本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

オバケの長七郎

五歳のオバケ長七郎は、未熟で、消えることも、なにかに化けることもできません。はやく一人前のオバケになって、みんなをこわがらせたいと努力しますが、商店街の子どもたちやおとなにまで大人気。ちっともこわがってもらえません。そんな長七郎が、消えることができたら、こんどは、元に戻れなくなったり、おかしな事件がつぎつぎとおこります。人情味あふれる商店街を舞台にした、オバケのゆかいな物語です。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 本体1,400円+税
ページ数 : 256ページ
サイズ : 21×16cm
初版年月日 : 2012年06月25日
ISBN : 978-4-8340-2731-0
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 5・6才~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学低学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学低学年~

みんなの感想(1件)

  • ななもりさんの最新作「しろくまジローは すもうとり」を読んだので、長七郎ちゃんを読み直しました。ジローと同じで、巻きずしを頭にのせておすもうをしていましたね。くいしんぼうでかわいくて、みんなに愛されるキャラクターが私は好きです。やなぎした商店街に似た商店街を訪ねた翌日に読んだので、目に浮かぶようでした。「じぶんでじぶんをえらいなんていうやつは、えらかねえのさ」という源ジイの言葉にまったく同感です。小さいひとびとは、今は長七郎のかわいさやお話のゆかいさに目がいくと思いますが、細部にこめられたメッセージを心のどこかで受け取ってほしいと思います。

    匿名さん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。