本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

もりのなか

ラッパをもって森に散歩にでかけた男の子は、ライオン、ゾウ、クマと、いろいろな動物たちに出会います。男の子はラッパをふきながら、みんなと行列をつくって森を散歩をします。そして森の中で、かくれんぼうをはじめますが、男の子が鬼をしているうちに、動物たちは姿を消していました。かわりに現れたのは、男の子を探しにきたお父さんでした。「またこんどまでまっててくれるよ」、お父さんはそういうと男の子を肩車にのせて、おうちに帰っていきました。

  • 読んであげるなら

    2才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,000円+税
ページ数 : 40ページ
サイズ : 19×26cm
初版年月日 : 1963年12月20日
ISBN : 978-4-8340-0016-0
シリーズ 世界傑作絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(3件)

  • 黒一色の版画ですが、それがいいんです。 「もりのなか」と聞いて、何を想像しますか? その頭に浮かんだものから、連想するものは? 森は無限の空想世界です。 この作品を楽しく読んだ子ども達は、草木が風にそよぎ、動物達の鳴き声が響く、色彩豊かな森をみつけることでしょう。絵本というもののひとつの定義が、この本によってなされる気がします。 森は、訪れるたびに表情を変えるでしょう。

    あおくまさん

  • 白黒なのに、描かれている世界がとってもにぎやかに感じる、不思議な絵本です。動物が次々に現れて、身支度や準備をして付いて来る。それだけなのに、なんてわくわくしちゃうんでしょうね。ロンドン橋や、はんかちおとし、なんて身近な遊びが出てくるのも嬉しいです。長男(4歳)も次男(1歳半)も一緒に楽しめています。

    m-sheepさん

  • 白黒の絵だったので今までタイトルは知っていたのですがなかなか読まなかった絵本です。でも書かれたのもずいぶん昔だし絶対に読んではおきたかった本だったのでたまたま図書館で見つけたので読んでみたところ想像以上に面白かったです。子供も白黒というところを全く気にせずに聞き入っていたし、私はどうしてウサギはしゃべらないで男の子のすぐ後についていってるの?とかラストで男の子もお父さんと帰ってしまって誰もいないページではどこかに動物さんたちが隠れているのでは?とかいろいろ考えたりできて楽しかったです。続編もあるようなのでこれまた読んでみたいです。

    まおるさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。