購入しました。子どもたちはこの絵本が大好きになりました。良い絵本に出合えて良かったです。

    德丸 理恵さん
    お子さんの年齢:5・6才

  • TVでこの本を見て、どうしても自分が欲しくて購入しました。私には今、2歳9ヶ月になる娘と5月に産まれた娘が居ます。上の子がこの本に出てくるなっちゃんと重なり、読んでいる私が号泣。2歳9ヶ月の娘は小さい体で色々我慢しているのが分かります。今までは自分1人だったため甘えたい時に甘え、抱っこして欲しい時に抱っこしてもらえていたのに、今は出来ないため、私の顔をじっと見て何か考えていたりします。“甘えたい、でもお姉ちゃんだから”と思っているところがある様です。この本に出合って、眠る前だけでも時間をかけて抱っこしてあげたり、甘える時は甘えさせてあげようと思いました。大切な事を思い出させてくれた本でした。

    盛谷 みゆきさん
    お子さんの年齢:2才

  • これから、弟か妹が生まれる予定の男の子の孫に、見せたくて、購入しました。 少ない言葉、かわいい絵でほのぼのと伝わってくるものが、愛らしいです。 孫→”保育園にあるよ。同じ本が”と第一声でした。 ※お願い。黄色に白い文字の(裏表紙の内側)作者紹介などは、とても見にくいです。(老眼には)  

    けいちゃんばあばさん
    お子さんの年齢:4才

  • 2才8ヶ月の頃に弟が生ました。お姉ちゃんになりこの本”ちょっとだけ”を新聞で見て求めました。ほんとうにその通りで目頭が熱くなり涙も出そうでした。一生懸命我慢をしている様子手に取るように分かりました。昨日もママのひざで弟がいると自分は食事をしないと言い張りとうとうおばあちゃんのひざに乗って食事をしました。どっかに寄り添いたいと思ったのでしょう、年寄りも一役かったのかと自分で満足しているところです。

    お子さんの年齢:3才

  • 娘が現在第2子を妊娠しておりまして、10月に出産予定です。第1子の長女は2歳でこの本の表紙の子に良く似ております。私も、娘と1歳8ヶ月違いの息子を育てた時とにかく無我夢中で、上の子を一人前に扱ってしまったという思いが強く、後悔しきりの現在です。孫にというより、娘に読ませたくて購入しました。読んでいて涙が出ます。

    くろ丸母さんさん

  • テレビで「ちょっとだけ」を知り、小さい時の遠い自分に出会いました。私は3人娘の真ん中に生まれ、私となっちゃんと同じ想いだったんだと懐かしく思い出がよぎりました。孫達におばあちゃんも小さい頃はなっちゃんと同じ様に…又、大きく成長していったのよと話しをしました。

    中村 悦子さん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • 子供の心がつたわり、いい作品だと思いました。1人しか子供がいませんが、この本を見て、きちんといっしょにいる事も大切だと思った。話をかけてきた時は、きちんとかまうようになりました。

    あきちゃんさん
    お子さんの年齢:2才

  • 妹が生まれ、今まさに主人公の“なっちゃん”と同じような状況にある息子のために購入しました。男の子ですが、なっちゃんの気持ちに自分の気持ちを重ねてみたり、赤ちゃんと自分の妹を重ねてみたり、本人の中にいろいろな心の動きがあるようです。読んだあとは、なっちゃんのお母さんのように息子をギュッと抱きしめるようにしています。とても素敵な絵本だと思いました。

    S.Nさん
    お子さんの年齢:4才

  • 2歳でお姉ちゃんになった孫です。まだお母さんを取られた感でいっぱいの為、ついつい弟にいじわるしてしまう毎日。少しでも弟の事やお母さんの事をわかってもらえると良いと思い、購入させて頂きました。

    ばあたんさん
    お子さんの年齢:2才

  • 読み聞かせの講習に参加して5~6歳の子ども対象に実演する本を選んでいて、本屋さんに行きこの本に出逢いました。心に込みあげるものを感じて、是非読み続けたいと思いました。絵も優しくて嘘のない子どもの心を表現した素晴らしい絵本だと思います。実演の後6歳の孫にプレゼントしたいと思います。

    山田 秀美さん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 主人公のなっちゃんの気持ちになると、泣けてきました。いつかお姉ちゃんになるかもしれないし、ならないかもしれないですが、この本を読んで少しでも人の気持ちを理解してあげる力がついたら、いいなと思います。大人でも楽しめる本だと思いました。

    りりぃさん
    お子さんの年齢:2才

  • 下の子を妊娠中に上の子に読んであげたら気に入ったようなので購入しました。絵本に出てくるなっちゃんのまねをして“ちょっとだけ”頑張ってお姉ちゃんをしてくれています。

    りこさん
    お子さんの年齢:3才

  • 読むたびに涙が出ます。ありがとうございます。3人の子育てして、末っ子が大学生の54歳のパート主婦です。次女が保育士をしておりまして、職場で読みきかせしていていい絵本だからと、自分に買ってきた本です。絵のやさしさ、内容のすばらしいことに感動しています。いまさらながら私の子育ての無能さや、3人が小さいとき、またせてばかり、おこってばかりいたことを思い出します。でも、未来を考えて暮らします。本当にありがとうございます。

    小島 弘子さん

  • 長女が1歳9ヶ月の時に下の子が産まれ、内容がちょうど良いかと思い購入しました。本人は内容を理解しているのかどうか分かりませんが、何度か読むうちに絵を見て、その部分の話を話してくれるようになりました。

