本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

文庫版

半分のふるさと

私が日本にいたときのこと

文庫版

韓国と日本、2つの故郷のあいだで揺れる想い

広島で生まれ、戦争の辛苦を経験しながら、終戦の年、15歳までを日本で育った朝鮮人の作者に、母は、”民族の誇りを持って生きよ“と教える。愛憎なかばする日本への想いを胸に、祖国への愛にも目覚めはじめるさまを描く、躍動感あふれる自伝。「待つということがどんなに大切な体験であったかを、私は私の生涯を通じて、すでに何度も確認している」という実感が、日韓間の真の相互理解の道すじを示す。坪田譲治文学賞、産経児童出版文化賞・JR賞受賞作。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学高学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 935円(税込)
ページ数 : 464ページ
サイズ : 17×13cm
初版年月日 : 2007年11月20日
ISBN : 978-4-8340-2302-2
シリーズ 福音館文庫

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 中学生~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版

みんなの感想(2件)

  • 中学生の時に夢中になって読みました。これは単に戦争の悲惨な話ではありません。当時を生きた子どもの目線であるため、かなりリアリティーを感じます。楽しいことも悲しいこともあり、それが日本と朝鮮の引き離せない関係でもあり、胸に迫ってきます。戦争と差別は表裏一体であることを実感し、これからどう生きるべきか深く考えさせられました。

    渡部春奈さん

  • 広島の公民館の小さな図書館でたまたまこの本に出あいました。それも又子供の図書棚でふと見つけました。私の子供頃の経験とダブル所がありまして、私も在日で、悲しい思いや、くやしい思いがダブって思わず涙が出て、両親への思いやら、苦労していたことなどあの時代の在日一世達2世も。日本の人達も苦しい時だったと思います。戦争も、他国への侵略もやめてほしいし、人間って想いあって幸せで平和な世の中であってほしい。今の時代も世界的にさわがしい不安な時代。この作者の他の本も読みたいと思います。

    安 正子さん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。