    ブヒ子さん
    お子さんの年齢:2才

  • 店頭で娘が赤ちゃんの絵に惹かれた様で、娘自身からのおねだりにより購入。1度読んでからもすっかり気に入り、多いと日に何度も読んで欲しいとリクエストされます。文中の“ちょっとだけ”を覚え、本を読んで欲しい時も「ちょっとだけ」と絵本を指差す程になりました。

    A子さん
    お子さんの年齢:2才

  • 5人の孫が小さかった頃から、いろいろな時代に合った絵本や読ませたい本を夏休み、冬休みに贈りました。本が大好きという孫はいないのです。私(祖母)は小さい時から好きでしたが、時代的に本はアナログで。曾孫の誕生日には、本と決めていますが…。

    日和ちゃんさん
    お子さんの年齢:2才

  • 子どもに向けて読むというのもいいと思うのですが、ぜひとも子育て中のお母さんお父さんに1度…とは言わず!何度でも読んでもらいたい絵本だなぁと思いました。私自身は今、1人の子どもを育てているところですが、その子の思っている事を受け止め、見てやることがどんなに大切な事なのかと気付かせてもらいました。子育ては楽しい事ばかりじゃないです。そんな時に読み返したくなる1冊です。

    たんぽぽさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 半年前に弟が産まれ、寂しい思いをさせている娘のために購入しました。赤ちゃんに付きっきりになってしまって、頑張っている姿に気づけていなかったのかもと、思うところがありました。とても考えさせられました。なるべく娘に向き合ってあげたいと思います。

    Haruさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 主人公のなっちゃんやママの表情、しぐさがやわらかく、どのページを開いてもまず絵にひきこまれました。娘もなっちゃんの気持ちに共感し、読み終わると「ぎゅーってしよう」と言います。何度もくり返し読んでいます。

    山科 智映子さん
    お子さんの年齢:3才

  • 私が育児をしていた時に感じた、上の子の気持ちが絵と文章で分かり易く書かれていて、あの時の娘はきっと、こんな気持ちだっただろうなぁ。と思い、今3歳の娘の子《孫》がお兄ちゃんになる前に、読んであげたくて購入しました。

    ばぁばさん
    お子さんの年齢:3才

  • 下の娘が幼稚園入園の記念に園からいただいたこの本。今でも、何度読んでも泣けてしまう絵本。おかあさんってどうしたって忙しさや用事にかまけて子どもを見てやれないときがある。場面場面で、必ず。そういう時ってきっと自分の娘も、この主人公の女の子みたいな顔をして、眠そうになってるんだろうな…と思い、泣けてくるんです。そんな娘も、次の春には幼稚園を巣立ちます。忘れない、思い出の一冊です。

    よつさん

  • イライラして怒ったりしてでも、そのイライラは子供のせいじゃなくて結局は自分の都合ですよね。仕事が忙しいとか家事があるとか出掛ける時間があるとか、、、子供は最初からわがままとか悪い子ではなくてみんな必死に生きようとしてるんです。大好きなママに抱き締めてほしいだけ。ママがそばにいてくれたら旅行だって洋服だっておもちゃだって要りません。ただただ自分をギュッと抱きしめてほしいだけ。胸がキュッとなりました。育児の現実はとても大変ですが、いつの時代も子供はママが好きで、ママがいなければ生きていけません。愛情がなければ、生きていけません。子供はいつだって子供。下が生まれても、何歳になっても子供です。いつだって、ぎゅっと抱きしめてやりたい。いつの日か、もう抱き締められない日がくるのだから・・子供に読み聞かせているつもりが自分の心に読んでいるような気持ちになりました。

    もぐもぐもぐさん

  • この絵本は、3人目の子供が生まる頃に、ちょうど買いました。寝る前に、上の子2人に読んでいましたが、私が泣いてしまって、毎回最後まで読むことが出来ず、かわりに長女が読んでくれました。次女は、寂しい思いをしていたのか、私が毎回泣いてしまって読めないのに、何度も何度も この絵本を選びました。子供が言えないけど言いたいこと、親が、忘れてはいけないことを、この絵本は教えてくれます。

    うーこさん

  • 奇しくも二人目の入園申込時に園からいただいたこの絵本。妹はにいにの気持ちがちょっとでもわかったかしら?・・申込の帰り、園庭でブランコに乗る娘を横目にこの本を読んだ時、涙がこぼれそうになった。家に帰ってお兄ちゃんに読んであげようとしたら、表紙をチラッ。「女の本だからいい!」だって!なんだかがっかりしたけれど、反面ちょっぴりホッとした母。。

    よつさん

  • こどもたちの世話で毎日がきりきり舞いのわたしは読み聞かせながら泣けてしまって困る作品です。弟が来て以来穏やかならぬ日を過ごしてきた3才の次女にとってはバイブルのような大切な一冊になったようです。まねっこして「だっこして、ちょっとだけ」といわれると私も、深呼吸してなっちゃんのお母さんを思い出すようにします。かわいらしいけれど重みのある作品です。

    NORISさん

  • 何度読んでも泣いてしまいますなっちゃんのがんばっている姿おかあさんのあのセリフ。。。大好きな絵本ですお友達に二人目の子供が生まれるときなどにもプレゼントしたいです

    とろちゃんさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。